アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

簡単にサマになる!40代にオススメの「ショート&ボブ」7選

目次

すっかり暖かくなり春を感じる今、「イメチェンしたいな」と思う方も多いのではないでしょうか?

そこでオススメしたいのが、40代を素敵に見せてくれる「ショート」や「ボブスタイル」なんです。

その中でも、挑戦しやすいスタイルをご紹介していきます!

 

辺見えみり風ふんわりショートボブ

くせ毛っぽいうねりがおしゃれな雰囲気をかもし出す。担当/鵜野香織さん(ZACC raffine)

トップから毛先にかけてゆるい動きをつけたショートボブ。顔まわりに長い毛束があるので、短くするのはちょっと……と躊躇している人でもトライしやすいスタイルです。

髪を短くするとクールな印象になるという人でも、曲線を描く毛束があることで女性らしさをしっかりとアピールできます。

また、ボリューム不足に悩む人でもふんわり感がキープできるのもいいところ。

 

広末涼子風丸みショートボブ

頭の形がキレイに見えるシルエットが素敵。担当/佐野みづほさん(ZACC raffine)

あごラインに設定した前下がりのショートボブ。あごのラインがシャープに見えるだけでなく、首もほっそり見えるので顔のたるみが気になるアラフォーにはぴったり。

 

>>チェック!→辺見えみりがお手本。40代を素敵に見せる2大ショートスタイル

 

短め前髪がポイントのヘルシーミディ

担当/加藤秀章さん(Elilume from zacc)

 

若づくりしているって言われそうと短め前髪を敬遠している人もいますが、眉上ギリギリなら”やり過ぎ”感がなく、40代でもトライしやすい長さです。サイドに流れる長め前髪との二重構造のようにするとなじみやすく、落ち着いた雰囲気に。おでこがちらっと見えることで表情が明るく見えます。

 

乾かすだけでも決まるリラックスショート

担当/和野陽介さん(Elilume from zacc )

女性らしいショートスタイルも最近は人気ですね。中谷美紀さんのように潔くカットするには勇気がいるところですが、顔まわりを残して短くカットすれば、カッコよさと可愛さを兼ね備えた美人ショートに。

 

頭の形がキレイに見えるメリハリショートボブ

担当/高沢和樹さん(Elilume from zacc )

湿気で髪がふくらみやすい、ボリュームがなくなってきた、クセがあるといった髪悩みを抱えている人におすすめのゆるパーマヘア。

トップと前髪にだけCカールのパーマをかけてナチュラルなふんわり感をキープ。部分的にパーマをかけるだけで質感が変わり、手間をかけずにおしゃれに見えます。

 

>>チェック!→マイナス5歳を実現!40代が小顔になる短め軽めヘアスタイル3選

 

自然とおくれ毛が出る肩上ボブ

スタイルのポイントは丸みシルエットになるようにカットすることと、重心が下がらないように高めの位置にレイヤーを入れること。下のほうに重さがくると顔まで下がって見えるので老け顔に。40代としては避けたいですよね。

 

全体にパーマをかけたほうがふんわりするのでは?と思いがちですが、髪表面のパサつきが目立ってしまうのでレイヤーと毛先のパーマでボリュームを演出したほうが40代にはおすすめです。

 

結んでみると……↓

低い位置に結ぶのが大人ポイント。もみあげの上にひと束おくれ毛を残すと「やり過ぎ感」がなくナチュラル。自然に落ちる毛束もそのままいかして。

レイヤーが入っていることで、髪をまとめたときに自然と落ちる髪ができ、おくれ毛のバランスに悩む必要もありません。バーム系ワックスを全体にもみ込んだら、手ぐしでまとめて結ぶだけ。サイドの髪は耳にかぶせてたるませるとおしゃれに見えます。

 

大人の色気が漂うくびれロブ

大人女性に支持を得ている鎖骨ラインの長めボブ(ロングボブでロブです)。

首のあたりにさりげないくびれをつくることで、大人の色気がアピールできます。

 

結んでみると……↓

低い位置で結び、おだんごヘアに。耳を出すと若づくりになりがちなので、たるんと髪をかぶせるのがおすすめ。顔まわりに自然と落ちる髪をいかしておくれ毛に。

ゆるふわ加減は毛束の引き出す量で調整を。ラフに決めたい日は大胆に引き出し、きちんとしたい日は凸凹が少し出るくらいに。鏡で後ろ姿をチェックしながら行ってください。

>>チェック!→1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

 

いかがでしたか?

気になるものがあれば、是非挑戦してみてくださいね!

 


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録