アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

超簡単!知って得する野菜長持ち裏ワザ4選◎

目次

超簡単!知って得する野菜長持ち裏ワザ4選◎

冷蔵庫で保管していても変色したり傷んでしまう野菜たち。実は野菜によって保存方法も違うって知っていましたか? 今回はとっても簡単にできる、4つの野菜を長持ちさせる便利な裏ワザをご紹介します♪

▼目次

①レタスの保存方法

手順

1. 芯を切り落とす

包丁でレタスの芯を薄く切り落とします。

2. 小麦粉をまぶす

切り取った芯の部分に小麦粉をまぶしましょう。

3. 新聞紙で包む

レタスを丸ごと新聞紙で包みます。

4. ポリ袋に入れる

<手順3>をポリ袋に入れて口をしっかりと結びましょう。

5. 芯を下にして冷蔵庫へ

芯を下向きにし、冷蔵庫に入れて保管してください。

小麦粉が水分を保つ!

芯部分にまぶした小麦粉が水分を保ってくれるので、傷みにくくなるんです。

②もやしの保存方法

手順

1. もやしを水に浸す

保存容器にもやしを入れ、水を入れて浸します。
水はもやしが浸かるくらい入れてください。

2. フタをして冷蔵庫へ

保存容器のフタを閉めて冷蔵庫で保管しましょう。
毎日水を替えると1週間以上長持ちしますよ◎

もやしは水と相性がいい

もやしはもともと水で発芽するので、水と相性がいいんです♪

③たまねぎの保存方法

手順

1. ストッキングにたまねぎを入れる

ストッキングの中にたまねぎを1個ずつ入れて結び、たまねぎが連なるようにします。

2. ストッキングの先を結び、余った部分を切る

たまねぎを入れ終わったらストッキングの先をしっかりと結び、余ったストッキングをハサミで切りましょう。

3. 吊るして置いておく

台所などに吊るして保管してください。

使うときは使う分だけハサミで切れるのでとっても便利◎

通気性がポイント!

たまねぎの保存は通気性がポイントなので、吊るして保管するのが最適なんです。

④ブロッコリーの保存方法

手順

1. 水を入れたガラス容器にブロッコリーを立てる

2〜3cm水を入れたガラス容器の中に、ブロッコリーを立てて入れます。

2. ポリ袋を被せる

<手順1>に上からポリ袋を被せましょう。

3. 輪ゴムで留める

容器の下部分を輪ゴムで留めます。
あとは冷蔵庫で保存するだけ!

乾燥を防ぐのがポイント

水に浸けて乾燥を防ぐことによって、ブロッコリーの新鮮さが保たれるんです。

いかがでしたか? どれもすぐに試せる簡単な裏ワザですよね♪
この裏ワザたちを使って、野菜をより長持ちさせちゃいましょう!

ライター:あだちあやか


/

この記事の著者

ママタス

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録