アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「年齢よりもオバサンっぽい!」な40代にありがちな痛いポイントメイクって…?

目次

「あの人、年齢よりもオバサンっぽく見えるよね」なんて陰で言われるのは、40代にとってかなり不名誉なお話。

しかし、実年齢を聞いて驚くほどみずみずしさに溢れている40代女性もいれば、残念ながらも「まだ40代だったの!?」と感じるほど老けて見えている女性もいるのは確かです。

「せっかくならば、前者でいたい!」とお感じになった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、年齢よりも老け見えしがちな女性ほどやりがちな痛いポイントメイクに迫ります。

 

これが原因…年齢よりもオバ見えしている40代の痛ポイントメイク1:立体感に欠ける肌

毎日のメイクでは「ただファンデーションを塗っているだけです!」な40代ほど陥りがちなのが、立体感に欠ける肌。

カバー力のあるファンデを使い、シミやシワなどの年齢なりのアレコレはフォローできていたとしても、全体的にノッペリとした仕上がりになっていると、これがオバ見えを加速させる原因にもなりがちです。

ハイライトやシェーディングをやりすぎた骨格メイクも老け顔を招くことがあるものの、逆に「凹凸はまったく意識してません」なファンデーションのベタ塗りも、デンジャラス。

顔が大きく見える原因にもなりがちで、やたら年齢によるインパクトが強調され、実年齢より老けて見えるイメージを強めてしまいやすいのです。

ノッペリ感を払拭するためには、メイクの仕上げに、軽くハイライトやシェーディングを入れるだけでも違ってきます。

 

これが原因…年齢よりもオバ見えしている40代の痛ポイントメイク2:血色が足りない唇

口もとに色を添えると、それだけでパッと顔が明るくなるもの。

特に、肌にくすみや色ムラなどが出やすい40代ともなると、口紅を「塗る」or「塗らない」の違いだけで、顔の印象が大きく変わるのも実態です。

しかしオバ見えを防ぐならば、ただ「なんでもいいから、塗ってさえいれば大丈夫」ともいかず、血色感が足りない色みを口もとにもってきてしまうと、これが不健康そうに見えたり生活疲れを感じさせたりといった原因にも。

せっかく口紅を塗っても、かえって老けた雰囲気を加速させてしまうのです。

くすみカラーや暗さのあるマット系のリップを塗るときには、特に気をつける必要があり「顔色の悪いオバサン」を防ぐためには、ある程度のツヤ感を加えておくと安心です。

 

○○が薄いと一気にオバ見え……! 次ページ

これが原因…年齢よりもオバ見えしている40代の痛ポイントメイク3:眉毛が薄い

こってりと主張する眉を避けたくて、色みやデザインで「主張しない眉」を意識していると、これもときとしてオバ見えを加速させるメイクの原因に。

昨今は、やや太眉かつそれなりに主張する眉デザインがリアルトレンドなこともあって、眉が薄い印象を与えると、それだけで古臭いイメージからの年齢を感じさせる要素にもなりうるのです。

特に、眉以外のパーツはしっかりメイクをしているのに、眉だけがやたら薄い仕上がりになっていると、アンバランスな印象をも与え、流行とかけ離れた“オバメイク”に見えやすいのも否めません。

眉の濃さに迷ってしまったときには、髪色よりワントーン明るい仕上げを狙い、眉頭のみ薄めの色に整えたら、眉山がもっとも濃くなるようにグラデーションを。眉尻は、眉山よりもワントーン淡い仕上げで描くようにすると、今っぽい印象になり、無用なオバ見えを防ぎやすくなります。

 

まだ40代なのに「50代ですか?」「大きなお孫さんがいそう!」など、実年齢よりオバ見えするのは、できる限り避けたいのも女心。

メイクのイメージによって、オバサンっぽさが左右されることもあるだけに、お心当たりがあったかたは、ぜひメイクのアップデートを。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録