アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

リスとふれあい恐竜を体感!オービィ横浜がこの春パワーUP


動物とふれあえる屋内型パーク「Orbi Yokohama(オービィ横浜)」が、昨年3月のリニューアルから1年を迎え、今春さらにパワーアップ!第一弾として、シマリスとふれあえるシマリスの森「アニマル ヴィレッジ」と、恐竜を全身で体験できる「ダイナソーパーク」がオープンする。

「アニマル ヴィレッジ」は、国内初の完全屋内型リス園。森をイメージした空間に入り込み、自由奔放に暮らす約100匹のシマリスたちを目の前で観察たり、ふれあうことができる。

エリア中央には、沢山の巣箱が集合住宅のようにそびえ立つほか、ツタや木の枝が立体的に配置されていて、シマリスたちの様々な姿が楽しめる。シマリスたちと来場者との仕切りがないため直接ふれあうことができ、頭上に配置されたツタや木の枝をシマリスたちが行き交う姿が見られるなど、小動物の生態を間近で感じることが可能だ。オープンは3月30日(土)。


「ダイナソーパーク」は、子どもに大人気の恐竜をテーマにした体験型イベント。昨春に開催した「恐竜ハンターキャンプ」で好評だった化石発掘体験が再登場するほか、実物大のティラノサウルス(頭部)が吠えかかるロボットや、恐竜の足音を体感できるコーナーなど、様々な展示が新登場。恐竜の世界を全身で体験することができる。こちらは、3月20日(水)~6月16日(日)の期間限定オープンとなっている。


もうすぐ春休み。天気にかかわらず子どもをどこかに連れていきたい、と思ったら、「オービィ横浜」へGO!


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録