アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

妊婦さんもコーヒーを飲んでも良い? 正しいカフェイン摂取量を知ろう

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

コーヒーは男女問わず愛飲されている飲み物のひとつですが、その一方で気になるカフェイン。特に妊娠中はコーヒーを飲むと良くないのではないかと心配になりますよね。そこで今回は、妊娠中のカフェイン摂取による影響と、妊婦さんに適したコーヒーの飲み方についてご紹介します。

コーヒーに含まれるカフェインって?

649708644

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠中は摂取しすぎない方が良いともされているカフェイン。そもそも、カフェインってどのような成分なのでしょうか? 特に妊婦さんの摂取を避けた方が良いと言われているのはなぜでしょうか。まずは、カフェインの作用や妊娠中の影響などについて説明します。

カフェインとは何か?

カフェインが含まれているコーヒーや紅茶などは、リラックスしたい時や眠気を抑えたい時によく飲まれていますね。また、総合感冒薬や鎮痛剤などの医薬品としても処方されることもあります。

カフェインとはアルカロイドという化合物のことで、さまざまな作用があります。まずは覚醒作用・血管拡張作用。この作用により、気分が高まったり眠気や疲労が解消して作業効率がアップするといったことが期待できます。そのほかにも、低血圧の改善や運動機能や呼吸機能を高める効果もあります。

そのほかには、片頭痛や二日酔いを和らげたり脂肪の燃焼を促進させる交感神経刺激(基礎代謝促進)、胃液を多く分泌させて消化活動を助ける胃酸分泌促進作用、腎臓を刺激して排尿を促す利尿作用、痛みを和らげる鎮痛作用も伴っています。

カフェインにはこのようなメリットがある一方で、一般的には過剰摂取に注意しなければならないとも言われています。それは、カフェインには副作用もあるからです。副作用には、興奮状態の持続や自律神経の乱れ、胃酸の過剰分泌、貧血といったものがあります。そのため、不眠や吐き気、頭痛、集中力の低下、疲労感、倦怠感、肩こり、腰痛、胃痛といった身体の不調が見られることがあります。また、過剰摂取は最悪の場合、命を落とすこともあるので注意が必要になります。

カフェインが妊婦さんへ及ぼす影響

日常的に飲料などでも嗜好品として取り入れられているカフェインですが、妊婦さんの場合は摂取に注意が必要となります。その理由としては、まず妊娠中の代謝機能が関係しています。健康な成人の場合、カフェインを摂取しても体内で速やかに吸収されます。カフェインを吸収したことによる影響は摂取してから15分〜30分で始まり、その後何時間も持続します。

体内でカフェインが半減するまでの時間は、年齢や体重によって開きがあるもののだいたい2時間〜8時間とされています。カフェインの代謝産物は尿中に排出されるのですが、摂取して16時間〜20時間が経った頃には約95%は尿として排出されています。

しかし、妊婦さんの場合は、カフェインの代謝が通常よりも遅く、分解・排泄するのにも時間がかかります。これは、妊娠中に母体の肝臓が胎児の排出物の代謝に使われていることが原因です。そして、うまく代謝されずに体内にとどまってしまったカフェインは、胎盤を通過して胎児の所へ行ってしまうのです。

また、カフェインにはカルシウムや鉄分の排出を促進してしまう成分が含まれています。そして、妊娠中は血流量が増えるために貧血になりやすいほか、栄養分を胎児に運ばなければならない時期です。そのため妊娠中にカフェインを過剰摂取すると、ただでさえカルシウムや亜鉛などの栄養素が不足しがちの状態を悪化させることになります。

そのほか、妊娠中期から後期にかけてのカフェイン摂取は、胃のトラブルの原因になります。これは、胎児が急激に成長することから増大した子宮に胃が圧迫されている状態であることが考えられます。このような状態でカフェインを摂取すると胃の負担はさらに大きくなってしまい、胃液の逆流や胃もたれを引き起こすことがあるのです。

カフェインが胎児へ及ぼす影響

カフェインの胎児への影響については、動物実験によって大量投与することにより催奇形性のリスクがあると言われていますが、実際に胎児に対して悪影響を及ぼすかどうかまでは明らかになっていないようです。しかし、胎児の肝臓機能は未発達なので、カフェインそのものを排泄する力はまだ備わっていません。そのため、母体から来たカフェインを受けると、胎児の体内にも高濃度のカフェインがとどまることになります。

カフェイン摂取した赤ちゃんの心拍数は上昇し、胎盤を通る血流量は減少すると言われています。また、鉄分の吸収が低下するため、貧血のリスクを高めることも考えられます。摂取量が多い場合には、突発性流産や死産、早産、低体重児、発育の遅れなどにもつながるのです。

流産、死産の確率については、カフェインの摂取量が300mg以上の妊婦さんは、摂取量が1日150mg未満の妊婦さんに比べて流産のリスクが2倍になるという報告があるそうです。また、コーヒーを1日8杯以上飲んでいると死産のリスクが上がるとも言われています。

妊婦さんが1日に摂取しても良いカフェイン量は?

