アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

疲れたオバサン見え…! 「メイク下手な40代」は口と眉、そしてココが古いまま!

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

「あの人って、メイクが下手だよねー」なんて思われるのは、できれば避けたいのがホンネな女性は多いはず。

メイクは、オシャレとしてだけでなく、マナーとしての側面もあるのは否めないだけに、“メイク下手”は即、不名誉なイメージとしてもつきまといがちです。

実態として「メイクが下手」と評されてしまう40代ほど、アップデートを怠っているパーツもあるだけに、“老け見え”、“オバ見え”などを防ぐには、こういったパーツメイクの更新をしておきたいところ。

「そういえば、私ももう、何年もメイクを変えていないかも……」にお心当たりがある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、メイク下手と言われてしまう40代ほどアップデートしていないパーツメイクのお話です。

 

メイク下手な40代ほどアップデートしていないパーツメイク1:年齢が出やすく口もとの印象に直結する「口紅」

口紅は、お気に入りの1本があると、どうしてもそればかりに頼りたくなってしまうのも、40代には珍しくないお話。

悲しいかな、加齢に伴って肌の色もくすみや色ムラが深刻になってくる人が少なくないために、自分の肌に合う1本がわかっていると、なにかと心強いのも確かです。

しかし一方で、トレンドの移り変わりが著しいパーツでもあるだけに「この1本」の見直しも定期的におこなっておかなければ、それだけで「古くさい」「オバサンっぽい」を招きやすいのも真実。

仕事にプライベートにと慌ただしい40代にとっては、少々面倒なお話ではありますが、季節が変わるごとに“頼りになる1本”をアップデートしておくくらいの心意気でいたほうが、オバ見えを回避しやすいのは間違いありません。

ローズ系やコーラル系、ピンク系など、自分の肌に合う“テイスト”がわかっていると、シーズンごとの1本を見直すのもそこまで面倒に感じずに済むコツに。

同じような色に思えても、口紅トレンドは質感や光沢などが微妙に異なるため、色のトーンは同じでも塗った印象がガラリと異なることも多いです。

 

 

メイク下手な40代ほどアップデートしていないパーツメイク2:失敗すると若作り感が出やすい「まつ毛」

まつ毛は、年齢を重ねるにつれ、密度が下がったり毛が細くなったりといった“加齢の波”を感じやすいパーツ。

と同時に、まつ毛がスカスカだと年齢を感じさせる顔に見えやすい一方で、ここに勢いがあるとフレッシュな印象に近づきやすいのも現実です。

そのため「とにかくボリュームを!」と、長さや太さを加えてインパクトを強めている40代女性も少なくはない傾向です。

しかし、顔の印象とアンバランスになるほどにまつ毛ばかりを強調してしまえば、写真映えこそすれど、対面で見たときには「若づくりに必死!」「痛いオバサン」のレッテルを貼られるリスクも大。

さらには、まつ毛のリアルトレンドも毎年、微妙な変化が生じていることから、ただ「ボリュームを出しておけばいい」という類のお話でもありません。

まつ毛の印象も、周囲に古くささを感じさせないためには、常にアップデートを図っておきたい部分。

そのときのトレンドが“長さ”なのか“太さ”なのかに着目するだけでも、アップデートを怠っていたまつ毛が劇的にl改善するポイントとして活かせます。

 

印象が変わるあのパーツは、日々アップデートして!

メイク下手な40代ほどアップデートしていないパーツメイク3:ここを変えるだけで別人級…「眉」

その仕上げかたによって「別人級!」と言っても過言ではないほど印象が変わるパーツと言えば、眉。

眉トレンドもシーズンごとに著しい変化が訪れがちではありますが、骨格や年代によっても「似合う眉」は微妙に異なるので、常日頃のアップデートを怠ると、途端にオバサンっぽさを感じさせやすいです。

太眉トレンドの時期に細眉にしていれば、その違和感から「あの人、メイクが下手」なイメージにも結びつきやすく、その逆もしかり。

落ち着いたメイクを好む人が増える40代ともなれば、シーズンごとの見直しまではしなくとも、せめて半年、1年スパンでのアップデートを心がけておいて損はありません。

 

「私の定番メイクはこんな感じ」は、40代ともなれば多くの女性に心当たりがあるはず。

とは言っても、“定番”のせいでメイク下手のレッテルを貼られてしまえば、残念な展開です。

どんなにトレンドだとしても、年齢のせいでミーハー感しか出ないメイクは避けたいけれど、デイリーのメイクにも適度なアップデートを取り入れつつ、常にフレッシュな顔を意識しておきたいところです。


関連記事


執筆者:OTONA SALONE|オトナサローネ



0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録