アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】RSウイルス感染症の検査方法は? 保険適応や検査後の治療について

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

子どものほとんどがかかるRSウイルス感染症は、感染力が高いため発症すると、保育園や幼稚園をお休みしなければなりません。感染の可能性がある場合は病院で医師の診察・検査を受けましょう。ここでは、病院で行われるRSウイルスの感染の検査方法を紹介します。

この記事の監修ドクター

わだ小児科クリニック和田直樹先生 これまで30年余りの病院小児科での経験をいかしてお子様の健康と病気全般を扱うクリニックにしてまいりたいと思っています。また背の低い子供の診療も積極的に取り組んでいきたいと思っています。 わかりやすい説明をモットーに子供たちの頼れるかかりつけ医をめざしています。日々お母さんたちが抱いている疑問や悩みについても気軽にご相談ください。 http://www.wadaclinic.com/

RSウイルス感染症ってどんな病気?

528290460

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どものほとんどがかかる「RSウイルス感染症」

RSウイルスとは風邪の原因となるウイルスのひとつ。ほとんどの子どもは2歳までに感染します。RSウイルス感染症は毎年冬になると流行する病気となっています。

RSウイルス感染症の主な症状

2~8日の潜伏期間後、鼻水、鼻づまり、発熱などの症状が現れます。多くの場合は風邪のような症状ですが、重症化すると気管支や肺にもウイルスが広がり、呼吸困難を起こすことがあります。

注意したいのが初感染時で、生後数ヶ月以内の乳幼児の感染は、症状が重くなることがあります。気管支や肺にまでウイルスが及ぶと、ゼイゼイ、ヒューヒューという喘鳴が起こり、ときには呼吸困難を起こします。

年齢が上がるほど症状は軽いことが多く、何度も再感染を繰り返し、免疫力が強くなって重症化するリスクが減っていきます。

RSウイルスはどのように感染する?

感染経路は飛沫感染や接触感染です。感染している子どもの鼻水や唾液がおもちゃにつき、そのおもちゃをさわることで感染します。咳やくしゃみなどに含まれるウイルスが空気中に飛び散り、それを吸い込むことでも感染します。

小さな子どもは指しゃぶりや、おもちゃを口に入れやすく、ドアノブ、食器、手すりなど周りのものを介してウイルスが体内に入りやすいです。

RSウイルス感染症の流行時期

毎年11月から1月の冬季に流行します。

1歳未満のRSウイルス感染症は重症化することも

初めてかかった場合は、25~40%の割合で、細気管支炎や肺炎の兆候があります。小さい子どもほど重症化しやすく、生後6ヶ月までは注意が必要です。乳幼児で初めて感染した場合では、肺炎や脳症などを合併する可能性があります。

重症化し入院する割合は約1%です。もともと呼吸器疾患を抱えている子ども、2~6ヶ月以内の子ども、先天性心疾患を持つ子どもは注意が必要です。

RSウイルスの病院での検査方法

619749594

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

簡易検査と血液検査

RSウイルスに感染しているか調べる検査には、簡易検査と血液検査があります。現在主流となっているのが簡易検査で、鼻汁にウイルスが含まれているか調べます。簡易検査は簡単にできて10分ほどで検査結果もわかるため、多くの病院で取り入れられています。

簡易検査で陽性反応が出た場合、必要であれば血液検査や胸部レントゲンなどが行われます。血液検査は詳しい状態を調べることはできますが、検査結果が出るのに2~3日ほど時間が必要です。

簡易検査キットの一致率は、陽性が94.4%、陰性が100%で精度が高いものです。全体では97.2%の割合で、RSウイルス感染がわかります。

RSウイルス感染症検査費用の保険適応について

RSウイルス検査は保険が適応されておらず、検査をする場合は自費になります。検査1回の自己負担額は数千円で、検査を受けるかは保護者の方が自由に決めることができます。検査を受ける方は、症状の原因が明らかになり、安心できることから選択しているようです。

1歳未満の乳児の場合、入院中の患者、パリビズマブ製剤の適用となる患者に対しては、2011年10月17日より保険が適用になっています。また病院によっても異なりますが、小児科では3歳以下はすべて包括医療制度で、実質無料で検査ができるところもあるようです。

RSウイルス感染症の治療

183987017

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

RSウイルス感染症の治療は対症療法が中心

現段階でRSウイルスに効くワクチンはありません。そのため完全に防ぐことはできず、発症した場合は対症療法がメインとなります。熱が出たら氷水などで冷やし、十分な睡眠で様子をみます。症状が軽い場合は、通常の風邪の対症療法と同様で、安静にしながら消化のよいものを食べさせ休ませてください。

RSウイルス感染症治療に使われる薬

熱が高い場合はカロナールなどの解熱剤を用い、ゼイゼイ、ヒューヒューと喘鳴をともなう場合は去痰剤や気管支拡張剤を使います。発熱で脱水気味になると痰を出しにくくなるため、十分な水分補給が必要です。

ほかにも細菌感染の可能性がある場合は抗生物質を服用し、喘息を起こしやすくなっているときは予防薬を使用することもあります。長期的に気管支に炎症が続くと乳幼児喘息を起こしやすいため、症状に合わせてSCG、ロイコトリエン受容体拮抗薬も使います。

子どもがRSウイルス感染症にかかったら

98472190

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

保育園・幼稚園に報告

園では集団感染を予防するための措置をしているため、RSウイルス感染症にかかったら園に知らせる必要があります。保育所では、流行時期を把握するため、保育所全体の感染症のデータをとっているのです。

保育園・幼稚園はいつから登園できる?

RSウイルス感染症は、体内に入ってから2~8日くらいが潜伏期間で、1~2週間くらいで症状が治まっていきます。症状が軽くなっていても7~21日間は感染力はあるため、医師の診察を受けて許可を得てから登園しましょう。

家庭内感染にも注意する

RSウイルスは感染力が高く、家族1人がかかるとほかの家族にもうつる可能性があります。周りに広めてしまわないためにも、マスクの着用や手洗いうがいを徹底し、手指を消毒しましょう。感染者が家族内にいる場合は密接な接触は避けて、ドアノブや手すり、おもちゃなどを消毒エタノールなどで拭き取ることをおすすめします。

まとめ

RSウイルス感染症は子どものほとんどが感染経験を持ち、大人も感染することがあります。乳幼児や持病を持っている子どもは重症化しやすいため、疑われる症状があれば検査を受けてみましょう。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年5月25日


0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録