アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】子どものインフルエンザの対処法・予防法

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

インフルエンザは毎年冬になると流行する感染症ですが、免疫力の低い小さな子どもがかかると重症化しやすいので注意が必要です。そこで今回は、どんな症状があったときにインフルエンザの疑いがあるかや、インフルエンザになったときのホームケア、予防法などをご紹介していきます。

この記事の監修ドクター

木村聡子先生 日本耳鼻咽喉科学会専門医、医学博士。女医+(じょいぷらす)所属。

子どものインフルエンザについて

639527792

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

インフルエンザとは

インフルエンザは、強い感染力を持つインフルエンザウイルスが鼻やのどの粘膜に感染して起こる病気で、毎年、冬のはじめから春先にかけて流行します。

インフルエンザウイルスには、A型、B型、C型と3つの型がありますが、流行するのはA型とB型です。感染症の中には、一度感染すると免疫ができて二度とかからなくなるものもあります。しかし、インフルエンザの場合は、流行するたびにウイルスが変異するので、同じ型のウイルスに、何度でも感染する可能性があります。

子どものインフルエンザは重症化しやすい

インフルエンザは風邪よりも症状が重く、大人がかかっても辛い病気ですが、赤ちゃんや小さな子どもは免疫力が低いため、大人よりも重症化しやすい傾向にあります。また、インフルエンザウイルスに感染すると、粘膜が弱って細菌に感染しやすくなり、細菌性の肺炎や気管支炎、中耳炎、インフルエンザ脳症などの合併症にもかかりやすくなります。特に、インフルエンザ脳症になるとけいれんや意識障害を起こし、後遺症が残ったり、命を落としたりすることがあるので注意が必要です。

子どものインフルエンザの症状は?

612380976

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

インフルエンザにかかると、多くの場合で、悪寒をともなう38〜40度の高熱が急に出ます。それとともに、せき、鼻水、のどの痛みなどの風邪に似た症状、頭痛や関節痛、筋肉痛、体のだるさ、倦怠感などの全身症状、吐き気、下痢、腹痛などの消化器の症状が出ることもあります。

風邪の症状とも似ているように思えるかもしれませんが、全体的に症状が重いことと、咳や鼻水からではなく、いきなり悪寒をともなう高熱が出ること、関節痛や筋肉痛などの全身症状が強く現れやすいことなどが、風邪と違う点です。

子どもがインフルエンザかもしれないと思ったときの対処法

511933432

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

こんなときはインフルエンザの可能性が

インフルエンザが流行している時期に、子どもに38〜40度以上の急な高熱、せき、のどの腫れ、くしゃみなどの症状が見られた場合は、インフルエンザの疑いがあります。早めに病院を受診しましょう。

病院はすぐに受診させるべき?

上記のような症状が出ていても、機嫌よくしていて食欲があるなら、受診は翌日になってからでもかまいません。ただし、呼びかけても応えない、けいれんを起こしている、意識がないなどの場合は、インフルエンザ脳症の恐れがあるのですぐに病院を受診してください。夜中の場合は夜間救急を受診しましょう。状況によっては救急車を呼ぶ必要がある場合もあります。

子どものインフルエンザの診断方法、治療方法は?

インフルエンザに感染しているかどうかは、鼻の粘膜を綿棒でぬぐって調べる迅速診断キッドで診断するのが一般的です。

治療では、発熱から48時間以内であれば、内服薬のタミフル、吸入薬のイナビルやリレンザが処方されることもあります。ただし、副作用の心配もあるので、使用するかどうかは、医師とよく相談しましょう。その他には、解熱剤やせき止め薬など、症状をやわらげるための薬を使ったり、肺炎などの二次感染を防ぐために抗生物質が処方されたりするケースもあります。

子どもがインフルエンザだった場合のホームケア

614211162

安静にするのが一番

インフルエンザにかかったときは、安静にすることが何よりも大切です。症状が落ち着くまでは、できるだけ静かに過ごさせ、しっかりと体を休ませましょう。また、ウイルスの型によっては、一旦熱が下がった熱がぶり返すことがあるので、熱が下がってからも様子を見ながら少しずつ元の生活に戻していきます。

しっかり水分補給を

高熱が出ていると、汗をかいて体の水分が失われやすくなります。脱水症状に陥らないように、母乳やミルク、白湯、お茶、経口補水液などで、こまめに水分補給をさせましょう。

湿度・室温を快適に

部屋が乾燥していると、鼻や喉をさらに痛めてしまいます。加湿器を使ったり濡れタオルを干したりして、湿度を調節してあげてください。室温は23〜25度がベスト。ときどき窓を開けて、換気をすることも大切です。

熱の上がり始めは温かく、上がりきったら涼しく

熱の上がり始めは寒気がするので、服を1枚多く着せたり、毛布を1枚足したりするなどして体を温めてあげてください。ただし、熱が上がりきって顔が赤くなってきたり汗をかき始めたりしたら、衣類や寝具を減らして、涼しくしてあげましょう。

熱があるときは、とにかく暖かくして汗をかかせたほうがいいと思いがちですが、そんなことはありません。熱で暑がっているときに体を温めると、熱がこもって余計に体力を消耗させてしまいます。

市販の解熱剤を使うときは成分に注意

発熱は、体がウイルスや細菌と戦うために起こる防御反応なので、むやみに解熱剤を使うのはよくありません。しかし、高熱が続いて辛そうなときは、これ以上体力を消耗させないために、解熱剤を使ってもよいでしょう。ただし、インフルエンザのときにアスピリン系の解熱剤を使うと、命にかかわる危険性がある「ライ症候群」になることがあります。市販の解熱剤を使うときは必ず成分を確認し、アスピリン系ではなく、アセトアミノフェン系のものを使いましょう。

子どものインフルエンザを予防するには?

465846749

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まずは家族が予防することから

赤ちゃんや小さな子どものインフルエンザ予防では、まず家族が家の中にインフルエンザウイルスを持ち込まないことが大切です。パパやママは、インフルエンザの予防接種を受ける、外出時はマスクを着用する、外から戻ったらうがい・手洗いを徹底する、インフルエンザが流行しているときに子どもを人混みの多い場所に連れて行かないなどを心がけましょう。

室内の温度や湿度を整える

気温や湿度が低い環境では、インフルエンザウイルスの動きが活発になります。冬場は、暖房や加湿器を使い、部屋の温度や湿度を調節しましょう。

子どもの予防接種について

インフルエンザの予防接種を受けておけば、インフルエンザにかかりにくくなるだけでなく、もしも感染した場合も軽症で済む可能性が高くなります。

予防接種を受けられるのは生後6ヶ月からで、13歳未満の子どもは1~4週間の間隔をおいて2回接種します。接種後の効果が現れるまでには約2週間かかるので、流行する時期に間に合わせるためには毎年11〜12月中に受けておくとよいでしょう。ただし、このワクチンにはわずかに卵の成分が含まれているので、卵アレルギーがある子の場合は、接種しても大丈夫か事前にかかりつけの医師に相談してください。

まとめ

107429815

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

赤ちゃんや小さな子どもは体力や免疫力が低く、インフルエンザが重症化しやすい傾向があります。そのため、インフルエンザが流行しているときは、家の中にウイルスを持ち込まないように、しっかりと予防に努めましょう。また、「インフルエンザかもしれない」という症状があったときは、早めに小児科に連れて行ってあげてください。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年5月31日


0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録