アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

40代が【飛びついちゃダメ!】この春の流行大反省会

10日間のゴールデンウィークも終わり。年号も令和に変わって早1週間、春のお買い物もひと段落したという人も多いのではないでしょうか。お仕事シーンと違って、長い連休中は着こなしのバリエーションに困った、旅行先での着まわしでイマイチなコーディネートになってしまった、と後悔している人も多いのではないでしょうか。今回は、実際に40代女性がやってみて残念だったGWのカジュアルコーデについてリサーチしてみたいと思います。

 

流行りだけど、幼稚園児みたい……

ショルダーを短くした斜めがけバッグ

「旅行中、両手があくからとカジュアルバッグの斜めがけデビューしました。気分良くお買い物していたら、全身が映る鏡の前に立って見てビックリ! なんだか子供のバッグを無理やり斜めがけしている人みたいで、慌ててショルダーの長さを調整しました(41歳・不動産勤務)」

ウエストポーチやサコッシュ、メンズライクなメッセージバッグを斜めがけするコーディネートは引き続き流行っていますが、フィット感のある斜めがけは、40代の体型も目立ちますし、カジュアルすぎてハードル高め。全体のコーデバランスが上手だったり、キャラクターや体型に合う人はいいのですが、カジュアルに慣れない人が旅行中急にやってしまうと、なんとなく幼稚園児の通園バッグのような違和感を感じてしまうことも。かといって、バブル期のように長いストラップを肩にかけるのも微妙。大人は通常のストラップの長さで、腰辺りの高さになるくらいが好バランスに決まります。

 

脚が太く短く見える組み合わせNo.1?

膝丈タイトスカート×ダッドスニーカー

「親子でテーマパークへ遊びに行くことになり、足元は歩きやすく流行りのダッドスニーカーをセレクト。でも、持っていったデニムを履いたら窮屈だったので、カジュアルなタイトスカートを合わせました。天気も良く楽しんでいたのですが、後ろを歩いていた夫から、一言『太った?』と言われて……。この組み合わせは、ふくらはぎのごまかしが効かない事を実感しました(43歳・保険会社勤務)」

今期もタイトカートやスニーカーは人気アイテム。持っているという人も多いのではないでしょうか。でも、休日にカジュアルダウンしようと、タイトスカートにぼってりしたダッドスニーカーを合わせてしまうと、ふくらはぎが目立ち、脚が太く短く見えてしまいます。大人が合わせるなら、膝下丈のタイトスカートには、フラットシューズでもスッキリと女性らしいデザインのものを合わせるか、もしくはスカートの丈がミモレ丈以上のものを選ぶとバランスよく決まります。

 

休日リラックスコーデの落とし穴

ワッフルワンピ×ニットパンツ

「ゴールデンウィークに久しぶりの女友達で集まることに。ちょっと素敵なレストランでランチすることになっていたのですが、場所も地元だしいつものカジュアルな格好で行ったところ、集まった友達たちはみんなキレイめなスカートやパンツ姿。ゆるゆるなコーデは家着感がすごくて、自分だけ劣化したように感じてしまい、せっかくのランチが楽しめず、後悔しました(39歳・プログラマー)」

ゆったりとしたシルエットで楽ちんなレイヤードコーデは、露出も少ないので若い世代だけじゃなく、体型が気になる40代にも人気。ですが、上下リラックス感のある素材を合わせてしまうと、逆に体を大きく見せてしまい着太りして見えることも。スレンダー体型の人ならきこなせるかもしれませんが、お尻やお腹周りにボリュームが出てきたという人は、注意が必要です。特に、半端丈のワイドなニットパンツは胴長短足になってしまうので避けた方が無難です。大人がするなら、ゆったりアイテムは上下どちらか1点、トップスにブラウスを合わせるか、ボトムは細身パンツもしくは軽やかなロングスカートなど、女性らしいアイテムを合わせると印象もよくなります。

 

横から見たときのシルエットに注意!

胸上切り替えティアードトップス

「同窓会も兼ねて、大学時代の友達と集まることに。買ったばかりのティアードブラウスを着ていったのですが、帰りの電車で席を譲られました。恐らく私が妊婦に見えていたんでしょうけど、もしかしたら今日会った人たちにもそんな疑惑を持たせてしまっていたのかと思うと、恥ずかしい気持ちでいっぱいです(37歳・印刷会社営業)」

今季トレンドのティアードは、ワンピースにマキシ丈スカート、Tシャツからブラウスまで幅広いラインナップで揃います。大人でも取り入れられるアイテムですが、胸上切り替えのティアードトップスは、前から見ると素敵でも、横から見るとボリューム過多になってしまうことがあるので気をつけたいところ。特に、バストが大きめの人は向いていないデザインです。上半身の厚みが増してくる40代は、試着してからの購入がおすすめ。色も、淡いブルーやピンクなどのカラータイプは、印象が強く目を引くので、ベーシックカラーの方が大人っぽく着こなせます。

 

以上、いかがだったでしょうか。どのアイテムも雑誌やネット上などで見かける人気の高いラインナップですが、セレクトや着こなし方を間違えると、若作り感や服に着られている感が出てしまいがち。流行っているものを適度に取り入れるのはおしゃれの近道ですが、40代になったら自分に似合うトレンドのINとOUTをしっかりと見極める必要がありそうです。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録