アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

え〜こんなことで…?「この女性はキープでいいや」と男が思う40代女性の言動3例

目次

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます。

「そろそろ本気で婚活を」と考えている40代女性ほど、“キープ”や“セカンド”の要員にされるのだけは「勘弁!」がホンネかと思いますが、他方で、男性がそういった対象に見てしまう女性には、言動に共通点もある様子。

今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちから「キープでいいやと思う40代女性の言動」にテーマを絞って、ホンネを調査。

そこから見えてきた、40代でキープやセカンド要員にされてしまう女性ほどやっているNG言動に迫ります。

 

気づけば「キープ」に成り下がっている40代女性の言動1:恥じらいがまったく感じられない

「僕の知る“40代で本命として扱われていない女性”を思い返してみると、揃いも揃って、恥じらいがないですね。

みんな下ネタもガンガン付き合うし、お酒の場ではまるでオジサンのように、ドスのきいた雰囲気で遊び歩いている人たちです。

そういう女性を、男連中はその場には『俺の彼女』って紹介して連れてきますけど、真剣交際でないのは、接し方やその後の展開を見ていればわかる。

失礼ながら女性って、年齢を重ねるとどんどん恥じらいがなくなるし、強気な人も増える印象がありますが、俺らはいくつになっても、本命とか妻として選びたい女性には恥じらいを求める生き物なんですよ。

極端な話をしちゃえば、恥じらいを意識してぶりっ子みたいな40代と、男に媚びるのを恥だと思っているかのように振舞って図太い感じがする40代なら、前者を選ぶ男が多いんじゃないかなぁって経験上、思います」(49歳男性/工場経営)

 

女性のどんな姿を見て“恥じらい”を感じるかは個人差がありそうなものの、“図太さ”を感じさせる言動をしてしまえば、男性からの評価が下がりがちなのは確か。

この歳になってまで男性たちに媚びたくはないものですが、だからと言って、自然体すぎる態度で“ドスをきかせて”しまうことのないよう、留意しておくに越したことはないのかも。

 

 

気づけば「キープ」に成り下がっている40代女性の言動2:自慢話が多く、すぐに男と張り合う

「自分の話で恐縮ですが、飲み会で見た目がタイプな41歳の女性と知り合って、最初は真剣に交際したいなって思っていたんです。

でも、デートを何度か重ねるうちに、その子の話は自慢話が多いうえに、どうも世間の男たちと張り合っているような口ぶりが気になっちゃって。

そんな姿を見ているうちに『顔はタイプだけど、一緒にいたら疲れそうな子だな』って感じ、その子には本当に申し訳ないけど、なんとなく“キープ”って感じの付き合いが続いています。

告白を経たわけでもないけれど定期的な肉体関係もあるし、おそらく相手は付き合っているつもりでいると思うから、悪いなとは思っているんですけどね……」(44歳男性/SE)

 

40代での真剣交際では、その先に結婚を強く意識する男性ほど、一緒にいて安らげない発言が多い女性は容赦なく本命対象からは外しがち。

自慢話や張り合っている話をしているつもりはなくとも、日ごろから男社会で戦っている女性ほど、つい口ぶりが強くなることもあるだけに、気をつけて。

 

男性に○○できない女性はキープ要員に……⁉

気づけば「キープ」に成り下がっている40代女性の言動3:「ひとりでできますから」発言が多い

「友人の彼女の話です。

最初は結婚前提で付き合っていたはずなんですが、その彼女は40代になってからちょっと勝気な言動が増えたっていうか、男に頼るのはみっともないって思い始めたみたいな態度が目立つ子。僕の友人はその逆で、彼女には頼られたいし、色々世話を焼いてあげたいタイプなんですよね。

そうすると、僕らと一緒に飲んでる場でも、友人が彼女の世話を焼こうとしても『うざいなぁ』とか『そのくらい、ひとりでできるから平気だし』とかって、友人の世話を拒絶するようなことを言うんですよ。

そのたびに彼はプライドが傷ついていたみたいで、あるときに『俺、あの子との結婚はないな』って、僕にポロっと打ち明けてきました。

どんな形であれ、男のプライドを傷つけちゃう子は、40代になってもやっぱりキープ要員になりがちだなって思います。

余談ですけど、僕のまわりで不倫に走っている既婚者男性の奥さんにも、こういうタイプが多いイメージですね」(45歳男性/教育関連)

 

“いい歳した大人”になった自負がある40代女性ほど、男性に甘えているような姿を他人に見せたくない傾向も。

しかしここにも「キープでいいや」と思わせる可能性のある、落とし穴がありました。

 

 

真剣交際を求めているのに、なぜか関係が進展しない、あるいはどうも他にも女性がいるようだ……などのモヤモヤした関係に陥っている場合、自分のちょっとした態度が起因しているリスクもあります。

女性から見れば「え〜! こんなことで?」と言いたくなることでも、男性には、いくつになっても“少年”のようなピュアな面が残っている人も多いと聞きます。彼らの夢を砕くような振る舞いを避けるのも「キープ要員」にされないコツなのかもしれません。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録