アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ブラウンアイシャドウも…定番だけど「男ウケはイマイチ!」な40代女性のメイク3例

目次

デイリーのメイクには「定番」が、なにかと重宝するのは事実。

ところが女性目線では「定番中の定番!」となんの違和感もないメイクでも、男性目線だと「うーん」となっているケースもチラホラです。

「定番は安心」と思っていても、そこに落とし穴があるとなれば、知っておいて損はないのではないでしょうか。

そこで、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする時短美容家の私、並木まきが、定番だけれど男性目線では「イマイチ……」になりうるメイクの特徴に迫ります。

 

定番なら安心!…とは言い切れない「男目線でイマイチ」なメイク1:ブラウンアイシャドウ

ブラウンアイシャドウは、もはや年代を問わずに「定番」と言って過言ではないほど、デイリー使いしやすい色み。

しかしブラウンの選びかたによっては、男目線で「どうなの?」を招いてしまう引き金にもなっています。

 

「ラメがびっしりなブラウン系のアイシャドウをしている40代は、派手なオバちゃんって感じでケバい!

真っ昼間から、こんなメイクをしている女性は、なんだかただならぬ雰囲気があって、ガツガツ感を感じます」(45歳男性/教育)

 

「茶色のアイシャドウをまぶたにべっとり塗っている中年女性は、単なるケバいオバサンにしか見えません。

もっとナチュラルにすればいいのに、なんでわざわざ広範囲に塗るんだろう?」(43歳男性/SE)

 

ブラウンアイシャドウは、締め色効果で目が大きく見えるメリットが期待できたり、どんな口紅にも合わせやすかったりする一方で、選びかたや塗りかたひとつで、ケバさを増長させる要因にもなりがち。

「定番」としてナチュラル使いするならば、適度な濃度のブラウンをさらっと使うのが安全です。

 

定番なら安心!…とは言い切れない「男目線でイマイチ」なメイク2:青みピンクの口紅

ブルーベースの肌には特に合うとされている「青みピンク」は、口紅のカラーとしても永遠の定番。

毎年、少しずつ発色や質感のトレンドは異なれど、塗るだけで華やかな印象が手に入るので、40代女性にも愛用者が多いカラーです。

ところが、この青みピンクも「定番」とは言っても、場合によって男性ウケがイマイチに……。

 

「バブリーなピンクの口紅をつけている40代女性は、古臭い印象しか感じません。

あの独特の青っぽいピンクは、どう見てもディスコ世代にしか映らないよ」(49歳男性/製造)

 

「40代後半くらいの女性のバブルっぽいメイクは、どうしても年齢を感じちゃう。

さすがに青いアイシャドウをつけている女性は減ったと思うんですけど、あの時代を彷彿とする口紅は、たまに見かける。

えっ!? また流行っているんですか!? ……うーん、僕には古臭いメイクにしか見えないです」(48歳男性/福祉)

 

2019年も青みピンクの人気は健在ながら、40代、特に後半世代の女性が使っていると、即座に「バブル!」を連想する男性は少なくない模様です。

男性ウケを狙って青みピンクを使うなら、くすんだピンク寄りの発色を選ぶようにすると、バブル感を払拭しやすくなります。

 

まつ毛は「盛り」よりも、セパレートしたナチュラルな盛りまつ毛がトレンドなのに……?

定番なら安心!…とは言い切れない「男目線でイマイチ」なメイク3:過剰にセパレートしているまつ毛

このところ、まつ毛は「盛り」よりも、セパレートしたナチュラルな盛りまつ毛がトレンド。

40代メイクでも、ボリュームよりも美しい扇型にセパレートされた抜け感のあるメイクが主流です。

しかしこちらも、仕上がりによっては男性目線で「あれ?」となっていることが……。

 

「まつ毛がスカスカな40代女性には、やっぱり歳を感じますね。

短いよりも、伏し目になったときに隙間が多いと貧相な印象を受けます」(45歳男性)

 

「歳をとれば、まつ毛が減ってくるのはお互い様ではあるんですけど、メイクをしているのに、あまりにもまつ毛が貧相だと、やっぱりガッカリします。

つけまつげとか不自然なメイクをするよりはマシだと思うけど、でも、女性のまつ毛って女らしさを感じさせるパーツでもあると思うから、やっぱりそれなりにフサフサしていてほしいんです(笑)」(44歳男性)

 

美しくセパレートしているまつ毛がトレンドでもあるけれど、40代はその年齢のせいで「セパレート=貧相」を醸し出す落とし穴も。

生え際に黒のアイライナーでドットを加えるひと手間を入れると、毛量が少なくとも、貧相な印象を回避しやすくなります。

 

 

定番メイクは、男性ウケを狙える鉄板でもありますが、一歩間違えると「貧相」「オバサンっぽい」を招く引き金にもなりうるというわけです。

お心当たりがありましたら、ぜひこの機会に、デイリーメイクの手法を少しだけアップデートしてみて。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録