アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】赤ちゃんのアレルギーの原因は? 症状や見分け方、検査と治療法

目次

赤ちゃんの皮膚に発疹があったり、目が充血していたり、鼻水グシュグシュでつらそうだったりすると「もしかしてアレルギー!?」と心配になるママも多いはず。原因を知りたいけれど、検査はどこで受けられるのか、どのような検査なのか気になりますよね。今回は赤ちゃんのアレルギーについて解説します。

この記事の監修ドクター

おひさまこどもクリニック金髙太一先生 十条駅すぐ。小児科専門医。3児の父。感染症、アレルギーが得意です。HPも自信作です、ご覧下さい。 http://ohisamakodomo.com/

アレルギーって何?

509735780

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「アレルギー」とはよく聞く言葉ですが、実際のところどのようなメカニズムで発生するのかわからない、という人も多いはず。ここではアレルギーの原因や仕組みについてまとめました。

アレルギーの原因とは

人の身体の外には、ウイルスなどの病原体がいっぱい。人の身体には、その異物を体内の中に入れないようにする防御システムが備えられています。その身体に害を与える「異物」を排除しようとするシステムのことを「免疫」といいます。

免疫は通常は体にとって必要な反応です。しかし、アレルギー体質の人はその反応がうまくコントロールできず、異物でないものまで「異物」ととらえ、過剰な反応してしまうのです。そのアレルギーの原因となる異物のことを「アレルゲン」といいます。

アレルギー反応が皮膚に起こる場合は「アトピー性皮膚炎」や「じんましん」、鼻で起こると「アレルギー性鼻炎」に。「花粉症」は、スギ花粉やヒノキ花粉、ブタクサ花粉などがアレルゲンです。

赤ちゃんのアレルギー反応

480236272

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

アレルギー反応は、人間がもともと持っている免疫が過剰に反応したもの。この免疫力は生まれたばかりの赤ちゃんも備えているため、中にはアレルギーに悩まされる赤ちゃんもいるようです。赤ちゃんに見られるアレルギー反応とは、どのようなものでしょうか?

現れる症状や原因

生後2ヶ月以降の赤ちゃんに、赤みや強い湿疹が慢性的に続く場合、「乳児湿疹」「アトピー性皮膚炎」の可能性が考えられます。湿疹ができる場所は全身さまざまなところで、かゆみが強いためかきむしってしまい、悪化してしまうことも少なくありません。

「小児ぜんそく」は、アレルギー反応で気管支の内側の粘膜が腫れてしまう疾患です。気道が狭くなってしまうため呼吸がしづらく、呼吸の際にゼイゼイした音が出たり、咳がひどくなる場合も。そのほか、くしゃみや鼻水・鼻づまりなどの症状が出る「アレルギー性鼻炎」、目にかゆみ・充血が出る「アレルギー性結膜炎」、ある特定の食物に反応してしまう「食物アレルギー」などがあります。

赤ちゃんに多いのは食物アレルギー

アレルギーを発症する年齢ですが、赤ちゃんの時期は食物アレルギー、幼児期は小児ぜんそくが多いと言われています。いずれも成長とともに治ることもあります。

体調不良と見分ける方法は?

乳幼児のころは下痢をすることも多く、風邪をひいて鼻を詰まらせてしまうこともありますよね。時には皮膚の発疹も。そのような体調不良に対し「もしかしたらアレルギーでは?」と不安になるママもいることでしょう。見分ける方法はあるのでしょうか。

食物アレルギーの場合、食べてから症状が出るまでの時間により「即時型」「遅発型」に分かれます。「即時型」は食べてすぐに症状が出るタイプ。「遅発型」は特定の食べ物を食べ、数時間以上経ってから症状が悪化するときに疑われます。

風邪と間違えやすいぜんそくは、夜から朝にかけて調子が悪くなるのが特徴です。風邪では高い熱が出ることが多いですが、ぜんそくの場合は熱は出ず、出たとしても微熱程度です。数日間で咳が収まる風邪とは違い、ぜんそくでは咳が長期間続き、さらに息を吐くときに「ゼイゼイ」と音が出ます。

体調不良と見分けがつきづらいアレルギー症状ですが、「病院に行くほどでもないかも」と自己判断することは禁物。不確かな情報に飛びつき、民間療法もどきの処置を行うのも避けたいものです。

もしもアレルギー反応になったら

アレルギーのような症状が現れたら、どうしたらいいのでしょうか?皮膚の湿疹やかゆみ、咳やくしゃみ、鼻づまりや鼻水、目の充血などが続くと、赤ちゃんもつらいもの。まずは、アレルギー症状であるかどうか確認するため、医療機関を受診しましょう。

何科を受診したらいい?

ここで気になるのは、「何科を受診したらいいのか」ではないでしょうか。子どものかかりつけの内科クリニックでもいいのか、それとも専門のアレルギー科のほうがいいのか迷うママも多いかもしれませんね。

アレルギー検査は小児科のほか皮膚科、アレルギー科、耳鼻科で受けることができます。ただし、病院の規模によっては検査を行っていない場合もあるので、一度確認しておいたほうがいいかもしれません。かかりつけの小児科で定期健診を受けるときなどに、アレルギー検査について聞いてみてもいいでしょう。

病院に持参したらいいものは?

