アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

結婚破談のショックで○○へ旅したら…激ヤセと出会いがついてきた?【40代・最後の婚活#10】

目次

イトウウミ44歳。結婚を誓った彼に逃げられ、早1年が過ぎた。開き直りから婚活を再開するも、低空飛行を継続中。そんな私が「どうして今婚活をしているのか」振り返りながら書いている「セルフ自伝」。

 

今回も1月のオトナサローネ特集「オトナの3kgやせ」にあわせ、番外編(下)「私が婚活人生で激ヤセした旅行」、胸ときめく「出逢い編」をお送りします。

 

前回お話ししたとおり、私は学生時代の彼と結婚が破談になった経験がある。「何年後かに一緒になる」とお互い信じていたので、こんなにもあっけなく終わってしまうことが、まったくの予想外だった。

 

それはまさに、第1次結婚ラッシュを迎える20代後半のこと。

「次はウミだね!」――ブーケトスのバトンを受け取るたび、本当のことを言えないまま作り笑いでごまかす…すっかり疲れてしまった私は、そのショックを「結婚で諦めること」に挑戦することで癒やしていた。その一つが「インド放浪」である。

 

次から次へと起こる笑撃の出来事

私はニューデリーから世界遺産タージマハルのあるアグラを経てムンバイ、ヒッピーの聖地ゴア、真ん中を横断してガンジス川の畔バラナシと、北半分をバスと鉄道で1ヵ月間旅した。

 

現地語だからどこで降りたらいいかわからないバス。マグネット大の穴しかないトイレ。客席以上の人でカオスの寝台列車。食べるもの全部がカレー味だったり。いきなりお土産屋連れて行かれ、家族総出で押し売りされたり。自称哲学者の胡散臭い旅人に延々語られたり…

 

すべてが目からウロコのオンパレード! サバイバルするよりも、ボリウッド映画のように突然踊り出したくなる…次第にそんなワクワクする気持ちになってきたのである。

 

これは、まさかの運命的な出逢い!?

滞在も残りわずかなとある日。通りの向こう側で日本人を見かけた。リクシャー運転手に取り囲まれ、困っているもよう。私はどうしても見過ごすことができず、突発的に行動した。

 

待ち合わせをしている友達を装い、手を大きく振って…「こっち! こっち!」

運転手の強引な営業攻撃を受けている彼も、気づいたようだ。

「あっ! 今から行く!」手を振りかえして、通りを渡ってきてくれたのだ。

 

ウミがインドで出逢った日本人とは…次ページ

 

「すみません、助かりました。ありがとうございます」

 

彼は関西出身の大学4回生くん。卒業旅行でインドを一人で旅していた。こっちにきて日が浅いため、インド人の営業トークにびっくりして断るにも断れなかったという。

 

「御礼にお食事でもしたいのですが、あいにく移動日で時間がなくて…。春から東京で研修予定なので、そのときに是非」

と、メールアドレスを交換した。

 

あれ? これって…

「王子様がお姫様を助ける」王道パターンとは逆だけれども、もしかして「棚からボタモチ」!?

 

果たして私は「変われた」のか?

変身願望を抱きつつ飛んだインド。結局、“変わった”のは私自身ではない。新しい世界を見ることで好奇心が刺激され、「結婚」という一方向だけだった関心が、様々な方向に向くようになったことである。それは適齢期に破談のショックを受けた私にとって、いちばんの収穫だったかもしれない。

 

「ウミ、すごいスリムになっているんだけど…」

友人たちの第一声はこうだった。どうやら、帰国後の私はびっくりするほど痩せていたらしい。本人は日に焼けてシュッと引き締まった程度に思っていたのだが…

 

暑さのせいなのか? 毎日食べていたカレーのせいなのか? それとも、インド人につけ込まれないよう、毎日気を張っていたせいなのか?

いずれにせよ、何もしないで痩せることができて、しかも年下学生くんとお食事の約束もゲットできた「インド放浪」。勇気を出して行ってよかった――帰国直後はそう思ったのだ。

 

ついにやってきた! 年下学生くんとの再会の日

デート用の洋服を買いに行って、春らしいヘアスタイルに。せっかくだから、新色のルージュを合わせよう。どんな雰囲気のコーデがいいかな? あんまり大人すぎても恐縮するかな? 気持ちはすっかりデート気分だった。

 

そして、迎えた当日。

「あれ? ウミさん、インドで会ったときとだいぶ雰囲気が違いますね…」

 

確かに、現地では捨ててもいいTシャツと古着、日焼け止めだけのすっぴん、ひっつめ髪にメガネの小汚い格好をしていた。でも、それに比べれば今日はお洒落をしているのに…

まさか、「ゲレンデマジック」…じゃなかった「インドマジック」!?

 

そう、私はすっかり忘れていたのである。

 

彼と再会するまでの1ヵ月半の間、激ヤセした私の体重は見事リバウンドしていたのだ。むしろ、増えていたのである。インドでは食べられなかった牛肉や豚肉を反動で食べてしまい、あっという間に増量。やはり、努力なしで簡単に痩せる方法は存在しないのかもしれない。

 

彼とのその後? それは、ご想像にお任せします…

 

 


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録