アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ボールの上手な投げ方をプロが直伝!まっすぐ前に遠くに飛ばすコツ

目次

ボールの上手な投げ方をプロが直伝!まっすぐ前に遠くに飛ばすコツ

お子さまとボール遊びをしているとき、まっすぐ前に飛ばないし、うまく投げられない姿を見て「うちの子投げるの苦手?」と心配になったことありませんか? そんなママたち必見! 4つのポイントをおさえるだけでとっても簡単にうまく投げられるようになる、ボール投げのコツをカツスポーツアカデミー勝貴嘉亘さんに教えてもらいました♪

ポイント1. 肘は肩より上にあげる!

腕を上にあげ、肘が肩より上の位置に来るように投げるのがポイント。

肩より下から投げると…

肘の位置が肩より下にある状態で投げると、ボールは下に向いて飛んで行ってしまうんです。

前から見ると、画像の左側は肩より下に肘があるのでNG! 画像右側は肘が肩より上になっているのでOK!

ポイント2. 投げたい方向に目線と手の向きを合わせる

まっすぐ投げたい方向に、目線とボールを持っていない方の手の向きを合わせましょう。
ボールを持っていない方の手が投げたい方向ではないほうを向いていると、ボールはまっすぐ飛びません。

ポイント3. 腰を使って投げる

投げる時は上半身をねじり、腰を使って投げるのがポイント! 腰を回しながら投げることで、より遠くにボールを投げることができます。

前を向いたまま腕だけで投げると…

腰を使わずに前を向いたまま投げると腕の力だけで投げてしまうので、力が足りずに遠くに投げることができないんです。

横向きで位置を取り、腰を前に回しながら投げる!

体が横向きの状態で投げる位置を取り、腰を回しながら全身を使って投げるのがポイント!

ポイント4. ボールが怖い子には近い位置から

ボール自体を怖がっている子には、近い位置からボールを投げ始めて、慣れてきたら徐々に距離をあけるようにしましょう。

練習の成果をご覧あれ!

練習前の投げ方

こちらが練習前の投げ方。
投げるときの腕の位置が低く、手が前に向かって伸びていないですよね。

また、腰も使えていないので、前を向いたまま腕だけて投げています。

練習後の投げ方

こちらが練習後の投げ方。
体も横向きから始まり、ボールを持っていない方の手もきちんと前を向いていますね。

そして腰を使って全身で投げているので、こんなに遠く高く飛んで飛距離が伸びました!

4つのポイントを意識するだけで、こんなにキレイでかっこいいフォームに。
まっすぐ飛んで飛距離も伸びるので、お子さまもボール遊びがもっと楽しくなりますね♪
ぜひお子さまと一緒に投げ方のポイントを踏まえて練習してみてくださいね。

監修 : カツスポーツアカデミー 勝 貴嘉亘 先生
出演 ; Lio&Luka @kanakokko_34_
ライター:あだちあやか

▼あなたにおすすめの記事


/

この記事の著者

ママタス

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録