アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

オバ見えする!40代女性ほど「この春、アップデートを怠っている」3大メイクコスメ

目次

きちんとメイクをしているのに「どこかオバサンくさい」にお心当たりがある場合、使っているコスメが原因であることも。

40代ともなれば、各パーツにそれぞれお気に入りのコスメがある人も珍しくないものの、その“お気に入りのコスメ”のせいで「古くさい!」「老けてる!」を招いてしまうこともありがちです。

「そういえば、コスメは最近、新製品に手を出していない」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、オバ見えしちゃう40代女性ほど、この春アップデートをおろそかにしている3大コスメに迫ります。

 

毎日のメイクのせいでオバサン…老け見え40代ほどこの春、更新していないコスメ1:ファンデーション

本格的な春を迎え、そろそろベースメイクも夏を視野に入れたアイテムに、衣替えを目論見たいシーズン。

しかし、季節を問わずに「オバ見え」を招いてしまう女性ほど、このファンデーションのアップデートを怠っている実態もチラホラです。

昨今のベースメイクコスメの進化は著しく、年々、素肌に近い仕上がりのものも増えていたり、カバー力はあるのに透明感がアップする魔法のようなファンデが増えていたりと、その実力はかなりのもの。

それなのに「これが、肌に合っているから」の固定概念で、何年もファンデーションを更新しないままでいるのは「もったいない!」とも言えるのです。

どんなに「肌に合う」と感じているファンデーションでも、加齢によって肌感そのものが変わって合わなくなっている可能性のほか、何年も前からリニューアルしていないコスメだと、正しい使い方をしていても、仕上がりが古くさく感じられるリスクも考えられます。

今年の春夏も、昨年までより“ツヤ”は抑えた仕上がりがリアルトレンドになっていることから、ツヤ感が強すぎる仕上がりのファンデーションで「オバサンっぽい!」を招く引き金にもご用心です。

 

毎日のメイクのせいでオバサン…老け見え40代ほどこの春、更新していないコスメ2:アイライナー

アイラインの流行も、その年によって、変化があらわれやすい部分。

だからこそ、“自分なりの定番アイライン”が確立している40代には、残念ながら「いかにもオバサン」「老けた感じのメイク」なんて印象を醸し出してしまっている人もいらっしゃいます。

実態として、年齢を重ねたまぶたは、肌の微妙な凹凸のせいで描きやすいアイライナーが限られたり、シワやたるみのせいで発色に満足のいくアイライナーが決まったりもしがち。

とは言っても、その発色や太さ、質感などが「何年も前に大流行」的な仕上がりだと、それだけで古くさいメイクに感じさせる引き金にもなりやすいのです。

「ブラック」「ブラウン」など、自分なりの“定番カラー”が定まっているとしても、仕上がり感にこだわって年々アップデートを怠らないことが、フレッシュな目もとを演出するコツにもつながります。

今年の春夏は、むしろ「アイラインを使わない」な目もともリアルトレンド。定番ラインを入れるにしても、極細仕上げを狙ったほうが、若々しいイメージを目指せます。

 

○○を変えるだけで、一気に旬顔に! 次ページ

毎日のメイクのせいでオバサン…老け見え40代ほど更新していないコスメ3:口紅

40代ともなれば「私に似合う口紅は、このブランドのこの色」と決まっている女性も珍しくありません。

マイ定番カラーが定まっている40代女性は、自分の顔を華やかに見せるメイクにも長けているけれど、何年も同じ口紅を使い続けている場合には、オバ見えリスクが格段にアップするのも否めず、です。

口紅を変えるだけで、旬の顔にもなれば古い印象にもなると言っても過言ではないほど、リップメイクは「トレンドの要」とも言えるパーツ。

そのため、色合いは似ていてもその質感が微妙に異なるなど、トレンド要素にこだわって選ぶほど、今っぽい仕上がりを狙えるのも確かです。

この春夏の40代リアルトレンドとしては、ツヤ感は控えめながらも、うるおいに満ちた唇を演出するのがベター。従来の“ツヤ”的な輝きよりも、内側からうるおっているかのようなやさしい質感の口紅を選ぶと失敗が少なくなります。

 

春は、メイクを変えて季節感を演出したくなる季節でもあるものの、長く使い慣れたコスメがある40代女性ほど「変えるのが面倒」に思うのも実態。

しかしその“使い慣れた相棒”のせいでオバ見えリスクをあげていたとしたら、とても残念。

お心当たりがあったかたは、ぜひ今すぐアップデートを。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録