アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

30代までは必要なくても…40代になったら「老け見え対策で持っておきたい」リップアイテム3選

目次

30代までは必要性を感じずとも、40代になってからは「絶対に手もとにあったほうがいい」と言えるコスメもたくさん。

じわじわと押し寄せてくる年齢の波には勝てないけれど、ちょっとした“老化ポイント”くらいなら、コスメの選びかた次第で、いかようにもフォローがきく年代だけに、欠点カバーに長けている味方は、常にアップデートをしておきたいところです。

「そうそう。最近、唇まわりの年齢が気になっちゃって……」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、30代までは必要なくとも、40代になったらぜひ手もとに置いておきたいリップアイテムのお話です。

 

30代までは不要でも…40代には強い味方になるリップアイテム1:ベージュがかったリップライナー

メイクをしても、唇周辺に“年齢”を感じてしまう理由のひとつに、加齢に伴って、全体的に輪郭がぼやけてくる点も挙げられます。

そこで手もとにあると便利なのが、ベージュがかったリップライナー。

唇と肌との境目に“縁(ふち)”をつくっておくと、メイク崩れを防ぐだけでなく、輪郭よりややオーバー気味に描くと、唇と肌との境界線ができ、ぼやけた口もとを引き締めてくれます。

レッドやピンク、ブラウンなどのリップライナーでも同様の効果は得られますが、昨今はライナーできっちりと縁どるリップメイクはトレンドではないため、古臭さからのオバ見えを招く要素にも。

今、手もとに置くならば、“描いているのがわかりにくい”ベージュがかったなじみのいい色みが正解です。

 

30代までは不要でも…40代には強い味方になるリップアイテム2:血色を加えてくれるティントリップ

もはやブームを超えて定番ともなっているティントリップですが、トレンド的にはやや下降線といった感も否めません。

しかしこれこそ、血色が乏しくなりがちな40代の唇に、“いい感じのすっぴん感”を仕込んでくれる救世主。

自然な発色のティントリップが1本手もとにあるだけで、ほどよい血色を加えつつ、健康的な顔を演出してくれます。

ティントを下地のように使い、ほんのりと唇に色づけしたうえからトレンドカラーの口紅を重ねるようにすると、口紅がくすんで見えたり沈んで見えたりする年齢ならではの“残念”も防ぎやすくなります。

 

唇をマッサージするときに必要な〇〇

30代までは不要でも…40代には強い味方になるリップアイテム3:唇に使えるオイル

加齢とともに「唇のハリ感が失われてきた……」に、お心当たりがある40代女性も少なくないのではないでしょうか。

実際私も、40歳を境に唇の全体的な弾力不足を痛感中。そこで、そんな唇に弾力を取り戻すには、適度なマッサージが効果的だと感じています。

ただし、闇雲に唇をマッサージしてしまえば、摩擦によって荒れを招くこともあるので、オイルやオイル美容液などすべりをよくするアイテムはマスト。

そこで便利なのが、唇に使えるオイルまたはオイル美容液です。

唇に「ちょっとハリが失われているような……?」なタイミングで、オイル美容液を塗ってからクルクルと唇中央から外側にかけて軽くマッサージするだけで、血行が促進され、ふわっとしたハリ感が蘇る効果が期待できます。

また、皮向けが気になっているときには、オイル美容液に砂糖を混ぜて軽くスクラブする応用もきくので、40代の手もとには唇に使えるオイル類を常備しておいて損はないはず。

 

30代までは、ちょっと元気のない唇には上から口紅を塗るだけでなんとかなっていても、40代ともなると、口紅の発色そのものにも不満を抱きがちに。

そんなときこそ、少しの工夫と手間でフレッシュな唇が蘇るよう、頼りになるアイテムを手もとに置いておくに越したことはありません。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録