アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

体重よりも「アレ」が重要! 理想ボディを叶える最新ダイエット事情とは?

目次

40歳を過ぎた頃から身体のラインがどんどん崩れ始め、ウエストには脂肪という名の浮き輪が張り付いて離れません。ヒップラインもどんどん下がってしまい、太ももから膝にかけてのたるみ具合も気になったり…なんてことはありませんか?

付け焼き刃的に体を動かしても食事制限をしても大きな変化は見られない。そんなオトナ世代に救世主があらわれた⁉  食事制限も運動もせずに理想のボディを叶える新たなメソッドが登場したと聞き、その発表会を取材してきました。

 

体重よりも「ボディライン」の時代へ!

ボディ・コントゥアリングについて解説する古山先生。

まずは自由が丘クリニックの理事長・古山登隆先生が近年の痩身事情について解説。

かつての女性は、痩身に対して「体重が減りさえすれば良い」という意識が強かったものの、近年では「女性が美しく見えるための身体づくり」へと変化しつつあるとのこと。メリハリのないガリガリな体型に女性的魅力は感じられないし、何よりも見た目が不健康です。特に胸がだんだんそげてくるオトナ世代、体重が減ることでこれ以上胸が小さくなってしまうのは悲しいもの……!

 

美しいボディを形成する「ゴールデン・スタイル」に欠かせないのは、輪郭・位置・パーツの3つが整っていることが重要!

そのためには、減量よりもボディラインをデザインする=ボディ・コントゥアリングと呼ばれる、新たな痩身治療が主流になると熱弁。具体的には若々しい輪郭、美しい曲線、バランスのとれた比率、魅力的なパーツ、シンメトリー、そして皮膚の美しさを保つことが重要なのだそう。うーん、納得!

 

厚生労働省が認可した痩身医療マシン

世界ではすでに600万回の施術が行われている「クールスカルプティング」。大勢の人がこのマシンの実力を認めている証拠。

ボディ・コントゥアリングの知識を頭に叩き込んだところで、いよいよ新たなメソッドの解説に。

かつては超音波や脂肪吸引、低周波などのマシンが主流でしたが、今回登場したマシン「クールスカルプティング」は、狙ったエリアの皮下脂肪だけを冷やして落とす、最新テクノロジーを搭載。

 

モニターに映されたボディの気になる部位を選択してから施術開始。ちなみに1回の施術で行える部位は1ヶ所。左右の部位を施術する場合は2回とカウントされます。

「脂肪って熱に弱いじゃないの?」と思ったアナタ。私も同じこと考えていましたが、実は脂肪細胞は低温に弱く、さらに氷点は4℃と水よりも高い温度で凍るのだそう。

 

クールスカルプティングで痩せる理由

あい 1.痩せたい部位を冷却。2.脂肪細胞のみが凍る。3.凍った脂肪細胞が数週間から数か月で体外に排出。4.脂肪の分のふくらみが減る、という仕組み。

 

ールスカルプティングによって凍った脂肪細胞は機能しなくなると、数週間〜数ヶ月かけて体外に排出。これにより、脂肪細胞の数そのものを減らすことができるのです。

ちなみに食事制限やエクササイズ、他のマシンを使った痩身の場合、脂肪細胞は減少するのではなく小さくなるだけ。脂肪細胞が再び元の大きさになってしまうことで、リバウンドが生じるのです。

痩せたい部位に装着するクールスカルプティングのアプリケータ。かなり大きい面積なので、ウエストやヒップなどの広い面積も、少ない回数で施術が可能。

 

気になる部位にアプリケータを装着して、温度をコントロールしながら一定時間(35〜75分)冷却。スマホや雑誌を見ながら、楽な姿勢で待機するだけ。 ※実際の施術は服を脱いだ状態で行います。

クールスカルプティングの最大のポイントは、安全で確実な効果を出すことから、厚生労働省の「お墨付き」を得ています。 ちなみに日本でこの認可を得たマシンはクールスカルプティングが初めて。

また、希望部位の脂肪だけを減少させるので、ウエストの脂肪だけを減らし、バストはそのままの状態をキープすることができるのです。これは嬉しいですね!

 

体験者の登場!  その結果は……?

施術効果が特に高かった部位を説明する古山先生。施術を受けた彼女の感想は「運動も食事も通常通りなのに、理想的な体型に変化した!」と大喜び。

発表会のメインイベントとして、クールスカルプティングを実際に使用した女性がステージに登場しました。

まず最初に紹介された女性。登場前の等身大パネルでは、ハリ感こそあれど、ぽっちゃりとした印象を与えるボディ。中でも背中のぜい肉と腰回りの太さが目に付く状態。

しかしステージに登場した彼女は、背中に溜まったぜい肉がすっきり解消され、横から見たときの腰回りのサイズが大幅減少! モニターに映し出されたBEFORE→AFTER画像を見ても一目瞭然。

 

パンツに乗っかっていた脂肪もすっきり解消され、腰回りの面積が大幅ダウン。ヒップの曲線も強調され、スリムだけど女性らしいシルエットに。

 

ブラトップが食い込んでいた以前に比べ、すっきりとした背中に変身! ショーツのラインが浮き彫りになっていたたるみヒップも、上向きになったことで理想的な美尻に。

 

お腹周りのBEFORE→AFTERがスゴイ!

「ダイエットではバストも小さくなってしまい悲しい思いをしたけれど、今回は気になる部位だけがスリムに! 同僚からも褒められた」と、笑顔で回答。

そして次に登場した女性は、パッと見た感じでは標準体型なのですが、下腹部のぽっこりお腹やウエストのたるみがちょっと残念なボディ。

太っている印象を受けないため、さほど変化は見られないのでは?と思いきや、気になる下腹部がすっきり解消!  クールスカルプティングの施術によってメリハリがつき、曲線が強調された女性らしいボディに。

 

ぽっこりお腹が解消され、パンツの上に乗っているぜい肉も一切なし。以前はお腹を突き出しているようにに見えたのが、施術後は理想的な姿勢に。

 

かつては腰のくびれがなく、幼児体型のようなずん胴状態。施術後はへそ横の脂肪がなくなり、キュっとしたくびれをゲット!

ちなみに両者ともに施術開始は3ヶ月前。食生活や体を動かすのも変えないのに、2週間後には体に変化が見られるようになったとのこと。また、施術には傷みもなく、肌トラブルの心配もなし。もちろん、体型が変化したあとのリバウンドもいまのところ一切なしと答えていました。

 

一度は諦めた私の残念ボディも、クールスカルプティングを使えば若かりし頃のボディに近づけることができそう!  無理なく理想の体型を手に入れたい人は、試してみる価値アリですよ。

 

出席者にサービスされたのは、脂肪冷却をイメージしたブルーのスウィーツ。このようなスウィーツをガマンしなくても、理想の体型が手に入り、しかもキープすることができます。

 

アラガン・ジャパン代表取締役社長・アグネス・リムさん。現在、日本のクリニックに提供しているクールスカルプティングの数は全国で約90施設ですが、今後さらに追加クリニックが増加するとのこと。

 

「クールスカルプティング」が受けられるクリニック一覧

http://bodycontouring.jp/search/

 

 

取材協力 アラガン・ジャパン株式会社

 

撮影/土屋哲朗 取材・文/三輪順子


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録