ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】そばアレルギーは子どもにもある? アレルギー症状や対策まとめ

目次

日本の伝統食で、食物繊維やビタミン類も豊富に含む「そば」。でも、中にはおそばを食べることができないそばアレルギーの人がいます。大人ではよく聞くそばアレルギーですが、子どもにもあるのでしょうか?今回は「そばアレルギー」についてまとめました。

この記事の監修ドクター

おひさまこどもクリニック金髙太一先生 十条駅すぐ。小児科専門医。3児の父。感染症、アレルギーが得意です。HPも自信作です、ご覧下さい。 http://ohisamakodomo.com/

アレルギーって何?

612387496

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「花粉アレルギー」「金属アレルギー」など、アレルギーという言葉はよく耳にしますよね。でも実際、どういった仕組みで発症するのかわからないという人も多いのではないでしょうか。ここではアレルギーの原因について解説します。

アレルギーの原因とは

「アレルギー」をひとことで説明すると、「免疫システムのエラー」。免疫とは、細菌やウイルスなどの異物が体内に入ってきたときに「抗体」を作り、異物を撃退しようとするシステムのことです。身体に害をもたらす異物から身体を守るために、免疫は体にとってとても重要な反応と言えます。

アレルギーとは異物でないものまで「異物」ととらえて、過剰な反応をしてしまうことです。花粉やダニ、ハウスダスト、食物、薬物など、異物ととらえてしまう物質はさまざまです。そのアレルギーの原因となる物質を「アレルゲン」と言います。

アレルギーを引き起こす原因もさまざまで、症状にも個人差があります。皮膚に起こる場合は「アトピー性皮膚炎」や「じんましん」になり、鼻で起こると「アレルギー性鼻炎」になります。「スギ花粉症」は、春先に飛散するスギ花粉がアレルゲンです。

食物アレルギーとは

食物は私たちの体内で消化・吸収され、エネルギーとなります。生命活動を維持するために欠かせない食べ物は、通常、異物として認識しないようにする仕組みが働いています。しかし、免疫反応の仕組みに問題がおきたり、消化や吸収機能が未熟であった場合、食べ物を「異物」として認識してしまうことがあるのです。これを「食物アレルギー」と言います。

食物アレルギーのアレルゲンはさまざま。特に乳幼児に多いものは「卵アレルギー」です。そのほか、牛乳、小麦、サバ、イカなどの魚介類、バナナやキウイフルーツなどのフルーツ、大豆、ピーナッツなどがあります。中には、反応してしまうアレルゲンは1種類だけではなく、複数ある人もいます。

そばアレルギーとは?

627288438

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ソバの実を挽いたそば粉は、そばとして食べるだけでなく、そばがきやそばぼうろ、そば饅頭、そばクレープなどさまざまな料理に使われます。その蕎麦粉に含まれる「そばアレルゲン」というたんぱく質が原因でおこるアレルギーを「そばアレルギー」と言います。

そばアレルギーの症状

食物アレルギーは、食物を摂取してから15分〜2時間以内に症状が出る「即時型」、6〜8時間後に症状が出る「遅発型」、1〜2日後に症状が出る「遅延型」に分けられます。

そばアレルギーは、食べて数時間で症状が出やすいのが特徴。症状は、皮膚の発疹、かゆみ、じんましん、顔面紅潮、唇の腫れやただれ、下痢や嘔吐、腹痛、のどの奥のかゆみやイガイガなどです。咳が出たり、ぜんそくのように呼吸器からゼイゼイ音が出ることも。ひどくなると、呼吸困難になることもあります。

そばアレルギーは子どももなる?

厚生労働省食物アレルギー研究班の報告によると、即時型アレルギーを引き起こす食品としては、0〜2歳では卵、牛乳・乳製品、小麦で約75%。3歳以上になると、その3つに加えて魚卵、そばが原因となります。

卵や牛乳、小麦アレルギーは乳幼児期に多く見られますが、成長とともに食べられるようになり、大人になるにつれ減少することが多くなります。一方、そばは年齢の低い子どもだけでなく、すべての年齢層においてアレルギーがあるのが特徴です。

アナフィラキシーショックになることも

「アナフィラキシー」は、発症後、極めて短い時間のうちに全身にアレルギー症状が出る反応のこと。皮膚だけでなく、粘膜、呼吸器、循環器などに現れます。アナフィラキシーによって、血圧低下や意識障害などを引き起こされ、命の危険にさらされる状態を「アナフィラキシーショック」と言います。

そばアレルギーは、食物アレルギーの中でもアナフィラキシーショックを引き起こす頻度は高めとされています。ほんの微量でも、重篤な状態になる可能性があるため、子どもがもしそばアレルギーと診断された場合は、そばに関しては細心の注意が必要と言えます。

そばアレルギーの検査方法は?

