読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

子ども用の椅子を選ぶポイントは? ベビーチェア・バウンサー・バスチェアetc

このコラムにありがとう

目次

赤ちゃん用の椅子には、「ベビーチェア」「バウンサー」「バスチェア」など、いろんな種類のものがあるので、何を選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。今回は、それぞれの椅子の用途や選び方などについてお話していきます。

ベビーチェアにはどんな種類がある?選び方のポイントは?

687712639

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ベビーチェアはどうして必要なの?

離乳食が始まったばかりの赤ちゃんは、まだ腰が据わっていないことが多いので、お母さんが抱っこしたまま食べさせることが多いかもしれません。しかし、1人でおすわりができるようになったら、「ご飯を座って食べる」という習慣をつけるためにも、ベビーチェアが必要になります。

ベビーチェアにはどんな種類があるの?

ベビーチェアには、大きく分けると「ハイチェア」「ローチェア」「デスクチェア」の3タイプがあります。

ハイチェア

座面が高いタイプのベビーチェアで、ダイニングテーブルなどで使用します。ハイチェアは、離乳食が始まる時期から幼児期までと、長く使えるのが魅力です。ただし、高さがあるので、乗り降りは大人が手伝ってあげなくてはならないのと、転倒しないように注意が必要です。

ローチェア

座面が低いタイプのベビーチェアで、ローテーブルやこたつなどで使用します。座面が低いので、転倒したときでも大きなケガにつながりにくく、比較的に安心です。ただしローチェアは、赤ちゃんが小さいうちの一時期しか使えません。

デスクチェア

脚がついておらず、テーブルに取り付けて使うタイプのベビーチェアです。ダイニングテーブルにもローテーブルにも使えるのと、コンパクトで収納や持ち運びに便利がなのが魅力です。ただし、耐荷重が限られるので、一時期しか使えません。

選ぶときのポイント5つ

家の中のどこで使うか

ベビーチェアを選ぶときは、まず家の中のどの場所で、どんなときに使いたいのかを決めることが大切です。使う場面をイメージして選ぶようにしましょう。

安全性はどうか

安全性が高いかどうかは、ベビーチェア選びの重要なポイントの1つです。赤ちゃんは、まだ自分でしっかりと体を支えられないので、ベルトやバーがついていて体を固定しやすいものがよいでしょう。また、背もたれに寄りかかって後ろに転倒したりするケースもあるので、重心が低くて安定感のあるものが安心です。

重視したい機能は何か

ベビーチェアには、座板や足置き板を調整することで長期間使えるもの、コンパクトに折り畳めて持ち運びや収納が便利なものなど、さまざまな機能のものがあります。どんな機能を重視したいのか、その優先順位を決めておくとよいでしょう。

テーブル付きかどうか

ハイチェアやローチェアの中には、専用のテーブルを取り外し出来るものがあります。テーブルがあれば、食事のときだけでなく遊びのときにも使えますし、テーブルがあることで、赤ちゃんの体を椅子に固定しやすくもなります。

部屋の雰囲気に合うか

ベビーチェアには、デザイン性の高いものや、カラーバリエーションが豊富なものもたくさんあります。周りの家具や部屋の雰囲気にマッチするかどうかも、考慮して選ぶと良いでしょう。

バウンサーって必要?選び方のポイントは?

506345792

バウンサーとは?どんなときにあると便利なの?

「バウンサー」は、ハンモックのようにゆらゆらと座面を揺らせるタイプのベビーチェアです。赤ちゃんは、泣いているときでも、抱っこして揺らしてあげると泣き止むように、やさしくゆらゆらされると安心します。これは、お母さんのお腹の中にいたときの感覚に似ているからではないかといわれていますが、バウンサーには、手足の動きに合わせて自然に揺れるバウンド機能がついているので、赤ちゃんに安心感を与えることができます。

このため、家事で手が離せないときや、お母さんがトイレに行きたいときなどに、赤ちゃんをバウンサーに座らせておけば、機嫌よく待っていてくれるでしょう。また、ベビーベッドと違って持ち運びができるので、いつでも目の届く場所に置いておくことができ、お母さんにとっても安心です。

さらに、赤ちゃんは、まだ胃の入り口の締りが悪いので、おっぱいやミルクが逆流しやすく、授乳後によく吐き戻してしまうものです。そういう場合は、しばらく縦抱きにしてあげるといいのですが、忙しくて抱っこしてあげられないときも、バウンサーなら、赤ちゃんが上体を起こした状態でいられるので、吐き戻しが軽減する効果が期待できます。

選ぶときのポイント4つ

持ち運びやすいかどうか

バウンサーは、部屋から部屋に移動させたり、帰省のときに実家に持ち帰ったりと、持ち運んで使うことが多いものです。購入するときは、コンパクトに折りたためるか、持ち運べる重さかどうかを確認するとよいでしょう。

リクライニング機能があるか

リクライニング機能があれば、眠ってしまったらシートを倒してあげるなど、角度を調節できて便利です。倒せる角度が何段階あるかもチェックするとよいでしょう。

汚れたときに洗濯しやすいか

シートを取り外して洗濯できるタイプのものなら、汚れたときにサッと洗え、清潔に保てます。

耐荷重や対象年齢がどのくらいか

バウンサーの多くは新生児から使えますが、メーカーや商品によって、「生後3週間頃から」「生後1ヶ月頃から」などと記載されていることがあります。また、耐荷重が大きいもののほうが、赤ちゃんが大きくなってからも使えます。

お風呂ではベビーバスチェアを使った方がいいの?

