アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「アスレジャー」って何?今さら聞けないトレンドの意味と40代の取り入れ方は

目次

ネクストトレンドとして話題のアスレジャー。「聞いたことはあるけど、どんな流行りなのかわからない」、「40代でも取り入れられるの?」と疑問に思っている人も多いはず。今回は、そんな今更聞けない流行、アスレジャーをご紹介したいと思います。

 

アスレジャーって何?

アスレチックとレジャーを組み合わせた造語で、ジムやヨガでエクササイズするようなスポーツウェアを取り入れたファッションです。意識の高い海外セレブやモデルたちから火がつき、世界中でビッグトレンドとなりました。流行のアイテムはブルゾンやスウェット、ジョガーパンツやスポーツレギンス、キャップやスニーカーなど馴染みやすいラインナップなので、知らずに取り入れている人も多いはず。しかし、そのまま全身で取り入れてしまうと、鍛えられたボディを持っていない40代にはだらしなく見えてしまうのが難点。

 

アラフォーには難易度高め! アスレジャーの2大危険アイテム

ロゴスウェット

スウェットは今季40代女性にもOKのアイテムですが、ロゴ入りはデザインによってカジュアルすぎてしまったり子供っぽくなってしまうことが多いので、選び方が難しいアイテムのひとつ。なんとなく選んでしまうと失敗してしまうこともあるので、おしゃれに自信がない人は避けましょう。着たいという人は、大人ブランドが出しているロゴスウェットをセレクトして。

 

ジョガーパンツ

ジャージやスウェットなど、はき心地のいい素材感が特徴のジョガーパンツ。太ももはゆったり、膝から下はすっきりとしたシルエットで、大人にも取り入れやすいと購入する人も多いはず。でも、見る人によっては部屋着認定されてしまうこともあるので要注意。取り入れるなら引き締め効果の高い黒や、あえて生活感の少ない白などがおすすめです。

 

アラフォーにOKなアイテムと、着こなし方は?

マウンテンパーカ

→ロングスカートと合わせて女性らしく

今季スポーティーなマウンテンパーカは、各ブランドがこぞって出しているアイテム。気軽に羽織れて機能性も高いのでデイリーに活躍します。ただ、スウェット×デニム×スニーカーなど、全身カジュアルで固めてしまうと、一気にこなれ感がなくなってしまうので、大人なロングワンピやタイトスカート、マキシ丈のスカートなどと合わせて、キレイめに着こなすのがポイントです。

 

プルオンパーカ

→ロングコートと合わせてきちんと感をプラス

今季大復活したスウェットアイテム。中でも、久しぶりにプルオンタイプのパーカのトレンドが戻ってきています。一枚できちんと感のある細身のパンツと合わせたり、ワイドパンツやマキシ丈スカートなどのボリュームボトムと合わせるのもおすすめですが、これから寒くなる季節にはノーカラーやテーラードのロングコートを羽織って。縦ラインが強調されてスタイルアップして見える他、大人っぽく着こなせます。

 

小物でおすすめは?

ハイテクスニーカー

スニーカーはもはやどの年代でも履ける定番アイテムですが、アスレジャーを取り入れるならスポーツテイストの強いハイテクスニーカーがおすすめ。おなじみのスポーツブランドから出ているアイテムで、白や黒など色数が少ないものなら合わせやすく着こなしから浮くこともありません。

 

キャップ

アラフォーになってキャップをかぶらなくなったという人も多いかもしれませんが、今季はコーデュロイなど秋冬らしい素材感のものもたくさん登場しています。ニット×タイトスカート×スニーカーなどのシンプルなスタイルに合わせれば着こなしの鮮度が上がります。グランピングや旅行、テーマパークなどのアウトドアシーンから取り入れてみてください。

 

以上、いかがだったでしょうか。アスレジャーという言葉だけだとふんわりしたイメージしか湧かないという人も、ワードローブに持っているアイテムがひとつはあるという人も多いはず。流行は毎シーズン変わるので、いくつになっても情報をアップデートする必要があります。その中でどのトレンドを取り入れて、どのトレンドをスルーするかという選択さえ間違わなければ、痛いと思われたりいつも印象の変わらない人というレッテルを貼られることもありません。上手に取り入れて、ファッションを楽しんでください。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録