アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

オバ見えする理由はコレ!40代の老けメイクはすべて「××すぎる」が原因だった…

目次

 

40代のオバ見えメイクのほとんどは「××すぎる」に、原因があることも少なくありません。

「メイクをした顔が、スッピンより老けて見える気がする」

「40代になってから、メイクしているのに『疲れてる?』と聞かれる日が増えた」

そんなお心当たりがあるならば、メイクの手法が“老け見え”に陥っているのかも。

40代になったら、手間をかけた分、いえ、ホンネではその何倍もの“みずみずしさ”や“若見え”を狙えれば、ベターです。

「私のメイクも、もしかするとオバ見え路線……?」と一抹の不安がよぎった40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、オバ見えメイクの40代女性にありがちながら意外と盲点になりがちなポイントにまつわるお話です。

 

40代のオバ見えを加速させる「××すぎるメイク」1:長すぎる

疲れ顔、やつれ顔、年齢を感じさせる古臭さなどがあると、メイクは途端に「オバ見え路線」に偏りがちです。

そして「あの人、なんだか年齢よりも落ち着いてるよね」と言われる女性、つまり老けて見られる40代女性のメイクにありがちな共通点として、アイラインや眉などの“ライン”を描くパーツが長すぎるケースもよくお見かけします。

顔の造作に関係なく、長めのラインは間延びした印象や古臭い仕上げを連想させやすく、それだけで「おばさんっぽい!」を招く要因にも。

一般的には、顔の印象が縦横に広がると落ち着いた印象に、顔の造作が中央寄りにまとまると、若く見えやすいとも言われます。

こちらの記事『若見えの極意ココにあり⁉︎ 「気づけばおばさん」を回避する目周りのちょこっとメイクテク3選』でもご紹介した、長すぎる上下アイラインや眉毛は、オバ見えを加速させる代表的な要素でもありますので、ご注意を。

ちなみに、“まつ毛”もしかりで、マツエク派にありがちな長いまつ毛は、40代ともなると目もとが下がったように見えやすいだけでなく、妖艶すぎるまなざしのワケあり臭による老け見えを招くことも! どんなパーツも「長ければいい」というものではないわけです。

 

40代のオバ見えを加速させる「××すぎるメイク」2:濃すぎる

アイシャドウやアイブロウ、チークなど、メイクアップの発色が「濃すぎる」と感じさせるメイクも、オバ見えを加速させる代表格。

それぞれの色の主張が強すぎると「40代」という年代特有の雰囲気と相まって「若づくりしすぎ」「ケバい」などのネガティブなイメージも増しやすい傾向にあります。

“濃すぎるメイク”が引き起こす代表的な印象には「無理しちゃって、痛々しい……」が挙げられ、実際には薄づきでも、発色が強いメイクアップコスメは危険度も高めに。

オバ見え代表格では「濃すぎるチーク」「濃すぎるアイシャドウ」「濃すぎる眉」などがあり、十分な採光のない空間でメイクしたときほど、想定外に濃い仕上げになりがちな面も見受けられます。

オバ見え回避には、明るい部屋でのメイクが鉄則です。

40代のオバ見えを加速させる「××すぎるメイク」3:薄すぎる

濃すぎるのもNGなら、薄すぎるのもNGなのが、40代メイクの難しいところ。

“くすみ”やシミなどのお肌のアラが出てきやすい年代だけに、カバーすべき箇所を怠ってしまうと、それだけでオバ見えを招いてしまうのも否めません。

薄すぎるとデンジャラスなパーツの代表格としては、お肌と唇が挙げられ、これらに“スッピン感”が残ってしまうと、生活感を感じさせるデメリットも。

ナチュラル肌を追いすぎて色ムラやシミ、くすみをフォローしきれていないベースメイクや、薄づきの口紅、あるいはメイク直しを怠って顔色が悪く見えている口もとは、老け見えを加速させる代表格です。

時間がないシーンでのメイク直しほど、つい色モノから手に取りたくなりますが、40代になったらまずは「隠すべき箇所は、何度も丁寧に隠す」が鉄則。そのうえで、色モノを適度に加えていくと、痛々しいメイクを防ぎやすくなります。

 

40代のメイクでは「足し算」と「引き算」のパーツを分けて考えると、オバ見えを回避しやすくなるコツにもつながります。

20、30代のころとはお肌の見た目も質感も異なるだけに、若いころに「ただ塗るだけ」でメイクを済ませていた女性ほど、40代になるとメイクと年齢とのアンバランスさによる老け見えにも陥りがち。

「私のメイクのなにをどうすれば、若々しくなるのか……」と思っていたみなさまの参考になれば幸いです。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録