479849034

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊婦さんのカフェイン摂取によるリスクには、さまざまなものがあります。しかし、だからと言ってカフェインを完全に断絶しなければならないわけではなく、あくまでも節度を守っての摂取が望ましいということなのです。

カフェイン摂取量を知っておこう!

妊娠中に摂取しても母体や胎児に影響がないと考えられているカフェインの量はどれぐらいなのでしょうか?

妊婦さんのカフェイン摂取量に関しての基準値については、日本では国として設けられていません。しかし、世界で言えば研究機関のデータに基づいた基準値があるようです。

まず、世界保健機関(WHO)では、1日あたり300mgまでの摂取が望ましいとされています。この1日300mgという基準は、カナダ保健省やオーストリア保健・食品安全局、韓国食品医薬品安全庁(KFDA)でも設けられています。

欧州食品安全機関(EFSA)の「カフェインの安全性に関する科学的意見書」では、妊娠中のカフェイン摂取量は1日200mgまでであれば胎児への悪影響はないとされています。また、英国食品基準庁(FSA)でも、以前は妊娠中のカフェイン摂取の上限を1日300mgまでとしていましたが、2008年に200mgまでに変更しています。

これらのことから、妊娠中のカフェイン摂取量は1日あたり200mg〜300mgで抑えておいた方が良いと考えられるでしょう。

その他カフェインが含まれるものは?

まず、コーヒーにはドリップの場合は150mlあたり100mgほどのカフェインが含まれています。インスタントの場合は150mlあたり65mgほどで、ドリップよりも少なめです。

コーヒーはカフェインを含む飲料として知られている代表的な飲料とされがちですが、実はコーヒーよりもカフェインを多く含む飲料が存在します。それは玉露で、150mlあたり180mgものカフェインが入っています。

そのほか、紅茶・緑茶には150mlあたり30mgほど、ココアは150mlあたり50mgほど、コーラは350mlあたり34mgほど、栄養ドリンクは100mlあたり50mgほどのカフェインが含まれています。麦茶にはカフェインは含まれていません。水分補給にお茶を飲む時には、麦茶を活用すると良いですね。

そして、食べ物にもカフェインを含むものがいくつかあります。まずは、チョコレート。板チョコ1枚あたり17mg〜19mgほどのカフェインを含んでいます。板ガムも、眠気覚ましの効果があるようなものだと1枚あたり10mg〜11mgほどのカフェインが含まれています。また、アイスなどコーヒー味の食べ物もカフェインが含まれている場合があります。

妊婦さんでもコーヒーを飲みたい方には

174495009

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

普段から、コーヒーを飲むのを楽しみとしている女性も多いのではないでしょうか。妊娠中だからといって、カフェインの摂取を恐れてコーヒーが飲めなくなるのはストレスになってしまいますよね。妊婦さんならではのコーヒーの楽しみ方についてご紹介します。

制限しながらコーヒーを楽しもう

コーヒーは、1杯につき100mg〜150mgのカフェインが含まれています。つまり、1日に1杯〜2杯程度であれば飲んでも心配ないことになります。インスタントコーヒーの場合は1杯につき90mg程度のカフェインが含まれています。

また、最近ではカフェインの量を抑えたカフェインレスコーヒーも出回っているため、コーヒーをもっと飲みたいという人はそれを利用するのも良いでしょう。健康志向となっている今、カフェインレスコーヒーを取り扱っているお店もたくさんあるようです。

デカフェで安心!美味しい!

「デカフェ」とは、もともとカフェインが含まれている飲食物から、カフェインを取り除いたもののこと。この「デカフェ」の商品を活用するこおにより、カフェインを摂取せずにコーヒーや紅茶などの味や風味を普段のように楽しむことができるのです。この「デカフェ」を上手に利用するのもコーヒーを楽しむ工夫のひとつと言えそうです。

ただし、カフェインは含まれていないので、風味が少し落ちていたり眠気覚ましなどといったカフェインならではの効果が期待できないようです。

まとめ

妊娠中は、これまでとはちがった体の変化があり、食べ物や飲み物も注意が必要となります。妊娠前からコーヒーや紅茶を楽しんでいたママにとっては大変かも知れませんが、量に気をつけて楽しめるようにしたいですね。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年6月20日


0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録