アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

30代までは不要でも…40代になったら絶対に「手元にあったほうがいい」コスメ3選

目次

 

年齢を重ねるごとに「若い頃と、なんとなく肌がちがう」を感じる女性は少なくありません。

ちまたにあふれているコスメも、“そのときの自分”に適しているか否かの視点で選ぶようにすると、無駄買いを防ぎつつも、効率的に美容を楽しめるコツに。

しかし「今の自分に、いったい何が欠けているんだろう?」は、意外と自分で気づきにくい面もあり、雑誌やウェブで話題になっている化粧品を使ってみては「期待するような効果が得られなかった……」と落胆することも、正直なところ、珍しくないですよね。

「私も今、何を使うべきか地味に迷っています」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、私の周囲の40代女性たちが「あるとないでは、大違い」、「買って本当に良かった!」と口を揃えて絶賛している化粧品を3選ご紹介します。

 

40代になったら手元に置いておきたいコスメ1:顔色を明るく見せ、肌の色ムラをフォローする「下地」

ファンデーションには強いこだわりのある女性でも、意外と盲点になっていることがあるコスメが「下地」。

下地は文字どおりファンデーションの下に塗るものだけに「とりあえず、塗っておけば問題なし」と、適当なものを長く使い続けている40代女性も少なくない傾向です。

しかし「ファンデを変えたのに、顔色が悪く見える」「評判のいいファンデーションにしてみたけど、前より肌が荒く見える」などにお心当たりがあるならば、ひょっとすると下地が今の自分に合っていない可能性も。

あえてちょっと雑な言い方をすれば、40代の不安定な肌は、ファンデーションよりも下地の実力次第で、美肌にも見えればお疲れ肌にも見えてしまう年代だと、個人的には感じます。

つまるところ、どんな日にも顔色を明るく見せ、肌の色ムラをうまくフォローしてくれる下地さえ手元にあれば、上から塗るファンデーションがどんなものであれ、満足度の高い肌づくりが叶いやすいのも確か。

メイクで、内側から輝くような美肌に見せるためには、ファンデーションより下地にこだわりを持ちたいのが、40代というお年頃なんじゃないかと思っています。

40代になったら手元に置いておきたいコスメ2:体調不良や疲れを瞬時にフォローする「健康見せリップ」

40代ともなると、デイリーに“プチ不調”や“疲れ”に悩まされる日も増える年代。

それだけに「メイクをしても不健康そうに見えちゃう」「口紅をつけても『顔が疲れてるね』って言われちゃう」などのシチュエーションにも見舞われがちです。

そこで40代になったらマストなコスメのひとつが、“トレンドに関係なく、顔色を健康そうに見せてくれる1本の口紅”だと、個人的には強く感じているところです。

口紅はトレンドを追うと垢抜け顔になる代表格コスメではありますが、そのときの流行カラーによっては、お疲れ顔や老け見えを加速させることもあります。

それだけに、“健康見せリップ”があるのとないのでは、大違い。

いざというときに頼りになる色みを知り、手元に置いておくだけで、メイクは格段に楽しくなるはず。

 

疲れてる?なんて言わせないお肌に導いてくれるコスメ

40代になったら手元に置いておきたいコスメ3:トレンドと関係なく健康見せしてくれる「チーク」

ふたたび“健康見せ”の視点で恐縮ですが、肌の“くすみ”や疲れなどから、40代女性は不健康な肌色に見えやすいのも実態。

それだけに、健康的な肌見せを叶えてくれるチークも、なにをさておいても手元に置いておきたいコスメだと感じます。

チークはリップほど流行カラーが顕著ではないものの、シーズンごとに多少の変化があるアイテム。

しかし逆に言えば、その“多少の発色の違い”が、肌の仕上がりを大きく左右することもあるから、自分の肌を“みずみずしく見せ、健康的な印象に仕上げるチーク”を見つけておくことは、40代になったら確実にトライしておきたい「美の掟」に。

ピンクやオレンジなど色の系統だけでなく、光沢があるほうがいいのか、クリーム状なのかパウダーなのか……など、細かなニュアンスにこだわって自分なりの“頼りになる一品”を見つけておけば、どんなときにも「疲れてる?」なんて言わせない肌に導いてくれるはずです。

 

20代や30代のころにはなにを使おうが仕上がりに明暗が出なかった人でも、40代となると、お話は別……というのも、よくあるパターン。

トレンドを意識したコスメと同時に「これがあるから安心」と思えるコスメを揃えておくことも「40代の美容をもっと充実させる秘策になる!」と痛感している私です。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録