読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】生後12ヶ月の特徴・成長ぶりは? 育児の基礎知識

このコラムにありがとう

目次

生後12ヶ月目は、体格、行動、心とあらゆる面で飛躍的な成長を遂げます。今回はより良い育児を目指すための注意点とポイントほか、予防接種についてもお伝えします。

この記事の監修ドクター

小児科中村明夫 先生 独立行政法人 地域医療機能推進機構 さいたま北部医療センター 小児科部長

生後12ヶ月の成長①体格

179415369

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

生まれてから12ヶ月経つと、赤ちゃんらしい体型から幼児体型と変化していきます。体重・身長も飛躍的にアップしますので「見るたびに大きくなっている気がする」というのも気のせいではないかもしれません。離乳食の進み具合によっては「卒乳」を検討しますので、食べられるものもより増えていきます。

体重や身長は?

1歳の赤ちゃんの体重は、出生体重に比べておよそ3倍にもなります。厚生労働省の資料(*)を見ますと、男児の体重は約7.6キログラム〜11キログラム程度、女児の体重は約7.1キログラム〜10.5キログラム程度にまで増加していることがわかります。

一方、身長についてもおよそ1.5倍程度成長します。具体的に男児の身長は約70~80センチメートル程度、女児の体重は約68~78センチメートル程度まで増加していることがわかります。

「同じ生後12ヶ月でも、身長や体重に大きな差があるな」と感じる方も多いかと思いますが、実際に、この頃から成長の度合いに個人差が出てきます。

(*「一般調査及び病院調査による乳幼児身体発育値及び発育曲線について」厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11901000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Soumuka/kekkagaiyou.pdf)

体を作る「食事」のこと

生後12ヶ月になると、離乳食にも慣れてくる時期です。1日3食の習慣とともに、食べられる食材やメニューのレパートリーも増えます。ただし、全く大人と同じ食事と言うわけにはいきません。この年齢だとまだ、消化吸収能力が未発達で、「噛むこと」にも慣れていませんから、食べやすい食事を工夫してあげましょう。1つの目安としては「歯茎で噛める硬さ」がベターです。

1回あたりの離乳食の量としては、主食約100g(ご飯、おかゆ、おじやなど)、主菜約20g(*肉野菜の場合。豆腐なら約50g、卵なら1個前後、乳製品なら100g程度)、副菜約50g(野菜、果物)を目安にすると良いでしょう。なお、味付けに関しては「薄め」を心がけ、口に入れて火傷をするような熱さでは出さないようにしてください。食べやすいように小さめにカットすることもポイントです。お箸やスプーンに慣れていないお子さんの場合は、手づかみで食べることもあるでしょうから、ネバついたりシミになりやすい食べ物は避けた方が良いかもしれません。

また、3回の食事に加えておやつも大変重要となります。この時期の子は食べる量にムラがあったり、好き嫌いもあります。そのため栄養素が偏っており、摂取カロリーが足りない時もありますが、おやつはそれを補う役目を担います。加えておやつには「食べ物に興味を持ってもらうきっかけ」と言う役目もあります。食育の観点からも、おやつにこだわってみると良いかもしれません。

生後12ヶ月の成長②行動

487840625

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

一人歩きをはじめ、遊びやいたずらなど行動パターンも多様化していきます。こうして運動能力が発達していくと、脳や心の発達にも大変影響を与えます。ただし、怪我や思わぬ事故につながらないよう、親御さんがよく見てあげる必要があるでしょう。

ひとりで歩ける

赤ちゃんは1歳3ヶ月までに80%が一人歩きを始めるといます。しかし、我が子がまだ歩き始めなくても、「立っち」や「つたい歩き」といった兆候があれば、心配いりません。一人歩きには個人差がありますから決して急がず、温かい目で見守ってあげてください。

なお一人歩きに際しては、行動範囲内の危険なものを片付けておくことが重要です。例えば、赤ちゃんが転ぶ原因となるもの(本、インテリア、置き時計、スマートフォンの充電器など)は、すべて赤ちゃんの手の届かないところに移動してください。赤ちゃんの行動範囲であれば、基本的に、床の上に物を置くことを避けたほうが良いでしょう。

さらに、意外な盲点となるのがゴミ箱と配線コードです。赤ちゃんはゴミ箱が何かわからず倒して遊んだり、中のゴミを口に運んだりします。そのようなことを避けるためにも、ゴミ箱も赤ちゃんの手の届かないところに置く方が良いです。それから配線コード(電源コード)などは、赤ちゃんがつまずく原因にもなります。机の上の照明インテリアのコードや、パソコンのコードにも要注意。赤ちゃんがつまずくことはもちろん、電源コードに引っ張られて照明インテリアやパソコンが落下して故障する可能性もあります。

それから一人歩きしたばかりの頃は特に「頭部の怪我」に注意します。一人歩きはしているものの、自分の頭の重さに耐えきれずバランスを崩してしまい、頭をどこかにぶつけるトラブルも比較的多いといえます。その対策としては「コーナークッション」が良いでしょう。家具の角などに備え付けることで、万が一赤ちゃんがぶつかった場合でもダメージを軽減することができます。

遊びやいたずら

12ヶ月にもなると、赤ちゃんの運動能力は飛躍的に発達します。一人歩きももちろんですが、手や指を使った細かい動きもできるようになるのです。例えば、スイッチを押す、つまみをひねる、ボールを転がす、本のページをめくる、紙をくしゃくしゃと丸めたりします。壁紙にクレヨン等でいたずら書きをする…なども、この時期くらいから目立ち始めます。

ただし家電を勝手にいじってしまったり、電化製品を壊してしまったりといった危険性もあるほか、万が一ガス台のつまみなどをひねってしまうと事故が起きる可能性もあります。赤ちゃんにとっては「遊び・いたずら」の区別がないので、叱るよりも、危険なものはあらかじめ手の届かないところに片付けておくことが重要です。また発育の観点から言えば、多少危なっかしくても、自由に遊ばせることがベターといえます。

1歳前後の子どもからは目が離せない!