アレルギーの症状は、体調不良とよく似ているため、見分けづらいことも。そのため、症状が現れる前に何を食べていたのか、いつごろからどのような症状が出始めたなど記録したものを持参すると、医師も判断しやすくなります。市販のかゆみ止めやクリームなどを使用している場合、薬の名称を記録しておくほか、持参してもいいでしょう。

赤ちゃんのアレルギー検査とは?

510321748

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

アレルギー症状の治療は、まずアレルゲンを特定することから。そのためにアレルギー検査を受けることが必要となりますが、赤ちゃんにどのような検査をするのか気になるところですよね。赤ちゃんのアレルギー検査について解説します。

受けられる時期

アレルギー検査を受けられる年齢ですが、明確な基準は定められていません。そのため、低月齢からでも希望すれば受けることができます。ただし、この判断は医師によって異なります。まだ月齢も低く、それほど症状がひどくない場合は、様子を見てもう少し大きくなってからアレルギー検査をすすめられる場合もあるでしょう。採血のために針を刺したり、皮膚を引っかいたりと赤ちゃんによってストレスがかかる検査もあるため、よく医師と相談することが大切です。

検査の方法

よく行われるアレルギー検査は、「血液検査」「皮膚検査」「負荷試験」の3つです。

血液検査は、採血をしてアレルギーの原因を探る検査です。主に「好酸球の数」「IgE値」「特異的IgE」の項目がチェックされます。皮膚検査には、原因と思われるアレルギー物質を皮膚に付け、針で皮膚表面をつっつき、その後の反応を調べるプリックテストや、アレルギー物質を皮膚内に針で入れる皮内テスト、アレルギーテストを皮膚に張り付けるパッチテストがあります。

負荷試験は、原因と思われるアレルギー物質を摂取して、症状が出るか確認するというものです。食物除去は、負荷試験とは逆にアレルゲンの可能性がある食べ物を一定期間食べないという方法で、症状が軽減するかどうか様子を見ます。

さまざまな検査方法がありますが、子どもの年齢やアレルギー症状、医師の判断により検査方法は異なります。負荷試験の場合、アレルゲンを摂取するとアナフィラキシーなどの重篤な症状が出ることも。そのため、経験のある医師の指示のもと、行うことが大切となってきます。

アレルゲンを特定するために必要なこととはいえ、検査は赤ちゃんに多少の負担がかかります。検査を受ける際には医師とよく相談し、ママもしっかり納得した上で行うことも必要です。

アレルギーの予防や治療方法

538167266

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもがアレルギー症状になると子どもはもちろん、見ているママもつらいもの。できるだけ症状を出さないようにする方法はあるのでしょうか?また治療法としてはどのようなものがあるのか解説します。

アレルゲンと接触しない生活習慣を

アレルゲンが特定できた場合、それを避けて生活するのが基本的な治療法となります。食物アレルギーであった場合、「アレルゲンを含む食材を使わないような除去食にする」、ハウスダストやダニなどが原因であれば、「住まいの掃除や布団のメンテナンスをしっかりする」といった具合です。

母乳からもアレルゲンが出る?

まだ赤ちゃんが離乳食を摂取しておらず、母乳しか飲んでいないのにアレルギーが出た場合、母乳からアレルゲンが出ている可能性もあります。とはいえ、その量は微量でママの体調や体質、食べ物を食べた時間によって異なる上、子どもがどのくらいの量でアレルギー反応をおこしてしまうかによっても異なります。

多くの場合、ママまで除去食が必要になることはありません。過剰に「母乳のせいかも」と反応することはせず、医師の指示に従いましょう。

症状がおきたときは抗アレルギー剤を

アレルゲンと接触しない生活を心がけていても、間違ってアレルゲンとなる食物を摂取したり、触れてしまうこともあるでしょう。それによってアレルギー反応が起きてしまったときは、抗アレルギー薬などを服用して症状を抑えます。

経口免疫療法という方法も

食物アレルギーの治療法の中には、アレルギーの原因となる食物を少しずつ食べ、症状の有無や程度によって食べる量を段階的にふやしていくことでアレルギーを治すという経口免疫療法があります。専門医師の管理のもと、量を調整しながらアレルゲンの食べ物を食べさせて耐性をつける必要があります。

絶対に避けてほしいのは、ママの判断で子どもに少しずつアレルギーの原因となる食べ物を食べさせるということ。専門の医師が行っても必ずしもよい結果が出るとは限らない治療であることを、しっかり肝に銘じておきたいものです。

まとめ

アレルギーの症状や原因は人それぞれ。兄弟でアレルギー症状があっても、全く別のアレルゲンが原因であったということもあるようです。「上の子どもがそうだったから」「私(ママ)がアレルギー体質だったから」などと自己判断せず、まずは医師の診断を受けましょう。アレルゲンを特定できれば、赤ちゃんの症状も軽減できるはずです。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録