187241016

ベビーバスチェアとは?どんなときにあると便利?

生後1ヶ月を過ぎれば、これまでベビーバスで沐浴していた赤ちゃんも、お母さんやお父さんと一緒に湯船につかれるようになります。しかし、赤ちゃんと一緒に入るとなると、お母さんやお父さんは、ゆっくり自分の髪や体を洗っていられません。また、赤ちゃんの体を洗うときも、抱っこしながらでは、大きくなるに連れ、だんだん重くなって大変です。「ベビーバスチェア」は、そんなときに便利な赤ちゃん用のお風呂用の椅子です。

絶対に必要なアイテムというわけではありませんが、1人でいるときに赤ちゃんをお風呂に入れなければならない人や、子ども2人を一緒にお風呂に入れている人は、バスチェアがあれば、育児の負担を軽減することができるでしょう。

ベビーバスチェアにはどんな種類があるの?

ベビーバスチェアには、大きく分けると、生後1ヶ月頃から使えるものと、生後6ヶ月頃から使えるものがあります。

生後1ヶ月頃から使えるもの

リクライニング機能がついているタイプのバスチェアで、リクライニングを倒せば、寝かせまま赤ちゃんの体を洗えます。おすわりできるようになったら、リクライニングを起こして使えばいいので、長く使えるのが魅力です。

生後6ヶ月頃から使えるもの

リクライニング機能がないタイプのバスチェアで、おすわりができるようになってから使えます。

ベビーバスチェアを使うときの注意点

できるだけ目を離さない

体が濡れていると滑りやすくなるので、赤ちゃんがバスチェアからずり落ちてしまうことがあるかもしれません。「座らせているから大丈夫」と油断せず、使用中は、できるだけ目を離さないようにしてあげてください。

嫌がるときは無理に乗せない

機嫌が悪かったり、お母さんから離れるのが不安だったして、バスチェアに座らされるのを嫌がることがあるかもしれません。そんなときは、無理に座らせようとせず、機嫌がいい日に再チャレンジしてみましょう。

常に清潔にしておく

濡れたまま放置していると、カビが生えやすくなってしまいます。使用後はよく洗い流してから、お風呂の外で乾かし、清潔に保つようにしましょう。

外食のときはチェアベルトが便利

488630370

チェアベルトとは

赤ちゃんを連れて外食をする際に、レストランにベビーチェアがないと、お母さんは、ずっと赤ちゃんを抱っこしておかなくてはなりません。そんなときに助かるのが「ベビーチェアベルト」で、大人用の椅子に取り付けて赤ちゃんを固定することで、赤ちゃんが椅子からずり落ちてしまうのを防いでくれます。

選ぶときのポイント5つ

赤ちゃんの身体に合うサイズかどうか

ベビーチェアベルトの多くは、おすわりができるようになる生後6〜7ヶ月頃から使えます。しかし、赤ちゃんの成長の仕方や体型は、それぞれ違うので、しっかり体を固定できるか、お尻が安定するか、体の大きさとベビーチェアベルトのサイズが合っているかなどをきちんと確認してから購入しましょう。

洗濯しやすいかどうか

ベビーチェアベルトは食事のときに使うものなので、どうしても食べこぼしで汚れてしまいがちです。洗濯やお手入れがしやすいもののを選ぶと良いでしょう。

取り付けやすいかどうか

ベビーチェアベルトは、ベルトで固定するだけのシンプルなタイプや、椅子の背もたれに被せるタイプのもの、赤ちゃんのパンツタイプのものなど、さまざまなタイプのものがあり、タイプによって椅子に取り付ける方法が変わってきます。どんなタイプでも構いませんが、簡単に椅子に取り付けられて、すぐに赤ちゃんを座らせて固定できるもののほうが、使いやすいといえるでしょう。

持ち運びしやすいかどうか

ベビーチェアベルトは、外出先で使うものなので、コンパクトで軽いもののほうが持ち運びに便利です。

お母さんの腰にも取り付けられるかどうか

ベビーチェアベルトの中には、椅子に取り付けるだけでなく、お母さんの腰にも装着できるタイプのものがあります。こういったタイプなら、赤ちゃんが椅子に固定されるのを嫌がった場合も、膝に抱っこした状態で固定できるので便利です。

まとめ

474631694

ベビーチェア1つとっても、いろいろなタイプのものがあるので、どれにすればいいか迷ってしまうお母さんもいるかもしれません。また、赤ちゃん用の椅子には、バウンサーやバスチェアなど、絶対に必要というわけではないけれど、あると便利なものもあります。重視する機能や生活スタイルなどに合わせて、ご家庭にあった椅子を選んでください。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年4月27日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録