アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

【医師監修】妊娠38週、赤ちゃんの成長は? 予定日までに必要なこと

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

今回は妊娠38週にスポットを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。

この記事の監修ドクター 産婦人科専門医齊藤英和先生 梅ヶ丘産婦人科勤務、国立成育医療研究センター臨床研究員、神戸元町夢クリニック顧問、浅田レディースクリニック顧問、近畿大学先端技術総合研究所客員教授、1 more baby 応援団理事、ウイメンズヘルスリテラシー協会理事。山形大学医学部卒業後、同大学、国立成育医療研究センターを経て現職。日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖専門医、医学博士

妊娠38週ってどんな時期︖

641951196

Getty logo

妊娠38週はすでに正期産の時期です。正期産とは妊娠37~41週の間に出産を迎えることで、この時期は⾚ちゃんの発育や体の機能の成熟度から⾒ても、いつ出産になっても⼼配ないとされています。

⼀般的な出産予定⽇は妊娠40週0日を指しますが、実際の出産はこれより早まることもあります。この時期にはいつ陣痛が来てもいいよう、準備を整えておきましょう。

内臓への圧迫が軽減

出産が近づくとともに赤ちゃんが下降し、ママの胃や肺、心臓といった内臓への圧迫が減ります。それに伴い、気持ち悪さや吐き気といった症状が引いていきます。出産前のつかの間、すっきりした気持ちで過ごすことができるでしょう。

妊娠38週に体内で起きる変化

652628362

Getty logo

妊娠期間が進むにつれ、胎内では⽬まぐるしい変化が起こります。それだけでなく、ママの⼼⾝にも変化が⽣じます。ここでは妊娠38週に起こる体の変化を詳しく⾒ていきましょう。

⾚ちゃんの変化

⾻格ほか、腎機能・肺機能など内外の機能は完成状態で、⽪下脂肪によってふっくらしています。平均体重は2,838gで[*1]、体は4頭⾝に近いです。またお産が近づき、頭が骨盤内に移動すると動きが抑制されて、胎動が少し減ります。

ママの変化

内臓への圧迫が軽減してラクになる⼀⽅、⾻盤や下腹部が圧迫され、痛みや不快感が⽣じることも。具体的には恥⾻、⾜の付け根などに痛みを感じるようになることがあるでしょう。また、妊娠中、赤ちゃんを支えていた子宮頸管が徐々に柔らかくなるなど、ママの体も出産に向けた状態へと変化していきます。

妊娠38週に必要なこと

129098876

Getty logo

ゆとりを持つことが⼤切

準備をしているとはいえ、出産が近づくと徐々に気持ちの余裕がなくなってくることもあるでしょう。 「初めてのお産だけど⼤丈夫かな」 「逆⼦が直らず、帝王切開になるのが不安…」 「⾚ちゃんの発育が遅いみたい」 「⾚ちゃんがどんどん⼤きくなって難産にならない︖」 そんな数々の不安が胸を去来するかもしれません。しかし、そんな時だからこそ気持ちにゆとりを持つことが大切です。ゆったりと構え、心を落ち着けてお産に臨みましょう。

お産のサインを⾒逃さないで︕

お産が近づくとママの体にはいくつかのサインが現れます。個人差があり、全員に共通するわけではありませんが、それまでとは異なる変化は見逃さないよう注意しておくとよいでしょう。

お産のサイン

□おなかが張る(子宮が収縮するとおなかが張ったように感じられます) □おりものが増える(出産のときに潤滑油の働きをする膣の分泌物が増加) □恥骨が痛む(赤ちゃんの頭によって恥骨が圧迫され、痛みを感じます) □排尿の回数が増える(赤ちゃんが下がって、さらに膀胱が圧迫され頻尿に) □胃のすっきり感(赤ちゃんが下がるため胃への圧迫がなくなり、気持ち悪さやムカムカ感から解放されます) □子宮底の下降(赤ちゃんの頭が骨盤の中に入り、赤ちゃんが下方へ移動。ママのお腹も下腹部が突き出るような形状に変化します)

おしるしもサインの一つ

産徴(おしるし)は、出産開始近くに見られる、血の混じったおりもののことです。赤ちゃんが下降することで⾚ちゃんを包む卵膜の一部が剥がれて出血し、頸管粘液と混じって、茶褐⾊もしくはピンク⾊のおりものとして排出されます。

お産が近づいたサインの一つではありますが、おしるしがない人もいれば、おしるしがあってから実際にお産が始まるまでの期間が長い場合も多々あります。

先に破水が起こることも

一般的に破水はお産が進み、子宮口が全開になったあたりで起こります。しかし中には何らかの理由でお産が進む前に破水してしまうこともあります。

羊水には腟の常在菌による感染症から赤ちゃんを守る役目もあるため、破水後、長時間が経過すると子宮内感染のリスクが高まります。

もしも破水してしまったら、あわてずにまずは主治医に連絡し、指示を仰ぎましょう。なお、破水した後は感染を防ぐため、入浴は控えてください。

妊娠38週の注意点

妊娠38週はどんなことに気をつけておくべきでしょうか。最後に注意点を確認しましょう。

いつでも出産に臨めるよう準備して過ごそう

妊娠38週は、数字の上では出産予定日まであと2週間ほどありますが、それはあくまで予定です。赤ちゃんが必ず予定日に生まれてくるわけではありません。

またお産が近づくと上記で紹介したような出産のサインが現れる人もいれば、そうでない人もいます。出産を経験したことのある人でも、お産はその時のママや赤ちゃんの状態に左右されるので、前回と同じようにお産が進むとは限りません。

したがってお産のサインがあってもなくても、この時期になったらいつでも出産に臨めるようにして過ごすことが大切です。睡眠をたっぷりとり、体を清潔に保つなど、準備をしておきましょう。

まとめ

妊娠38週に⼊ったからといって、新しく何かしなければならないということはありません。これまで⾏ってきたことを今まで通りに行い、落ち着いた気持ちで出産に備えましょう。

(文:山本尚恵/監修:齊藤英和先生)

※画像はイメージです


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て



0

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録