ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【助産師解説】〇〇が妊娠中のストレス!効果的な発散法は?<ママ体験談>

目次

体は重いし、タブーも多い妊娠中。普段ならば余裕でスルーできるような些細なことでも、ママの心にはピキピキ響くものです。赤ちゃんのためにも、心安らかにいたい!そこで今回は、ママたちに妊娠中のストレスの原因、そして発散法を聞きました。

この記事の解説助産師 佐藤 裕子先生 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院の総合周産期母子医療センターで10年勤務。現在は助産院マタニティハウスSATOにて、妊娠から出産、産後のトータルケアを担っています。「日々ママや赤ちゃんに寄り添い、笑顔になってくれるのが何よりのやりがいです 」

妊娠中、何がストレス?どうしてた?~ママたちの声~

妊娠中は、自分自身の体の変化を含め、様々な不安要素にさらされています。また、妊娠前は問題がなかった人間関係でも悩むように。妊娠中、ママたちはどんなことにストレスを感じ、どうやって発散しているのでしょうか。

「お酒が飲めない!」

妊娠中でなければ、ちょっと嫌なことがあっても美味しく飲んで気分転換できますが、妊婦さんはアルコール厳禁。安心できる実家に帰って気分転換、いいですね!他にも「今まで毎日たくさん飲んでいたコーヒーが飲めなくてストレスを感じた」というママもいました。

「がんばる赤ちゃんを想像してママも奮起」

パワハラと残業は妊娠してなくてもストレスですよね。妊娠中で体調がよくなかったりするとストレス倍増!そんな時、体の内側で励ましてくれる存在に、とっても助けられるものです。

「電車での〇〇がストレス」

仕事はストレスにもなれば、ストレス発散にもなるんですね。妊娠中のにおい対策は、「マスクでガード」というママもいました。

「体調がよくなったら捨ててやる!」

妊娠中、特につわり中は嗅覚が敏感。加齢臭だけでなく、いいにおいのはずの洗剤のかおりすらストレスになってしまうんですね。

「マイナートラブルのストレスは趣味で発散」

妊娠中はホルモンの変化や赤ちゃんが大きくなってくることで、様々なマイナートラブルに見舞われます。無理せず休みながら好きなことに没頭できたら、ストレスを撃退できそうですね。

「ぐちぐち義母の口出し」

「旦那のストレスは旦那で発散」

ストレス源には、発散まで責任を持って担ってもらう……大賛成!ぜひ産後もマッサージを続けてあげてください。

「妊娠中に3度の入院。ネットショッピングで発散」

「ひとりカラオケで」

※マイナビウーマン子育て調べ 調査日時:2019年1月22日~1月28日

助産師・佐藤裕子先生からママたちへのアドバイス

ママたちからのアンケート結果を受け、助産師の佐藤裕子先生に「妊娠中のストレス」に関してのアドバイスをいただきました。

期待と不安に揺れる妊娠中

妊娠中は、赤ちゃんを授かったという喜びや早く会いたいという期待がある半面、つわりなどの体調不良や体形の大きな変化などで不安になる人も多いでしょう。

また、アンケートの回答にもあったように、子供への影響を考え、感染症や衛生面などへの警戒心も増すものです。

そんな様々な不安を抱える中、入院などで行動を制限されたり、仕事や夫や親などからの刺激が加わったりすると、普段以上にストレスを感じるようになるでしょう。

妊娠中はイライラして当たり前

妊娠中にイライラしたり、ストレスを感じやすくなる背景のひとつとして、プロゲステロンやエストロゲン(女性ホルモン)の変化があると言われています。

妊娠すると、これら女性ホルモンは胎盤から大量に産生されるようになり、妊娠末期の血中濃度は妊娠していないときの1,000倍以上にも達することがあるそうです 。

こうしたホルモンの増加がママの感情面に影響を与える可能性があるのです。ホルモン以外にも、いろいろなことに影響されて妊娠中のママの心が揺れ動くのはよくあること。「なんだ、イライラして当たり前なんだ」と、イライラしてしまう自分を受け入れてみてください。

ストレス解消のヒントを2つ

ここで、ストレス解消のヒントをいくつかお伝えします。

・素直な気持ちを紙に書き出してみる 「親に〇〇と言われたことが辛かった」「〇〇したいのに、できないのがしんどい」など、思うがままに紙に書いてみましょう。文字にすることで、イライラの原因を客観的に眺められますし、「だったら、こうすればいいかな?」といった新しい発見もあります。

・歌を歌ってみる、音楽を聴く 「カラオケに行ってストレス発散」というお母さんもいましたが、それもストレス解消には有効でしょう(もちろん、お腹の張りなど体調の変化にはくれぐれも注意しましょう) 。

今抱えているもやもやした気持ちを音楽や歌詞に重ね、感情を整理するきっかけにもなりえます。また、不安や緊張状態になると呼吸が浅くなりますので、腹式呼吸を意識して発声すれば、それもストレスに効果があるでしょう。

まずは無理せず、妊娠中のストレスと上手に付き合ってくださいね

(構成:マイナビウーマン編集部、監修:佐藤裕子先生)


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録