ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】<年齢別>子どもの歯ぎしりの原因と対処法

目次

子どもが歯ぎしりをすることは珍しくありません。しかし、歯科医に相談すべきケースもあります。今回は、子どもの年齢・月齢に合わせた歯ぎしりの原因や対処法をご紹介します。

乳幼児の歯ぎしり

593341572

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

■乳幼児の歯ぎしりは「生理現象」 子どもは、発育の途中で一時的に歯ぎしりをよくするようになるときがあります。パパ・ママとしては「せっかく生えた歯が削れてしまうのではないか…」と心配になるかもしれませんが、生理現象としてよく見られることなので心配いりません。

乳歯は柔らかく、歯ぎしりによってかなりすり減ってしまうこともありますが、顎関節なども柔軟なのでそれほど悪い影響も与えません。それに、乳歯が削れてもすぐに永久歯が生えてきますから、その意味でもあまり心配すぎる必要はないでしょう。成長に伴って歯ぎしりもなくなってくることが多いので、当分は見守ってあげてください。ですが、あまりに長期の歯ぎしりをするようでしたら一度歯科医院に相談してみてもいいでしょう。

■乳歯の生え始めの頃 0歳〜1歳の頃は乳歯の生え始めの頃で、その違和感や不思議な感覚が気になって歯ぎしりをしてしまうと考えられます。ただし、この歯ぎしりには、あごの骨を強化したり、噛み合わせやあごの位置を調整ものとしても意味があるので、やめさせる必要はありません。

■奥歯が生え始める頃 2~3歳になると、乳歯の奥歯である「乳臼歯」(にゅうきゅうし)が生えます。それによる口の中の違和感などから歯ぎしりをしてしまうと考えられます。

6歳くらいまでの歯ぎしり

169686132

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

■永久歯の生え代わり時期なので、基本的には問題ない 6歳くらいまでは乳歯が抜けて永久歯が生えてくる時期です。だいたい4歳くらいから、永久歯への生え変わりが始まります。歯の生え変わりの時期には、口の中の違和感がどうしても気になってしまい、歯ぎしりも起こりやすくなります。これぐらいの年齢になるとある程度会話もできるようになっているので「歯ぎしりしちゃダメよ」などと、思わず注意してしまうママもいるかと思います。

しかし、歯ぎしりをすることで、永久歯が生えるスペースを確保したり、噛み合わせの調整にもなっているので、基本的には心配ありません。一方で、最近の子どもたちは、食生活の変化から軟らかい食事が中心で、顎の発達が悪くなりがちです。細い顎に対し歯の大きさは変わらないのでバランスがとれず、歯並びが悪くなり歯列不正の子が多くみられます。早めに矯正治療を始めた方がいい場合もあるので歯並びが気になるようでしたら歯科医にご相談ください。

■ただし「ストレスによる歯ぎしり」には注意 子どもの歯ぎしりの多くは、成長過程のものなので心配はいりません。一方で、精神的なストレスが要因の歯ぎしりもあり、これについては気をつける必要があります。チック、過敏性腸炎など、すでに子どもに心身症の疑いがある症状が出ている場合などは、1度小児心療内科などに相談してみましょう。

小学生の歯ぎしり

97182598

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

■10歳までは歯ぎしりをする子も多い 乳歯は、だいたい6歳くらいから、長い期間をかけて永久歯への生え変わっていきます。個人差はありますが、すべて生え代わるまで6年前後はかかります。すべて生え変わるまでの乳歯と永久歯が混合して生えている時期を「混合歯列期」といいます。先ほどご説明したように、この時期の歯ぎしりは基本的には問題ないと考えられます。特に、10歳以下の場合、歯ぎしりする子どもが30〜40%はいると指摘する専門家もいます。

■注意すべきは「生え変わり完了後の歯ぎしり」 永久歯が生え揃ったのにかかわらず、歯ぎしりが続く場合は注意が必要です。歯がすり減ることはもちろん、歯の神経や顎の関節にも悪い影響が及ぶ可能性があります。特に子どもに聞いて「あごが痛い」と言う場合や、かみ合わせが悪い子、歯並びが悪い子については、歯科医に相談してください。

中学生〜高校生の歯ぎしり

629585568

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

■思春期ならではのストレス 中学生から高校生にかけては、思春期のまっただ中です。二次性徴に伴い、体や心が大きく変化することで、気持ちが不安定になっています。自分の見た目や異性関係で悩む子どもも増えます。それに加えて、受験や進路など、将来を決める大きなイベントも訪れますので、心配事や悩みも増えていきます。このように、中学生から高校生にかけては、自然と大きなストレスがかかりやすい状態です。このようなストレスによって、歯ぎしりや歯の食いしばりが現れることがあります。

■ストレスと歯ぎしりの悪循環に注意 歯ぎしりや食いしばりが続くと、歯を支える骨や筋肉の発育に影響が生じ、噛み合わせのバランスが悪くなる可能性が出てきます。これもストレスのひとつとなり、無意識に歯ぎしりや食いしばりが生じる…という悪循環に陥るケースもあります。

■中学生〜高校生の歯ぎしりの対策 思春期以前の子どもたちとは異なり、早めに歯科を受診し、対策や治療を始めた方が良いでしょう。治療には口に合わせたマウスピースを作って睡眠時や日中に装着するなどの方法があります。対症療法としてカバーやマウスピースの使用が検討されるほか、歯並びの状態などによっては歯列矯正をすすめられる場合もあります。また、可能な限り子どもにかかるストレスを軽減したり、ストレスの原因を取り除くことも重要な対策となります。

歯ぎしりを悪化させる意外な原因

452659449

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

りんご、みかん、炭酸飲料といった酸性食品の過剰摂取は、歯を溶かす原因となります。酸性食品をよく食べたり飲んだりするうえ歯ぎしりをしていると歯へのダメージが倍増すると考えられます。このような事例は日本小児歯科学会のホームページ(*)でも取り上げられていますのでご注意ください。

(*「子どもたちの口と歯の質問箱>3歳ごろから就学前まで」日本小児歯科学会 http://www.jspd.or.jp/contents/main/faq/faq03.html#faq_b0305)

まとめ

子どもの歯ぎしりを心配するパパ・ママは多いようです。しかし、子どもの歯ぎしりは一括りにはできず、注意すべきかどうかは年齢によって異なります。永久歯への生え変わり時期である10歳くらいまでは、歯ぎしりをしている子も多く、心配しすぎる必要は無いという歯科医もいます。永久歯の生え変わりがおおよそ完了し、思春期に突入した子どもの歯ぎしりについては、早めに歯科へ連れて行った方が良いでしょう。もちろん、あごの痛みや、歯の過度のすり減りなど、何か心配なことがある場合には、年齢に関係なく1度小児歯科を受診して相談しましょう。特に、小さな子どもの歯の管理は、パパ・ママにかかっていますから、定期的に子どもの歯をチェックしてあげましょう。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録