アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

長く楽しめて美指効果も!逆フレンチネイルはいいとこいっぱい♡

目次

爪先にアートを施す、フレンチネイル。ネイルの定番なだけに、いつも同じようなデザインばかりになってマンネリになりがちという方も。そんなときにおすすめしたいのが、これまた定番の逆フレンチネイルです。この記事では、逆フレンチネイルのデザインバリエーションをご紹介します。次のネイルの参考にしてくださいね!

フレンチラインにストーンをプラス♡

 (593710)

Re Pool (東京・世田谷)

via itnail.jp

一般的なフレンチネイルに比べてアートを施す部分の面積が広い、逆フレンチネイル。ハーフムーンと呼ばれる爪の根元部分をあけてアートする逆フレンチネイルは、爪が伸びても自爪との境目がわかりにくく、長い間楽しめるデザインでもあります。

そんな逆フレンチネイルですが、まずご紹介したいのがフレンチラインにストーンをあしらったデザインです。お好みの色で爪先をカラーリングした後、フレンチラインにストーンやパールをあしらうと、華やかなデザインに仕上げられます。

ブライダルシーンやパーティーシーンといった華やかな場面では、少し大きめのストーンやビジューをプラスしてもいいですよね!

 (593712)

Nail fleur (宮城・仙台)

via itnail.jp

ボーダーデザインも逆フレンチならスッキリ♡

 (593714)

atelier tRico

via itnail.jp

ネイルデザインに取り入れられることの多いボーダー柄ですが、ボーダーラインの太さやライン間の幅によっては、爪が短く見えてしまうこともありますよね。特に爪が短い方の場合、さらに爪が短く見えてしまうこともあってチャレンジしにくい…という方も多いのではないでしょうか。

この点、爪の根元部分をクリアで抜く逆フレンチネイルには爪を長く見せる効果があるため、ボーダー柄をアートしても爪が過度に短く見えることがなく、すっきりとしたデザインに仕上げられます。

ボーダー柄ですが、5本の爪全てにアートしても良いですし、1~2本にアートする形で取り入れても良いでしょう。

 (593716)

ネイルサロン Le bijou

via itnail.jp

逆フレンチネイル×ラメグラデーションで華やかに

 (593718)

Showers. (神奈川・横浜)

via itnail.jp

逆フレンチネイルは、ベースとなるデザインを作った後、ラメグラデーションをプラスしてアートするのもおすすめです。

例えば、上品なグレーカラーでベースとなる逆フレンチデザインを作った後、フレンチラインから爪先にかけてラメやホログラムを使いグラデーションアートを施すデザインはいかがでしょうか。ラメやホロを使うグラデーションアートならばセルフでも比較的簡単にアートできますので、ぜひ試してみてくださいね!

ピンク×ゴールドラメ、レッド×ブラックラメ、ブラック×ゴールドラメ…というように、ベースカラーとラメの色の組み合わせも工夫してみるといいでしょう。


Itnail編集部


関連記事


/

この記事の著者

Itnail

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録