アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

私の常識は世間の非常識…?「節約」のつもりで「ドケチ」扱いの恐怖

目次

お付き合いや結婚するなら「ケチな男性」は絶対にイヤ!とケチに対してはイメージが悪いでものですが、将来に向けて「きちんと節約している男性」なら信頼できると好感が持てるものです。この「ケチ」と「節約」の境目は一体何なのでしょうか。今回は「ケチ」と「節約」の境目についてお伝えします。

 

1・必要なときに使えるかどうか

「ケチ」の定義は、人のために使えるかどうかです。冠婚葬祭や歓迎会、送別会、お祝いなど、出し惜しみするような人は「ケチ」といえるでしょう。たとえば、友人の結婚祝いをみんなでお祝いしようとなってもプレゼント代をケチる、お店のランクを下げようと提案するなど楽しくお祝いしたいと考えている友人たちのテンションを下げるような発言をする様な人は紛れもない「ケチ」です。

 

一方「節約」の定義は、無駄を省き不要なお金を使わないように自制することです。たとえば電車に乗るのを面倒がってタクシー移動しない、家の近くのコンビニではなく100メートル先のディスカウントスーパーに行くなど、日々の生活は節度を持ってお金を使える人だと一緒に生活してからお金づかいが荒いと悩まされなくてすみます。

 

2・デートの時に割り勘されたら「ケチ?」

オトナサローネ世代ともなれば、学生の立場とは違い初デートにもかかわらず1円単位できっちり割り勘されると「節約」できる人とは思えず「ケチ」と大抵の人が感じることでしょう。女性も仕事をしていれば、全部ご馳走になると気がひけるので支払わないわけには……と思っている人も少なくないでしょう。

 

たとえば1軒目は気持ちよく奢ってもらい、2軒目では女性が出すなどが理想的かもしれません。デートで割り勘することがが「ケチ」というのではなく、お金の支払い時に嫌な気持ちにならないようなスマートさがあれば「ケチ」ではないでしょう。ここはお金に対する価値観次第で割り勘に対する考えは異なるでしょう。毎回、大盤振る舞いでいつもお金がかかるお店でご馳走してくれることに素敵と感じられるのは結婚するまでで、太っ腹すぎるがゆえに貯蓄がないということもあるでしょう。

 

ここでお金に対する価値観もわかるかも!

3・お店でクーポンを利用するのは「ケチ?」

たまたま入ったお店でアプリをダウンロードしたらクーポン発行されるとわかり、入手し利用するのは「ケチ」ではありません。そういうのも二人で楽しみながらできるのであれば理想的ではあります。ただし、どちらかが「アプリをダウンロードしてまでクーポン使いたいの?」なんて感じるなら「節約」という目線ではなく「ケチ」と感じてしまうでしょう。クーポンを利用するのは「ケチ」なことではありませんが、クーポンを使いたいのか使いたくないのかによってお金に対する価値観が合うかどうかわかるポイントかもしれません。

 

結婚する前は人付き合いの多い彼が魅力的に感じたのに、結婚生活が始まった途端、しょっちゅう飲みにいく貯蓄ができない浪費家と抱いているイメージがガラリと変わることもあります。「ケチ」と「節約」の境目は人それぞれお金に対する価値観によって異なるものかもしれません。ご自身の中で「ケチ」と「節約」の境目を考えてみるのもバロメーターになるでしょう。

 

今関倫子ファイナンシャル・プランナー

外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指し、AFP(日本FP協会認定)資格取得後、独立系FP事務所に転職。女性を中心に年間のべ200件以上のマネー相談を受け、多くの経験を経て独立。個人マネー相談、執筆、マネーセミナーを中心に活動中。FPCafe登録パートナー


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録