アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

だからダメ男が寄ってくる!?「男運がない40代独女」ほどポーチに入れているコスメ3選

目次

恋愛だけでなく、仕事や健康に関しても、目に見えない“運気”のようなものを感じたことのあるかたは少なくないと思います。

しかし他方で、“運気”的な波だけでなく「私ってば、ずっと男運がない気がする……」にお心当たりがあるならば、ひょっとすると、デイリーメイクにその要因が潜んでいる可能性も。

女性の印象は、メイクの雰囲気によっても大きく変化するため、ダメな男を引き寄せがちな仕上がりもあるというわけです。

時短美容家の私、並木まきが、男運がないと嘆く40代女性ほどポーチに忍ばせがちなデンジャラスコスメに迫ります。

 

うっかり「男運だだ下がり」な40代独女のコスメポーチの中身1:髪色や眉色とまったく合っていないアイブロウペンシル

外出先での眉メイクお直しには、描き足すだけで済むペンシルタイプのコスメを愛用していらっしゃる40代女性も、少なくないはず。

消えた眉尻や、滲んできた眉の輪郭を整えるのにも便利ですから、ポーチに忍ばせておくと、なにかと重宝するアイテムなのは間違いありません。

しかし、髪色や眉色と合わない色合いのペンシルをお直しに使っていると、その仕上げが滑稽になりやすいことから、男運にも悪影響を及ぼすことが。

眉のデザインが不自然だったり、描きたしているのがバレバレなほど色が合っていなかったりすると、それだけで雑な印象を与える引き金になり、男性目線では“敬わなくていい女”にカテゴライズされるリスクが上がります。

お直し用に、“取り急ぎ”で買った適当な色のペンシルを使い続けている女性ほど、リスクが高いので気をつけて。

 

うっかり「男運だだ下がり」な40代独女のコスメポーチの中身2:毒々しい発色のローズ系口紅

朝のメイクでは日々、口紅を変えていても、お直し用に持ち歩いている口紅は「いつも同じ」な40代女性も少なくない実情もチラホラ。

多忙な時期ほど、毎日わざわざポーチの中身を入れ替えるだけの余裕もなく、“とりあえず”でどんなメイクにも合わせやすい1本をポーチに入れている人もいらっしゃると思います。

ところが、そのセレクト次第では、口紅のせいで「男運がだだ下がり」を招きかねないのも事実。

特に、毒々しい発色のローズ系口紅は、その色合いが年代のもつイメージとあいまって“古臭い”、“バブリーすぎる”、“ケバい”などのネガティブな印象を醸し出す要素になりやすいです。

またローズ系リップは、他パーツのメイクによっては口紅だけが妙になまめかしく、悪目立ちしやすい発色や質感のものも多く、これがワンチャン狙いの男などのダメなタイプを引き寄せる要素にもなりがち。

「お直し用だし、塗るだけで顔色が明るくなるよう、濃いめのものを」と、深く考えずにローズ系リップをポーチに入れている女性ほど、要注意です。

 

うっかり「男運だだ下がり」な40代独女のコスメポーチの中身3:肌色から浮いてしまうルースパウダーorパウダーファンデーション

外出先でベースメイクを直す際には、リキッドやクリーム状のファンデ類は使わずに、パウダーで整える女性も多くいらっしゃいます。

ちまたには、お直しに特化したパウダーコスメもたくさんあるので、こういったものを活用すると、時短で肌を整えるのに役立つのも確か。

しかし、その仕上がりが粉っぽかったり白浮きしたりする場合には、これもダメな男にロックオンされる要素になりがちなのです。

肌色と合っていないベースメイクは、男性目線だと「生活感のあるオバチャン」「やたら厚化粧」などのイメージを連想させやすく、“安っぽい女”に感じさせやすい傾向も否めません。

メイク直しは、職場や駅のトイレなど十分な採光がない空間でおこなうことも多いため、自分では「肌色に合っているつもり」でも、いざ太陽光や蛍光灯のもとにさらされると不自然な色だった……も起こりやすいですから、色選びは慎重に。

 

「男運がない」と感じる原因が、メイクにあるとしたら、とても残念。

お心当たりのあったかたは、ぜひこの機会にコスメポーチの中身を見直してみて。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録