アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

40代女性のまつ毛が「プチプラ」で品格の目元に!この2品の組み合わせで

目次

40代にもなると、若いころと比べて、まつ毛の量そのものが減ったり毛が細くなったりする“老化”に、頭を抱える女性も少なくありません。

かく言う私もそのひとりで、40歳を迎えたころから、まつ毛のボリュームダウンを痛感中。

とは言え、まつ毛のインパクトは“若見え”や“美人見せ”には欠かせないテーマでもあるだけに、わざとらしくない旬なまつ毛を時短で手軽に演出できるのがベスト。

「マツエクも嫌いじゃないけど、メンテが面倒。それに、40代のマツエクは、痛々しさも出そうで……」と感じていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、プチプラコスメだけで叶える「40代のナチュラル盛りまつ毛」テクのお話です。

 

プチプラだけで「上品なまつ毛」をつくるなら○○がカギ!

大人世代にふさわしいまつ毛メイクを意識していらっしゃる女性ほど「マスカラや下地は、“いいもの”じゃないと、安っぽくなりそう」などと思っていらっしゃるかもしれません。

しかし昨今のプチプラコスメは、本当に優秀。デパコス並み、いえ、場合によっては、それ以上の実力を兼ね備えているものも、探せばわんさか出てきます。

他方、40代にふさわしい「上品な旬まつ毛」をつくるなら、むやみなボリュームアップや、もっさりとした仕上がりはご法度。

スーッと伸びた自然な毛流れに、ツヤ感、健康的なまつ毛の太さがあると、上品な仕上がりに見えやすいです。

そこで選びたいのが、プチプラまつ毛コスメのなかでも、ブラシに小回りがきくタイプ。

40代のやせ細り気味なまつ毛をしっかりキャッチして、まつ毛1本1本にほどよいボリュームを加えつつ、ツヤ感と長さを加えてくれるものが手元にあると便利です。

 

わずか2分で「マツエク並み」の旬メイクを叶える…プチプラの最強組み合わせが!?

OTONA SALONEの連載を読んでくださっているみなさまはすでにご存じですが、30代まではずーっとマツエクを欠かさなかった私も、40歳になるのを機にマツエクをスパッとやめました。

特に心境の変化があったわけでもないのですが、なんとなく「マツエクだと、年齢不相応なメイクにも見えやすいかも?」を感じたこともあって、“マスカラ下地×マスカラ”の原点に戻ってみたくなったのです。

そこから日夜、時短で“自然に見える40代の盛りまつ毛”への研究を重ねてきた結果、今の私が「この組み合わせが最強!」と感じているのがこちら。

「エテュセ ラッシュバージョンアップ」と「オペラ マイラッシュ アドバンスト」のW使いです。

どちらも数々のアワードに輝く実力派ですが、その共通点は「ブラシ部分の小回りが効くこと」。

「ラッシュバージョンアップ」(画像下)は、コーム状の下地なので、細くて短いまつ毛もしっかりキャッチしつつ、ベースを整えてくれる実力が優秀です。

さらに、その上から「マイラッシュ アドバンスト」(画像上)を重ねると、下地によって整えられた1本1本の毛を、長く艶やかに見せてくれる最強の組み合わせに。

両方ともスリムなブラシながら、形状が少々異なることで、毛のキャッチ漏れも防ぎやすく、相性がいいと感じています。

また「マイラッシュ アドバンスト」は超スリムなブラシが、下まつ毛に塗りやすいのも便利な特長。年齢を感じ始めた繊細な毛でも、しっかりキャッチしてくれる頼もしい存在です。

私は、この組み合わせにたどり着いてから、まつ毛メイクは、わずか2分程度で完了するように。それぞれ、まつ毛を“とかすように”ブラシを滑らせるだけで、微調整がいらないほどのカールとセパレートが叶っています。

余談ですが、このメイク法は自分史上で最強に“時短”ながら、会う人に「あれ? マツエク復活?」「マスカラ、なにを使っているの!?」と聞かれる機会が増えました。

「エテュセ ラッシュバージョンアップ」は1,000円、「オペラ マイラッシュ アドバンスト」は951円(ともに税抜)ですので、わずか2,000円で品格あるまつ毛が手に入るなんて、本当にいい時代です!

 

 

春は、イメチェンしたくなるシーズンでもありますよね。

「そろそろまつ毛のメイクをアップデートしようかな」と考えていらっしゃったかたの参考になれば幸いです。

(※筆者注 画像は筆者の私物です。文中の効果は筆者の個人的な感想です。)

 


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録