1歳前後の子どもは、大人の目線からは想像できないような原因で、ケガをしたり、命を落とすことも。実際に、この時期の子どもの死亡原因のトップには「不慮の事故」が入っています。具体的には、おもちゃなど「誤飲」、さらには浴槽内での「溺れ」があります。また1歳以降には、暑い部屋や車の中で子どもを待たせることなどによる「熱中症」、さらには目を離した隙の「交通事故」もあります。場合によっては、ほんの少し目を離した時にリスクになりやすいと心にとどめておきましょう。

生後12ヶ月の成長③心の成長

563671387

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

複雑な感情も少しずつ出てくる12ヶ月目。それがもとで、いたずらやわがままをすることもありますが「ただ叱りつける」ということは避けて下さい。言葉はまだうまくしゃべれなくても、伝えたいことが子どもにはあります。また、起きる時間・寝る時間をいつも同じ時間帯にし。無理なく自然な形で生活習慣を身につけることも大切です。

感情の発達は?

12ヶ月になると感情表現も大変豊かになります。楽しい、悲しいといった基本的な感情とともに「嫉妬」のような複雑な感情を持ち始めます。嫉妬の感情は、特にママに対して抱くことが多く、ママが他の子をだっこしたり、ペットを可愛がったりなどすると、わがままやいたずらで気を引こうとすることもあります。

また自己主張(自立心)も出てきますので、手を貸そうとすると怒ったり嫌がることも多いです。服を着たり、靴をはいたりすることも、子ども自身うまくできないと怒りが爆発してしまうケースもあります。

それから、同じ年齢の子供に興味を持ち始める時期でもあります。児童館や公園などに連れて行くと、年齢の近い友達ができ社会性をみにつけたり、教育の観点からも良いでしょう。

生活習慣を少しずつ覚えてもらいましょう

良い生活習慣については、12ヶ月ごろから無理なく覚えさせることができます。1つ目は家族での挨拶です。「おはよう」「いってらっしゃい」「おやすみなさい」…こういった基本的な挨拶を覚えさせたいところですが、パパ・ママが毎日やっていれば自然と子どもも覚えてしまうケースが多いようです。乳幼児は真似をすることが大好きですので、挨拶の言葉を自分も発してみたくなることでしょう。1歳児は両親の動作を真似することから挨拶を覚えていきます。言語的な理解は2歳以降になりますが「真似できた」という事実そのものを褒めてあげましょう。12ヶ月目だと一語文が話せるケースもあり、我が子がこれらの挨拶を真似することもあるので、そのときはよく褒めてあげてください。そうしますと挨拶が「心地よい体験」として、自然に習慣化されていきます。

また、衛生上の習慣ですと「手洗い」は覚えさせたいところ。これも、親御さんと一緒におこない「当たり前のこと」として覚えさせれば自然に身につきます。また、トイレについてですが、無理にオムツはずれを急ぐ必要はありません。ただ、時々おまるや補助便座上を使わせたり、トイレに誘うなどすると良いでしょう。便意や尿意を意識できるようになると、オムツはずれの大きな1歩となります。

生後12ヶ月以降の育児

498277109

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

生後12ヶ月目以降の育児について、お世話やコミュニケーションのポイントほか、予防接種についても確認しておきましょう。

お世話やコミュニケーションのポイント

12ヶ月以降は言葉も発達してきますので、お子さんと一緒に言葉遊びをすると良いでしょう。また、子どもの発語に対して言葉を返すことで、コミュニケーション(伝えること)の楽しさを感じてもらうこともできます。

なお、お母様の中にはしつけについて悩む方も多いようです。「どんなタイミングで、どんなふうに子どもを叱ったら良いか分からない」という方もいらっしゃるかと思います。そんな方は「危険を教えるときに叱る」ということを目安にすればほぼ間違いありません。1歳の子どもの場合には、言葉で論理的に教えるよりも「危ない!」「ダメ!」と感情を込めた態度と表情で伝えます。子どもは、その真剣さや迫力、緊張感を感じ取りますから、短い言葉で、根気よく繰り返し教えることが大切です。

予防接種のスケジュールを確認!

1歳前後の子どもは、受けておくことが望ましい予防接種が数多くあります。まず1歳までに受けておきたい予防接種は、B型肝炎(母子感染予防除く)3回、ロタウィルス2回〜3回(*)、ヒブ3回、小児用肺炎球菌3回、4種混合(DPT・IPV)3回、BCG1回などがあります。BCG以外は複数回の接種が必要です。

なお、1歳になったら受けたい予防接種には、MR (麻しん風疹混合)、おたふくかぜ、水疱瘡などがあります。

(*ロタウィルスの予防接種は、ロタテック(5価ワクチン)なら3回 、ロタリックス(1価ワクチン)なら2回の接種となります)

まとめ

457810475

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お子さんが大きく伸びやかに育つよう、親はあらゆる面で注意を払い、サポートしてあげましょう。また自己負担のケースもありますが、念のため「1歳健診」も受けておくとベターです。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年4月26日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録