アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】妊娠37週の体の変化は? 気になる陣痛のサインと注意点

目次

今回は妊娠後期の妊娠37週にスポットを当て、この時期に起こる体の変化のほか、必要なこと・注意点をお伝えします。

この記事の監修ドクター 産婦人科専門医齊藤英和先生 梅ヶ丘産婦人科勤務、国立成育医療研究センター臨床研究員、神戸元町夢クリニック顧問、浅田レディースクリニック顧問、近畿大学先端技術総合研究所客員教授、1 more baby 応援団理事、ウイメンズヘルスリテラシー協会理事。山形大学医学部卒業後、同大学、国立成育医療研究センターを経て現職。日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖専門医、医学博士

妊娠37週ってどんな時期︖

465769410

Getty logo

妊娠37週からはいよいよ正期産に入ります。正期産とは妊娠37~41週の間に出産を迎えることで、この時期は⾚ちゃんの発育や体の機能の成熟度から⾒ても、いつ出産になっても⼼配ないとされています。

入院の準備を整える、お産の流れを把握する、ママが不在にする間の連絡事項を整理するなど、お産に向けた準備はすべて済ませて、いつ陣痛がきても大丈夫なようにしておきましょう。

妊娠37週に体内で起きる変化

妊娠期間が進むにつれ、胎内では⽬まぐるしい変化が起こります。それだけでなく、ママの⼼⾝にも変化が⽣じます。ここでは妊娠37週に起こる体の変化を詳しく⾒ていきましょう。

⾚ちゃんの変化

妊娠37週の⾚ちゃんは体の機能が成熟し、胎外の生活も可能になっています。この頃の平均体重は2,676g[*1]。予定日より少し早く生まれてたとしても問題なく育っていける段階です。

ママの変化

子宮がお腹の大部分を占めていますが、分娩に備えて⾚ちゃんが下降するため、胃や肺、心臓への圧迫は軽減され、息苦しさや動悸(どうき)などの症状は少なくなるでしょう。一方で、下腹部への圧迫が増えるため頻尿になったり、出産が近づくためお腹の張りや痛みを感じるようになったりすることがあります。

妊娠37週に必要なこと

945129458

Getty logo

お産の流れを頭に入れておこう

赤ちゃんはこのころまでに胎内で十分に成長し、生まれる準備が整っています。いつお産が始まってもいいように、流れを頭に入れておきましょう。一般的にお産は、以下のような流れをたどります。

お産開始の兆候

不規則な陣痛(前駆陣痛)やおしるしなど、ママの体がお産に適した状態に近づいたサインが現れます(個人差が大きいので、感じられない場合もあります)。

陣痛が規則的に

陣痛が規則的におこるようになります。1時間に6回以上(約10分間隔)、陣痛が起こるようになった時が分娩開始のタイミングとされています。この頻度になったら事前に連絡のうえ、医療機関に向かいましょう[*2]。

子宮口が開く

子宮口が開き始めます。陣痛の間隔が短くなり、痛みも強くなります。

子宮口が全開になり、破水する

陣痛の間隔がさらに短く、痛みが最も強くなる頃、子宮口が全開になり、破水が起こります。

赤ちゃんが生まれ出て、子宮復古が始まる

赤ちゃんが生まれ出ます。その後、後産期陣痛により胎盤が排出され、後陣痛により子宮復古(子宮が妊娠していない時の状態に戻ること)が始まります。

出産場所への移動方法を再確認

一般的には陣痛の間隔が約10分になったら医療機関に連絡し、移動します[*2]。この時にどうやって移動するかについては事前に考え、準備しておく必要があります。

通常、お産では「家族の運転する自家用車」もしくは「陣痛タクシー」で分娩施設に向かいます。くれぐれも自分では運転しないようにしましょう。また、普通のお産で大量出血などの異常がない限り、救急車は呼びません。陣痛タクシーを予約している場合は、すぐに連絡できるようスマホや携帯に連絡先を登録するなどしておきましょう。

家の整理・必要事項の連絡なども用意

お産の間も世界は動いています。パートナーや家族がスムーズに暮らせるよう準備を整えておくのも、出産の重要な備えです。普段、ママが担当・把握している事柄を中心に、必要な情報・連絡先をまとめておきましょう。

お産の前にまとめておくとよい情報の例

□実家の住所・電話番号 □産院の住所・電話番号 □ハンコや通帳など重要なものの置き場所 □ゴミ収集日・ゴミ出しの手順 □回覧板の回し方 □(上の子がいる場合)送迎の時間・PTAやイベントの日程 など

妊娠37週の注意点

陣痛のサインを⾒逃さないで︕

正期産の週に突⼊したので、いつ陣痛が来ても不思議ではありません。陣痛の開始時にはいくつかサインがあります。ただし個人差があり、必ずしも全員にサインが現れるわけではありません。

前駆陣痛

お産の開始前に起こる、不規則で弱い陣痛のことを「前駆陣痛(ぜんくじんつう)」といいます。多くの場合、自然に収まり、後日、本格的な陣痛が始まります。

恥骨の痛み

赤ちゃんの頭が骨盤に入り込み、圧迫するため、恥骨に痛みを生じることがあります。お産が近づき、陣痛の始まりが近いことを示しています。

おりものの増加

出産の際、潤滑剤のはたらきをするため、おりものが増加します。「おりものが増えたな」と感じたら、陣痛が始まるのも近いかもしれません。

おしるし(産徴)

子宮下部が開くことで、⾚ちゃんを包む卵膜が剥がれて出血し、茶褐⾊もしくはピンク⾊のおりものが出ます。これを「おしるし」といいます。サインの一つではありますが、おしるしなしに陣痛が始まったり、おしるし~陣痛までに1週間以上、間があったりする場合もあることから、おしるしがあった=分娩開始ということではありません。

まとめ

620978040

Getty logo

⾚ちゃんと出会うその時がすぐそこまで来ています。待ち遠しいですね。それまでは出産の準備を整えながら、心穏やかに過ごしましょう。

(文:山本尚恵/監修:齊藤英和先生)

※画像はイメージです


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録