アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】妊娠初期・中期・後期別 赤ちゃんを迎える準備でやっておくこと

目次

妊娠していることがわかったら、出産に向けて少しずつ準備を進めていきましょう。妊娠期間は約10ヶ月ありますが、何も考えずに過ごしてしまうとあっという間に出産を迎えてしまい後悔することもあります。妊娠中だからこそやるべきことも多いので、計画を立てて妊娠生活を効率よく楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事の監修ドクター

産婦人科専門医高橋しづこ先生 1995年、米国オレゴン州私立Reed Collegeを卒業。1997年、東海大学医学部へ入学。同大卒業後、東京大学医学部大学院より医学博士。その後は日赤医療センターや山王メディカルセンターで非常勤医師。A型・いて座。自身は39歳で第1子、41歳で第2子と、43歳で第3子高齢で出産。高齢不妊・妊娠・出産のつらさや痛みが分かるぶん、患者さんのお話にはできるだけ真摯に耳を傾けたいというのが信条。趣味はサイクリングで、通勤にもロードバイクを愛用するアクティブな一面も。

妊娠初期にやること

498277113

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠4ヶ月までの初期は体が少しずつ変化をし始め、つわりもピークを迎えるなど不安を感じることが多いでしょう。無理をせずに、ゆったりとした過ごし方をしながら妊娠や出産に関する知識を身につけていきましょう。

母子手帳を交付してもらい妊娠や出産について学ぼう

妊娠していることがわかったら、お住まいの自治体の役所で妊娠届を提出して母子健康手帳をもらいましょう。母子健康手帳は子どもの成長と健康を記録する大切なものです。また、妊娠期から乳幼児期にいたるまで知っておくべき情報が書かれているので、目を通しておきましょう。妊娠中の注意点などは早めにチェックしてください。

生活習慣を見直して栄養バランスのよい食事を!

妊娠中の食事はおなかの赤ちゃんの体をつくるので栄養に気をつけなければなりません。ママの健康を損なわないためにも、食べ過ぎに注意しながら必要な栄養をきちんと摂取してください。特に、赤ちゃんに障害が起こるリスクを減らすために欠かせない葉酸や、赤ちゃんの骨や歯をつくるために必要なカルシウムは妊娠初期から積極的にとりましょう。また、妊娠中は貧血になりやすいので鉄分も不足しないよう心がけてください。

妊娠中の喫煙や飲酒は、おなかの赤ちゃんに深刻な影響を及ぼす可能性があるので控えてください。家族など周囲に喫煙者がいる人は受動喫煙にも気をつけましょう。

ゆっくりした時間を過ごそう

体調が不安定になりがちな妊娠初期は、家で安静に過ごすのが理想。大切な時期ですから、無理をせずにゆっくりと体を休めてください。時間を持て余す場合には、産まれてくる赤ちゃんのためにベビー服や帽子、スタイ、靴下、手袋、おもちゃなどを手作りしてもいいですね。まとまった時間をとれることは滅多にないので、体調が良ければ、読みたかった長編の本を読破するのもおすすめです。

妊娠中期にやること

529416136

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠5~7ヶ月の中期になると安定期に入るので、心身共に落ち着いてくるでしょう。リラックスしながら、妊娠中にしかできないことを楽しみましょう。

体調に合わせてリフレッシュや思い出づくり

安定期に入ったら、医師に許可を得て運動を始めるといいでしょう。マタニティヨガやマタニティビクス、マタニティスイミングなど妊娠中にできる運動はいくつかあります。体力づくりだけでなく、妊婦仲間をつくるきっかけにもなりますよ。

また、パパとデートを楽しむのにも最適な時期です。子どもが産まれると、パパとふたりきりで過ごせる機会は一気に減ってしまいます。子連れでは行けないムードのあるレストランや、落ち着いた温泉旅館などで貴重な時間を過ごしましょう。同様に、友人と気兼ねなく会うことも難しくなるので、ランチやお茶などを楽しんでおくといいでしょう。映画館や美術館などにでかけてもいいですね。

