アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

アンバランス…!? 同性は気にならずとも男は気にする「ダメメイク」の特徴3例

目次

メイクの仕上げは、その日によって、多少の変化がつきもの。

気温や体調だけでなく、メイクをしているときのテンションによっても、ちょっとした濃淡や質感などが微妙に異なることもあります。

ところで、同性目線だと特段気にならなくとも、男目線だと「アンバランスで変だよ!」となりがちなメイクも……。

時短美容家の私、並木まきが、男性目線だと強烈な「ダメでしょ」に映りやすいメイクの特徴に迫ります。

 

男目線だと「かなりダメ」に見えやすい40代女性のメイク1:眉毛だけが濃く見える

「眉毛だけがボーン!って主張している40代は、メイクが下手な感じがするしアンバランスさに違和感があって、苦手です。たまに見かけますが、毛深い感じの女性に多い気がする」(45歳男性/経営)

 

「同僚の40代女性から紹介を頼まれて何度か仲間に会わせていますが、あとで必ずと言っていいほど言われるのが『あの子、眉がすごかったよな!』です。その女性は、もともと眉が剛毛みたいで、パッと見ですごくいかつい感じのメイクに見えるんですよね。確かに、もうちょっと薄めに仕上げたほうが男ウケはいいんだろうなって思います」(42歳男性/飲食)

 

眉毛だけに強いインパクトを感じさせるメイクは、男性視線だと不評を招いやすい面も否めません。

他パーツはやさしい仕上げを意識していても、眉のインパクトが強いだけで、キリッとした強い印象を醸し出す要因に。ふんわりとしたメイクが好みな男性ほど「アンバランスなのでは?」の感想を抱きがちです。

女性目線だと、マニッシュでおしゃれ!と感じるメイクでも、男性の感想はシビアなこともあると心得て正解です。

 

男目線だと「かなりダメ」に見えやすい40代女性のメイク2:ヌーディーに仕上げた目もと

「いい歳して、アイシャドウを塗っていないオバサンは顔立ちが整っていても貧相に見えちゃう。えっ!? わざとヌーディーにするメイクもあるんですか? ……うーん、僕は理解できないし、勢いのある若い子ならともかく、40代だとやっぱり地味すぎやしないですかね?」(43歳男性/マスコミ)

 

「大人世代の女性がする、すっぴんっぽい目のメイクが苦手です。ケバいメイクの女性もどうかと思いますけど、わざとすっぴんっぽく仕上げているメイクも、歳を重ねた女性だと生活感のほうが際立っている人が多い気がする。個人的には、彼女には多少なりとも色を使ったメイクをしてほしいタイプです」(47歳男性/サービス)

 

今は、あまり色を多用しないシンプルなメイクがリアルトレンド。手を抜いているのではなく、“手をかけていても、手をかけていないように見せる”にこだわってメイクをしている40代女性も多いはずです。

しかしそんな努力は、メイクをしない男性たちからすれば「よくわからない」となるばかりでなく「生活感が強調されていて、年齢のわりにアンバランスなメイクだな……」などのシビアな感想を向けられることも。

いつの時代も、“わかりやすいメイク”のほうが、男ウケを狙いやすいのは間違いないと言えそうです。

 

最近の流行だけど、それはダメ……?

男目線だと「かなりダメ」に見えやすい40代女性のメイク3:頬に色がない

「ほっぺたに色がないと、かなり不健康に見える40代って多いと思います。ちょっと前までは、みんなチークを使っていたと思うのに、最近は頬が無色な人も増えた気がするんですけど、流行っているんですか?」(40歳男性/美容師)

 

「40代の女性は、こう言っちゃ悪いけど、やっぱりメイクをして、いろんな劣化を隠すべきだと思うんですよね。僕が苦手とするのは、不健康な顔とやつれたような顔。化粧をしていても青白い表情に見える人は、病的で苦手です。幸薄そうにも見えるし、化粧できちんと顔色をよく見せるようにするべきだと思います」(45歳男性/経営)

 

ひところほどのチークブームが落ち着いてきている今、デイリーメイクでは、チークを省きはじめた40代女性もチラホラ増えている模様です。

頬の赤みはさじ加減も重要で、赤すぎても薄すぎてもNGに見えやすいのも否めませんが「男ウケ」という面だけで考えると、やっぱりふんわりとした赤みがあるほうがウケがいいのは確か。

健康的な女性を好む男性ほど、頬の印象を気にしているのも実情かもしれません。

 

同性目線だと「ダメ」とまでは感じないメイクでも、男性視線では「ダメでしょ」となるメイクもあるのが実態です。

男性からの好感度を上げたい日には、“男ウケ”という意味でのTPOに即したメイクで臨むのが、賢い選択でもあるのかも……?


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録