アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

【男の本音】僕たち、こんな瞬間に恋に落ちました!魅力的な女性の特徴9選

目次

恋愛をすると「男性って何を考えているんだろう」と感じる事はありませんか?

そんな気になる男性の本音の記事を、今回はピックアップしてまとめてみました!

これで少しは、男性の考えがわかるかも? 要チェックです。

 

こんな瞬間に恋に落ちました

1・どんなシーンでもエネルギッシュに動く姿をみたとき

・「昔からの友人たちとビアガーデンに行く約束をした金曜日。みんな仕事帰りで疲れているんだけど、ひとりの女友達だけはテキパキとお冷やおしぼりを取りに行ってくれて、『せっかく集まったんだから』と笑顔で渡してくれる姿に惚れました。こういうときの気遣いって嬉しい」(36歳/公務員)

 

・「業務の関係で、休日に同僚のアラフォー女性と取引先へ行くことになった。俺は予定が潰れて渋々だったんだけど、彼女は『これが終わったら美味しいイタリアンを食べに行こう!』と元気で、この人となら楽しくやれると思いました。女性のエネルギーって励まされます」(39歳/営業)

 

2・時と場合で「特別扱い」してくれたとき

・「サークルの仲間で開いたバーベキューで、一番仲の良い女友達が肉や野菜を取り分けてくれたんだけど、俺の好きな野菜がたくさん入っていて嬉しかった。『お肉より魚だったっけ?』って、好物を覚えてくれているのは正直グッとくる」(37歳/インストラクター)

 

・「会社にいるアラフォーの同僚なんだけど、飲み会で年下のイケメン社員にはニコニコお酌をしに行くのに、ほかの男には無愛想にお酒を注いでまわるだけ。あからさまに差があるのが大人げないし、こっちも気分が良くない。好意を持てるはずがない」(43歳/人事)

 

3・暑さを吹き飛ばすような「笑顔」が見られたとき

・「ジム仲間と出かけた花火大会。ジムで顔を合わせるときはウェアばかりだけど、初めて見た浴衣姿が色っぽくて思わずドキッとしました。打ち上げ花火に声をあげる笑顔も可愛くて、良いものだなと思ってからはずっと意識しています」(38歳/看護士)

 

・「僕が好きになった年上のアラフォー女性は、夏場はしんどい倉庫での荷降ろし作業も笑顔でやる人。『汗でメイクが落ちる』とかぶつぶつ言って進まない人と違って、周りに声をかけながら一生懸命動く姿はかっこいいし素敵だなと思っていつも見ています」(36歳/配送)

>>チェック!→【男の本音】僕らが40代独女と恋に落ちた瞬間・萎えた瞬間

 

女友達を女として意識したのは、こんな時……!

1・ずっと同じ「楽しみを共有」しているとき

・「お互いに映画が好きで、観た映画の感想を言い合ったりたまにふたりで映画館に行ったりするアラフォーの女友達。色気のある関係ではないけど、飽きずにずっと話していられる居心地の良さに気がついたときに好きになりましたね」(36歳/デザイナー)

 

・「登山が趣味で、同じサークルでずっと山登りを楽しんできた女性。怪我をして会えない時間ができたとき、すごく心配したし一緒に登れないのはつまらないと感じた。あぁ、好きなんだなと思いました」(41歳/企画)

 

2・思いがけず「脆い部分」を見たとき

・「小さな会社でずっと一緒に働いてきたアラフォーの同僚。お互い『年とったねー』なんて笑うときもあるけど、ある日ふたりで飲んだときに『ひとりの部屋って寂しいよね』とぽつんとつぶやいた姿にドキッとした。か弱いっていうの? 放っておけない感じ」(43歳/総務)

 

・「バツイチの女友達がいるんだけど、いつも明るくて友人も多くて、『ひとりでも平気!』とよく豪語していた。でも、車の事故で入院したって聞いて駆けつけたとき、ベッドで寝ている彼女はすごく小さく見えた。胸がぎゅっとなりました」(36歳/営業)

 

3・「この人じゃないと」と気がついたとき

・「自分は割と交友関係は広いほうだと思っていたんだけど、大好きなラーメンはある女友達と食べるのが一番楽しい。丼を交換できるのも彼女だけだと気がついて、改めて彼女が好きなんだなと思いました」(37歳/配送)

 

・「本好きの友達はほかにもいるんだけど、ミステリーについて深く話せるのは付き合いの長いアラフォーの女友達だけ。好きな作家の新作が出ると真っ先に顔が浮かぶのって、好きだから?」(42歳/サービス)

>>チェック!→【男の本音】僕たちが40代の女友達を意識しちゃうのってこんな瞬間!

 

コレにやられた!お食事デートでの嬉しい気遣いって?

1・店員やほかのお客さんに気遣いができる

・「いま付き合っているアラフォーの彼女は、どこに行っても店員に対していつも丁寧に接するところが好き。コンビニでも笑顔でお礼を言う姿にハッとしたのが好意を持ったきっかけでした」(43歳/製造)

 

・「並んで待っていたカフェで、自分たちの後ろに家族連れがいたとき。席が空いたけど、『お先にどうぞ』って広いテーブル席を譲った同僚に惚れた。もちろん俺にも『いい?』って確認してくれたけど、文句ありません」(36歳/介護)

 

2・知り合いに会ってもしっかり挨拶をしてくれる

・「以前付き合っていた女性は、レストランで俺の同僚に会っても頭を下げるだけで、ろくに会話もしてくれなかった。おかげで集まりには連れて行きづらいし、社交性がない人と付き合うのは疲れる」(38歳/営業)

 

・「彼女と食事中に、取引先の課長とバッタリ。彼女をどう紹介しようと思っていたら、自分から立ち上がってしっかり自己紹介してくれた。あとで課長に『いい女性だな』と言われて鼻が高かった」(35歳/サービス)

 

3・会計は「割り勘」を前提にしている

・「そろそろお店を出るかってときにテーブルでさっと『私の分。一緒に払って』って自分の分を渡してきた友人。おごるつもりだったけど、レジの前で俺に恥をかかせない気遣いは嬉しかった」(41歳/事務)

 

・「食事のときはいつも『ふたりで払う』ことを前提にしている彼女とは、お店を選ぶときからプレッシャーがなくて助かります。負担が一方的にならない付き合いを考えてくれているところが好き」(38歳/営業)

>>チェック!→【男の本音】コレにやられた!お食事デートで40代独女の嬉しい気遣いって?

 

いかがでしたか?

男性の本音って中々聞ける機会がないですよね!

是非参考にしてみてください!


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録