アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「私ってイケてるでしょ?」勘違いした40代独女の”モテ“と、男性の本音

目次

 

いくつになっても自分に自信を持つ女性。「おひとりさま」なのは男に見る目がないから。独身だけど私は十分モテているからいいの!

……その”モテ“、本当ですか?

「私ってイケてるし!」と自分のものさしだけで判断してしまうと、現実とズレてしまうことに気が付きません。

男性から見た「勘違いした40代独女」とはどんな姿なのか、意見をご紹介します。

 

常にメイクばっちり、「美しさ」を気にするばかりで周りが見えていない

・「ジムにいるアラフォーのオバサン。いつ見てもメイクばっちりで、近寄ると香水のニオイもキツい。

スタジオに大きなバッグを持ち込んでいて、メイク道具の入ったポーチが必需品らしいです。

俺が見たのは、レッスンの休憩中にファンデーションを塗り直す姿。

そこまで気にする!? とびっくりしたけど、本人は『崩れちゃうと困るし~』って。

いや、そもそも汗をかくレッスンだし、崩れるのが嫌なら入らなければいいのに……。

『いつも綺麗ですね』って言われたいのがミエミエで、最初はいいなと思っていたけど今は話しかけるのも避けてます」(42歳/製造)

 

・「友達夫婦の紹介で、アラフォーの女性と食事に行くことになったとき。

『綺麗な人だから』って言われていて、いざ会ってみると本当に美しい人で緊張しました。

メイクも似合っているんだけど、おかしいなと思ったのはあまり表情が変わらないこと。

食事中も箸でちまちま取って口を少しだけ開けて食べて、ちっとも進まない。口を大きく動かすことを避けている感じで。

『あまり進んでいないですけど、もしかして美味しくないですか?』と思わず訊いたら、

『たくさん口に入れるとみっともないから』

とひとこと。

何がみっともないのかわからないし、ご飯を美味しそうに食べられない女性は俺は無理。

せっかく綺麗な人なのに、変なことに気を使っているからいつまでもひとりなんだろうな、と妙に納得しましたね」(39歳/総務)

 

★ 「自分は美しい」と理解している女性の中でも、それを表に出した振る舞いはポジティブな関心が冷めるもの。

メイク直しに必死になったり、食事中でも見た目ばかり気にしたり、見ているほうは決して良い気がしませんよね。

男性が萎えるのは、「モテる自意識を隠さない」ところです。

美しく見せたい気持ちはわかるけど、見られていることを忘れてしまうと”モテ“からは遠ざかります。

 

ボディタッチが多めなのは「なれなれしい」だけ

・「アラフォーで同期の同僚は、綺麗だけど気さくに話せるので一見するとモテる人。

でも、いつもボディタッチが多くて、誰でもすぐ肩を叩いたり背中にタッチしたり、ちょっと距離が近くない? って感じ。

本人はそれがいいコミュニケーションと思っているらしいんだけど、女性社員からは『モテるのを利用している』とか『媚びる人』とか不評で。

俺も会話中に腕を掴まれたことがあって『ちょっと触りすぎじゃない?』って訊いてみたら、

『私ってこんな感じだから男の人が近寄りがたいかなって。フレンドリーにしたら話しやすくない?』

と返されてびっくりでした。

”こんな感じ“って、綺麗だからモテそうってこと? 何か微妙に上から目線?

悪気はないんだろうけど、正直『なれなれしいだけだよ』と思ってしまって仲良くするのをやめました。

ボディタッチがフレンドリーと思う時点でモテを利用しているのでは」(36歳/営業)

 

★ ボディタッチって、確かに男の人はドキドキしますよね。

でもそれが常であったら、新鮮味もなければ嬉しいとも思わなくなります。

むやみに体に触れるのは、相手との距離感を無視した悪いコミュニケーション。

「自分はモテるから」を理由にボディタッチを繰り返すのって、男性から見ればなれなれしさが不快になります。

本人はポジティブな関わり方のつもりでも、勘違いではただのオバサンです……。

 

自分に自信を持つのは良いことだけど、周りの目を無視した振る舞いはマイナスなイメージしか残せません。

本当にモテる40代独女は、それを自覚しても決して表には出さないもの。

「私ってイケてるし!」と思っていたけど現実では敬遠されていた、なんて悲しいことにならないように、自覚と言動のバランスを考えられる40代独女でありたいですね。

 

■次に読まれているのは■

【男の本音】その路線、ムリかも…男性が40代独女に感じる「NGな色気」って?

【男の本音】僕らが40代独女と恋に落ちた瞬間・萎えた瞬間

【男の本音】僕たちが40代の女友達を意識しちゃうのってこんな瞬間!


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録