アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

『音タコ』阿部サダヲ&吉岡里帆による一夜限りのライブイベント

「時効警察」シリーズの三木聡が原案・監督・脚本を務める映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日に全国公開中!

その勢いをさらに加速するべく10月18日、東京の新宿ピカデリーにて一夜限りのライブイベントが実施。主演の阿部サダヲと共演の吉岡里帆が、主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」をサプライズでデュエット。

4オクターブの音域とすべての人を虜にする声量をもつ一方、“声帯ドーピング”というオキテ破りの秘密を抱えるロックスター・シン(阿部サダヲ)。そんな彼が異様に声が小さく何事にも逃げ腰なストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)と出会ったことから奇跡を起こしていく……というストーリー。

主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」は、若年層を中心に人気を集めるシンガーソングライターのあいみょんが本作のために作詞・作曲して書き下ろした入魂SONG。
この日、観客からの「シン&ふうか」コールに迎え入れられる形で登場した阿部と吉岡。緊張気味ながらも阿部と声のチューニングを済ませて歌に入った吉岡だったが「緊張しすぎて…もう一回やらせてください!」とテイク2の仕切り直しも、ギターをかき鳴らしての見事な熱唱を聴かせた。グループ魂のボーカル・破壊としても活躍している阿部は、歌いながら会場を駆け巡る熱狂のパフォーマンスを見せた。スクリーンからシンとふうかが飛び出してきたかのような、この一夜限りの奇跡のパフォーマンスに、本編上映後の興奮冷めやらぬ観客のテンションはオールスタンディングで天井知らずのうなぎ登り状態。

全力パフォーマンスを終えた阿部は「冒頭1分ですべてを出し切った」と笑わせつつ「リハーサルの方が良かったという感じ。お客さんがいると逆になんだかわからなくなった。リードを外されたような犬の気持ちです」と珍しく緊張気味。
歓喜の涙を目に浮かべつつ、客前での人生初歌唱を終えた吉岡も「みなさんが温かく迎え入れてくれたので何とか歌えました。もうステージに出る前から涙が上がったり下がったり…その繰り返し!」とこちらも大緊張の表情。すると阿部は「登場の際の『シン&ふうか』のあおり?あれはやめてほしかった。それまでは平気だったのに、コールを聞いてから急に緊張が…。やめてほしいなぁ~!」と緊張を観客のせいにして会場爆笑。
ギターを弾きながら熱唱した吉岡に阿部は「映画の撮影前にやっていないギターを練習して、さらにブランクがあるのに今日のためにまた練習して。大変だと思った」と労うと、吉岡は「こんなに声って震えるんだ!とあんなに練習したのに…」と目を丸くしつつ「観客の皆さんにはむしろありがたい気持ち。立ち上がって聴いてくださって、本当にありがとうございます。もうそれしかありません!」と感無量の様子。ハイトーンボイスで歌い切った阿部には「凄いっす、マジ尊敬っす」と改めて最敬礼。
最後に阿部は「お客さんの前で歌うとなると緊張したけれど、この映画があったからこそできたこと。こんなに沢山集まっていただけて良かった」と大役を終えて一気に饒舌に。吉岡は本作のテーマである『やらない理由を見つけるな』を引き合いに出して「ギターも歌も皆さんの前で披露するのは初めてで、こんなに緊張することがあるんだとビックリしたけれど、やれてよかったと思います。やらないよりはやった方がいい!」と自分に言い聞かせるように頷き、「もし何かやりたいことがあっても一歩踏み込めないような人がいたら…」と呼びかけ、マイクを置いて「このまま終わりじゃもったいない!」と絶叫アドバイス。「みんな大好き~!」とこの日のイベント終了。


/

この記事の著者

カバーガールTV

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録