アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

爽やかな清楚感はこう作る!40代のオバ見え回避メイク…3つの「避けるべし」なこと

目次

春の気配がしてくると、これまでよりもメイク熱がアガる40代女性も、少なくないのではないでしょうか。

ところが40代では「気合いを入れるほどに空回りして、結果、オバサンくさくなる」なワナもありがちですから、どんなメイクを楽しむにせよ、オバ見え回避は常に念頭に置いておきたいところ。

手をかけていても、そうは見せず、むしろ爽やかな清楚感が出る仕上がりを狙えれば、それに越したことはありません。

「メイクをすると、いつも老けた感じに仕上がる」に多少でもお心当たりのある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、爽やかな清楚感をつくるのに欠かせない、40代のメイクの3大鉄則をお話します。

 

「うっかりオバサン」回避には欠かせない40代メイクの鉄則1:どんなパーツにおいても“白っぽい”は常に避けるべし

ベースメイクやアイシャドウ、リップメイクなどいかなるパーツにおいても「白っぽい仕上がり」は、即座にオバ見せを招きがちなうえに、妙な気合いが入っているように見えやすく、痛々しさをも醸し出しがち。

さらには、今の40代は、かなり昔に大流行した“ガン黒コギャルメイク”のガチンコ世代にもマッチするだけに、昔のメイクをそのまま引きずっているかのような古臭さすらも彷彿とさせる絶対的NGだと思います。

また、くすみや色むらが出始める40代の肌に“白”が入ると、そこだけが悪目立ちし、不自然なメイクにも見えやすくなります。

ダイレクトに白のアイテムを使っているわけではなくとも、パール感やコスメの質感などにより「白っぽい」に見えるものもあるため、慎重にチェックを。

 

 

「うっかりオバサン」回避には欠かせない40代メイクの鉄則2:アイシャドウはアイホールより広げるべからず

どんな色のアイシャドウを塗るにせよ、アイホールよりも広めにメイクをしてしまうと、ケバめメイクの印象からオバ見えを誘いがちです。

アイシャドウは、アイホールよりも広めに塗ったほうがデカ目効果は狙いやすいものの、40代ともなると、むしろそのデカ目効果のために「若づくりしてる」「痛々しい」などのネガティブなイメージを引き寄せてしまうこともあります。

爽やかな清楚感を意識したメイクに仕上げるならば、アイホールよりも広めなアイシャドウは、何色であってもご法度。

「でも、くすみや目のくぼみをなんとかしたい」という場合には、アイシャドウでごまかすのではなく、コンシーラーまたは下地のような役割を果たせるベージュ系の極めて薄づきのシャドウでフォローするのが確実です。

 

絶対にやめるべし!不自然な○○、次ページ

「うっかりオバサン」回避には欠かせない40代メイクの鉄則3:“不自然な角度の眉”だけは絶対にやめるべし

眉のトレンドは、そのときによって変化をするものの、どんなトレンドがあったとしても「不自然な角度」の眉だけは、絶対に避けるのが清楚な40代メイクにおける鉄則。

眉に不自然に手をかけている様子が垣間見えただけで、生活感や無理している雰囲気が強まり、ざんねんなイメージも加速します。

眉の中央が妙に直線、眉尻に極端なカーブが入っている……などは、40代がやりがちながらも、即座にメイクが下手なオバサンっぽさを感じさせる典型です。

40代ともなると、自眉が薄くなったり予期せぬ生えグセが出てきたりして、眉を整えるのに若いころとは異なる苦労もありがちですが、常に“自眉を活かしたライン”を心がけたほうが、爽やかなメイクに仕上がるのは間違いありません。

 

メイクをすると、スッピンのときよりもケバケバしくなったり毒々しくなったりすると感じている場合、ちょっとしたパーツの仕上げを変えるだけでも、格段に清潔感がアップします。

今回ご紹介した「べからず」「避けるべし」は、どんなメイクの流行がきたとしても、40代が毒々しさを出さないためには基本のセオリーだと思います。

抜け感のあるメイクトレンドが継続中の今、「爽やかな清楚感」をメイクで演出したい40代女性のみなさまは、ぜひ参考にしてくださると幸いです。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録