アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「太陽のマルシェ」4月のテーマは“平成の食べ物大集合!”


日本最大級の“食べる・買う・学ぶ・体験”ができる新しい都市型マルシェ「太陽のマルシェ」が4月13日(土)と14日(日)の2日間、東京・勝どきの月島第二児童公園にて開催される。

平成最後の「太陽のマルシェ」となる4月のテーマは“平成の食べ物大集合!”。平成で広がった野菜や果物の楽しみ方を感じるヴィーガンスイーツや野菜チップス、アジアン料理やクラフトビールなどを販売する。

「Natural sweets Toitoi」は、農家さん直送・国産・オーガニックの素材を使用したヴィーガンスイーツを販売。

「ドレミファーム」が販売するのは、鮮やかなカラーリングが特徴的でSNSにも載せたくなるさまざまな野菜のピクルス。インテリアとしてもおススメ。

「素焼きチップス」では、独自製法の乾燥素焼きにより野菜や果物そのものの旨味が凝縮した、ノンフライノンオイル無添加の野菜・果物チップスを販売する。


コーヒーショップ「WEEKEND」は、コーヒーやチャイ、アイスクリームを販売。平成のトレンドのひとつとなったサードウェーブコーヒーを味わおう。


その他にも、「みそ蔵たかむら」が販売する米麹と沖縄の海水塩(青い海)と水だけで作った塩麴や、


「Asian goyanglidah」が販売する平成のパクチーブームをけん引したアジア料理の代表・ナシゴレン、


初出店の「三陸ビール」が提供する三陸地域の農作物・海産物を原料としたクラフトビール、


「Chocolate de Familia」のシリアルとナッツがざっくり入ったバークチョコレート、


「旬のごはんとトキシラズ」の甘酒を使ったメニューなどが登場する。

4月の「太陽のマルシェ」には食べものだけでなく、「Kukka-ateljee」が手がけるたくさんの花材から選べる自分だけのハーバリウム作りのワークショップや、


若い女性に癒やしグッズとして流行しているスライム作りを提案する「キラ☆パテ」も登場するので、そちらもお見逃しなく!

忙しい日常から離れてストレス発散できること間違いなしの「太陽のマルシェ」。ここでしか味わえない全国各地の平成のトレンドを、平成に思いをはせながら一日ゆっくりと味わってみては?

■「月島第二児童公園」
住所:東京都中央区勝どき1-9-8


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録