536907305

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

微量でも、場合によっては命の危険にもさらされることがあるというそばアレルギー。子どもがそのような状態にならないためにも、事前にアレルギー検査をしておくと安心ですね。そばアレルギーの検査方法とは、どんなものがあるのでしょうか。

どのような試験を行う?

そばアレルギーの検査は、他の食物アレルギーの検査と同様、主に血液検査です。小児科や皮膚科、アレルギー科で受けることができます。血液を採取し、「ソバ特異的IgE」が陽性であれば、そばアレルギーの可能性が高くなります。

検査を行っていない病院もあるので、一度確認しておいたほうがいいかもしれません。かかりつけの小児科などで、あらかじめアレルギー検査ができるかどうか、聞いておくといいですね。

検査を受けられる年齢ですが、明確な基準は定められていません。低月齢からでも希望すれば受けることができますが、医師によって異なるので事前に確認しておきましょう。

そばアレルギーの対策方法

618444546

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

アレルギー検査で「そばアレルギー」であることがわかったら、どういった対策をとればいいのでしょうか?気をつけておきたいポイントをまとめました。

そばが含まれる食品を避ける

まず大事なのは、そばが含まれる食品を子どもに食べさせないこと。親や家族はそばアレルギーではないとしても、アレルギーを持つ子ども本人は少しの量でもアレルギー反応を起こしてしまいます。アレルギーを持つ本人だけでなく、家族が協力してアレルギーに立ち向かっていくよう意識を高めていきましょう。

子どもが間違って口にしないように、そばの保管には細心の注意を払うことが必要です。麺料理だけでなく、そば粉を使用したクッキー、かりんとう、パンケーキ、ベーグル、まんじゅうなども要注意。そばの花から採取した蜂蜜でもアレルギー症状がでます。食べる前には、パッケージなどの原材料の欄をしっかりとチェックすることを心がけましょう。

そばを直接口にしなくても、アレルギー症状になることもあります。そばの茹で汁の中には、アレルゲンとなるタンパク質が残っているため、そばを茹でたあとの湯でうどんやそうめんなどを茹でて食べると、アレルギーを発症してしまいます。また、そばを茹でた鍋の洗浄が不十分だと、その後、その鍋で調理をした料理を食べてアレルギー反応をおきてしまうこともあるのです。

さらにそばの茹で汁から発生する湯気の中にも、そばのタンパク質が含まれています。蒸気に近づいただけでも皮膚がかゆくなったり、粘膜が腫れてしまうことも。中には、そば店の近くを通っただけで、アレルギー症状をおこすこともあります。そば店の中で浮遊していたそば粉が、微量とはいえ店の外に出たためと考えられます。

外食時にも注意

飲食店を利用する際、気を付けたいのが「胡椒(こしょう)」です。胡椒の中には、かさましをするために蕎麦粉が入っているものがあるためです。食べる前には容器のラベルを確認するほか、料理を注文するときも念のため、胡椒を入れないようお願いしておくといいでしょう。自分自身はそばを食べないようにしていても、気づかずに体内に入ってしまうという危険があります。

そば殻枕で発症するケースも

通気性がよく、蒸れにくいということから、そば殻を使用した枕は根強い人気があります。しかし、そばは、実だけでなく、殻にも除去できないタンパク質が残っているため、そば殻枕でもアレルギー反応が出ます。睡眠中は、枕に口や鼻を近づけることもあるため、鼻や口からアレルゲンを吸引してしまうのです。旅行などで旅館に泊まる予定があるときは、寝具の枕にそば殻を使用していないかを確認しましょう。

家を離れ、かかりつけの医療機関から遠い場所で重篤なアレルギー反応が出たら大変です。旅行だけでなく、他の家に泊まりに行くときなども、そば殻枕ではないことを事前に確認しておきたいものですね。

そばアレルギーの治療方法

596056058

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

一度そばアレルギーになったら、そばを食べることは難しいと言われています。もしもそばアレルギーになったら、どのような治療法があるのでしょうか?

有効な治療方法はないのが実情

現在のところ、残念ながらそばアレルギーに対しての有効な治療法はないとされています。卵アレルギーなどは、経口免疫療法などを経て食べることが可能になる場合がありますが、そばアレルギーは微量でもアレルギー症状を発症し、重篤な状態になる可能性があるため、少しずつ摂取して体を慣らしていくという方法が取られることはありません。

気をつけていても、もしもそばアレルギーのような症状が出たら、すぐに専門の医療機関を受診しましょう。その際は「症状が出る前にどのようなものを食べていたか」、「症状が出たときの周囲の環境」などをすぐに医師に伝えられるよう、メモなどに控えておくといいでしょう。

まとめ

細心の注意を払う必要があるそばアレルギー。でも、ママや家族がアレルギーを理解し、適切な対応をとっていれば、必要以上に心配することはありません。食品の原材料チェックなど、最初は面倒かもしれませんが、そのうち習慣化できることでしょう。家族で子どものアレルギーに向き合っていきたいですね。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録