アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

あっ、オバ見え…な40代女性が「昔のまま」使いがちな3大スキンケアは

目次

「ひとつ歳をとるたびに、なんだかオバサンっぽさが加速している気がする」なんて気がしたときに、すべてを“年齢のせい”にするのはまだ早いかもしれません。

私たち40代の肌は、きちんと手をかければ「まだまだそれなりに応えてくれる」を実感できるケースも決して珍しくなく、そうではない場合には、使っているスキンケアコスメが合っていない可能性も。

「そういえば、スキンケアコスメなんて何年も見直してないかも」にお心当たりがある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は「なんとなくオバ見え」な40代女性ほど、この春にアップデートを怠っているスキンケアコスメに迫ります。

 

あっオバ見え…な40代女性ほどこの春にアップデートを怠ったスキンケアコスメ1:UV関連アイテム

すでに強めな紫外線が降り注いでいる4月もそろそろ終わりを迎えようとする今、冬までと同様のUV対策コスメでは、少々心もとない対策になってしまうのも事実。

日焼け止めのみならず、UV対策機能を備えた下地、ファンデーションなどは、そろそろ強い日差しに備えるべく、万全のUV対策が求められている時期に突入しています。

「なんだか、この春から、肌がしぼんでる」なんて不安がある場合、ひょっとするとすでにUV対策が足りていなくて、どんどんお肌の劣化を加速させているリスクも潜みます。

「シミは増えていないし」と高をくくっていると、近い将来にあらゆるパーツにシミが浮き出てくる恐怖とも直面しているわけですし「なんだかお肌に元気がない」と感じたら、まずはUV対策が万全であるか、今一度チェックを。

 

あっオバ見え…な40代女性ほどこの春にアップデートを怠ったスキンケアコスメ2:毛穴対策

ぱっくりと開いた毛穴や、見るからにボツボツとした毛穴など「毛穴関連」に課題があると、即座に年齢を感じさせる肌になるのも傾向です。

40代の毛穴は、ちょっとした環境や外気の変化、ストレスでも悪目立ちしがちなのは否めないだけに、きちんとした対策を「するorしない」では、その肌感が格段に変わっても不思議ではありません。

デイリーのスキンケアで、化粧水〜美容液〜乳液と、基本的なステップを怠っていなかったとしても、季節の変わり目にありがちな“毛穴劣化見え”を防ぐには、専用アイテムを使ったほうが確実。

ちなみに、ひと口に「毛穴コスメ」と言っても、角栓が詰まっているのか、毛穴がたるんでいるのか……など、その状態によってふさわしいコスメも変わってきますから、ご自身の毛穴の状態を見極めつつ、適切なコスメを取り入れるのが、オバ見え回避への近道です。

 

○○はうるおいさえ足していればいいと思いがちですが…… 次ページ

あっオバ見え…な40代女性ほどこの春にアップデートを怠ったスキンケアコスメ3:リップ対策

「唇のケアは、とりあえずうるおいさえ足しておけば、問題なし」も、あながち間違いではないものの、40代ともなると、気づかぬうちに唇の血色が悪くなっていたり輪郭がぼやけていたりといった“プチオバ見え要素”にも直面しがち。

結構不良により色が悪く見える唇には、どんなにうるおいをプラスしても、不健康な印象は解消せず、老けて見える要素は改善しないハメにもなりやすいのです。

私たち世代になったら、唇のケアは季節の変わりめにこそ、きちんと手をかけたいお手入れのひとつ。

特に、寒い時期に溜まりまくったであろう古い角質などを“落とす”お手入れや、こり固まった部分をきちんとほぐすマッサージは、できるだけ丁寧にしておきたいところです。

うるおいを持続させるリップクリームも大事だけれど、スクラブコスメやマッサージ用のリップオイルなども、手もとに置くべきオバ見え回避アイテムと言えると思います。

 

「体調が悪いわけでもないのに、なんとなく顔が老けた感じ」。そんなお心当たりがあるならば、スキンケアコスメを見直すべきタイミングかもしれません。

化粧水や乳液などの基本のコスメは見直していたとしても、それ以外の部分がおろそかになってしまえば、年齢なりの“アラ”が目立ちやすくなることも。この機会にぜひ、デイリーのスキンケアも見直しを図ってみて。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録