ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】妊娠中の適正体重って? 増加の目安とNG行動

目次

近年の女性たちは太りたくない人が増えているため、妊娠中も適正な体重増加より低い場合もあるようです。妊娠中は血液や胎盤、赤ちゃんなどにより体重が増えるのは当たり前で、必要以上に体重制限をするのはよくありません。その理由を紹介します。

この記事の監修ドクター

むさしのレディースクリニック院長大田昌治先生 武蔵境駅北口より徒歩2分の助産師がいる産科・婦人科クリニックです。 いつも患者様に寄り添っていける産婦人科のかかりつけ医でありたいと思っています。女性のトータルライフをサポートしていきます。 http://musashino-ladies.jp

妊娠中の体重増加目安

175232065

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

体重増加の目安は、BMIから調べることができます。平均して9~12kgの増加までとされています。

妊娠中の体重増加は当然の事

お腹の中で赤ちゃんが成長するために、お母さんの体内のいろいろな組織が増えます。そのため妊娠中に体重が増加するのは当たり前のことなのです。単に母体の皮下脂肪が増えたということではありません。

妊娠全期間で、赤ちゃんは約3kgあります。胎盤は500~700g、羊水は約850g、血液の増加は約1kgです。これらを足すと、妊娠に最低限必要となる体重の増加は、7~8kgとなるため、これ以下だと赤ちゃんの成長にも支障が出ると考えておきましょう。

どの程度増えるのか

専門機関が推奨する妊娠中の適切な体重増加の目安は、機関によって多少見解が異なるようです。厚生労働省が発表したデータによると、BMI18.5以下のやせ型は9~12kg、BMI18.5~25の普通体系は7~12kg、BMI25以上の肥満は個別対応としています。

一方で米国での基準値はさらに細かく分類し、BMI18.5以下は12.7~18.1kg、BMI18.5~25は11.3~15.9kg、BMI25~30は6.8~11.3kg、BMI30は5~9.1kgです。米国では肥満の割合が高い人がいることや、もともとの食生活などを考慮した数値なのでしょう。

適正な体重増加目安

日本産科婦人科学会による適正体重の見解は、妊娠高血圧症候群を予防する目的のためです。BMI18以下のやせ型の方は10~12kg、BMI18~24の普通体系の方は7~10kg、BMI24以上の肥満の方は5~7kgにとどめるべきだとしています。

体重の管理は妊娠全期間中においてやらなければならず、1週間内でも増加の目安は500g未満です。もし1週間で500g以上体重が増えることあれば、翌週で食事や運動で調節しながら、体重増加を食い止めると調節しやすくなります。

また、小食で体重が増えない方は、カロリーや食べる量を調節するというより、食事の栄養の高さに気を付けましょう。

過度なダイエットはNG

474671873

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠中は体重の増えすぎに注意が必要といっても、体重増加が少ないのも問題のため、過度なダイエットは禁物です。

妊娠で体重が増加し戸惑う方も多い

妊娠中には標準体重の方で7~12kgの増加が必要で、やせ型の人は9~12kgの増加が求められます。日本の食事摂取基準から、標準体型の女性が3kgの赤ちゃんを出産するには、11kg必要だとされているのです。

この知識がないと、妊娠中に体重が増え続けるのに不安を感じ、食べる量を制限してしまう方もいます。もともとやせ型の人は、普通体系の人とくらべ、妊娠中に体重増加が求められ、全期間中で12kgまでの増加なら問題ないとされているのです。

ダイエットのしすぎは母体にも胎児にも悪影響

もともとやせている女性の妊娠の場合は、低出生体重児、赤ちゃんの発育が悪い、切迫早産や早産、貧血などのリスクが高まります。また、妊娠中に体重増加が著しく少ない場合も同様のリスクが伴います。

低体重の赤ちゃんは、出生後免疫力が弱く、からだの機能も未発達な場合が少なくありません。将来の生活習慣病リスクも指摘されています。

また、産後の体調にも変化が出やすくなります。母体の脂肪量が少ないと、母乳の脂肪濃度にも影響が出るのです。

軽度な運動で適正体重を維持する

激しい運動は悪影響ですが、逆に軽度の運動は適性な体重を維持するためにも良いとされています。一番手軽にできるのがウォーキングでしょう。10分程度でも良いので、家の周りを散歩してみるのがおすすめです。無理のない範囲でやれば、毎日続けられるはずです。

体重の増加のしすぎにも注意

459047615

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠中は体重が増えるのが当たり前だと油断していると、体重が増えすぎるリスクがあります。やせすぎと同じように太りすぎも問題が発生します。

太りすぎにも要注意

体重が増えすぎると、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病のリスクがあります。高血圧、または高血圧を伴うタンパク尿がみられると、赤ちゃんの発育に影響が出るのです。妊娠中に血糖値が高くなると、巨大児のリスクがあります。また、流産や死亡にもつながるため、体重は増えすぎないように注意しましょう。

妊娠中に体重が増加した場合は、激しい運動によるダイエットは避けてください。運動はマタニティヨガや水泳、ウォーキングが適しています。食事の管理は1日3食を食べながら摂取カロリーを制限し、栄養はしっかりとることが大切です。

とにかくストレスをためない

妊娠中の体重増加の原因で一番多いのが、食べつわりやストレスの影響です。慣れない妊婦生活や、里帰り出産のため家事をしなければ、思わぬところにストレスがたまっているものです。家事をしなければ当然消費カロリーも多くなり、ストレスを紛らわすためについつい甘いものに手が伸びがちです。

仕事を辞めた方も、家にいる時間が長くなり、ストレスが発散できない人は多くいます。食べ過ぎてしまう方は、ナッツ類や果物で満足感を高める方法や、食事を1日5回にわけて予防する方法も活用してみてください。

まとめ

現代女性は昔に比べてやせ願望があるため、妊娠中も体重を増やしたくないと考える方は多いようです。妊娠中の体重増加は、赤ちゃんをお腹の中で育てるために必要で、最低限の増加がないと問題が出てきます。もう一度適正体重をチェックしておきましょう。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録