ただし、妊娠中は特に風邪やインフルエンザなどの感染症に気をつけなければなりません。人混みなどはできるだけ避けてくださいね。

マタニティ用品や子ども用品を見に行こう

マタニティ用品や子ども用品もあれこれそろえておきたいですが、妊娠・出産時期にはいろいろとお金がかかります。お金を使い過ぎないように工夫しましょう。

マタニティ用品

妊娠中に着る服や下着、腹帯などのほか、妊娠線ケアクリームや抱き枕などが必要となります。妊娠している間にしか使わないわりに値段が高いものが多いので、購入時にじっくり考えましょう。

子ども用品

赤ちゃんの服や下着、おむつ、寝具、ベビーカー、チャイルドシートなどが必要です。子どもの成長はあっという間ですから、すぐにサイズが合わなくなります。中古品やレンタルで済ますことも検討するといいでしょう。

両親学級や母親学級に参加しよう

お住まいの地域にある保健所や母子健康センターで開催しているか問い合わせてみましょう。出産までの流れや呼吸法のほか、栄養指導や新生児の沐浴のやり方まで幅広く教えてもらえます。同じ時期に赤ちゃんを産む人が集まるので、情報交換や悩みを共有できる友達をつくれる場でもあるので活用しましょう。

歯の治療をしておこう

子どもが産まれると歯医者さんに通うのは難しくなります。しかし、妊娠中はホルモンバランスの関係で虫歯や歯周病になりやすいのです。安定期に入ったら歯が痛くなくても歯科検診を受けて、おなかが大きくなる8ヶ月を迎える前までに治療を終わらせられるようにしておきましょう。

歯医者さんには事前に妊娠していることを必ず伝えてください。妊娠中でも使える薬を用いるなど配慮してくれます。

美容院へ行こう

妊娠後期になると、おなかが大きくなってシャンプー台に仰向けになるのが苦しくなってしまいます。そうなる前に、美容院へ行っておきましょう。しばらくカットできなくなることを考慮し、美容師さんと相談してヘアスタイルを決めるといいでしょう。

妊娠後期にやること

626099628

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠8~10ヶ月の後期に入ったら、本格的に赤ちゃんを迎える準備を始めましょう。

赤ちゃんを迎える部屋づくりをしよう

家の中の不用品を処分し家具の配置を変えるなどして、赤ちゃんのためのスペースを確保しておきましょう。赤ちゃんを寝かせる場所や、赤ちゃん用品を置くためのスペースが必要です。赤ちゃんを世話しやすいような導線を考えたレイアウトにしておくと便利です。また、赤ちゃんのために清潔を維持しやすい状態にしておきます。出産前にカーテンやカーペット、エアコンなどもきれいにしておくといいでしょう。

赤ちゃんにとって危険なものがないかのチェックも忘れないでください。転倒や転落をはじめとして、幼い子どもの事故のほとんどが家庭内で起きています。赤ちゃんが口に入れやすい細々としたものも片付けておきましょう。

出産準備をしておこう

いつ出産してもいいように、早めに必要なものをまとめておきましょう。出産するための準備が整っていると精神的にも安心できます。産院で用意してくれているものもあるので、入院するときに持っていくものを事前に確認してから買いそろえてください。万が一の場合に備えて、持ち物リストはパパと共有しておきます。また、陣痛が起きたときの産院までの交通手段やパパとの連絡のとり方も話し合っておきましょう。

入院する際に必ず必要となる母子健康手帳や健康保険証、診察券、印鑑、タクシー代などは臨月に入ったら常に持ち歩いてください。入院生活に必要なものなどは大きめのバッグにまとめて部屋に置いておけば、いざというときにパパに後から持ってきてもらうことも可能です。入院費用の準備などもあらかじめパパと話し合っておき、退院時に持ってきてもらいましょう。

まとめ

妊娠すると体にさまざまな変化が起こり、精神的にも不安定になりがちです。しかし、妊娠生活でやりたいことを考えて、この時期にしかできないことを楽しむ余裕をもつことも大切です。妊娠している40週は長いようで、あっという間に過ぎ去るものです。後悔をしないように、妊娠初期・中期・後期の特徴をしっかりと把握して、自分のライフスタイルを考えるきっかけにしてください。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録