アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】妊娠中の体重管理は重要! 体重増加推移の目安は?

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

妊娠中には、理想とされる体重の増加推移があります。今回は妊婦さんの体重の管理方法をお伝えします。

この記事の監修ドクター

産婦人科医長加藤智子 先生 浜松医科大学医学部医学科卒業、社会医療法人財団新和会八千代病院勤務。日本産科婦人科学会(専門医)、日本医師会(認定産業医)、日本抗加齢医学会(専門医)、NPO法人女性と加齢のヘルスケア学会(更年期カウンセラー)、日本産婦人科内視鏡学会、日本女性心身医学会、検診マンモグラフィ読影認定医、日本気象予報士会東海支部(気象予報士)。女医+(じょいぷらす)所属。 妊娠や子育て、不妊治療、婦人科疾患など皆様が不安なことが多い女性の一生をサポートし、皆さまの悩みに少しでもこたえられるような情報を提供できたらと思います。医師そして気象予報士としての視点でも健康についてアドバイスしていきます。

何故、妊娠中は体重が増えるの

517970134

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠中に体重が増える要因

妊娠中に体重が増えるのは、もちろんお腹の赤ちゃんが成長するからです。しかし、出産時の赤ちゃんの重さが3kg(3,000g)前後なのに対して、ママの体重は妊娠前と比較して10kg前後も増えています。これでは計算が合いませんよね。ママの体重を増加させるものの正体は、赤ちゃんの他に「胎盤・水分・皮下脂肪」などがあります。以下、それぞれの重さの目安をご紹介します。

出産間近の赤ちゃん(胎児):およそ3kg 胎盤:600g前後 羊水、血液・皮下脂肪の増加量:およそ5kg前後

体重が増えるのは当たり前

妊娠中の女性は、赤ちゃんだけでなく、胎盤や羊水、血液、皮下脂肪が増加するので「体重が増えるのは当たり前」と言えます。妊娠前と全く同じというわけにはいきませんが、分娩すれば体重はもちろん、妊娠前に近づきます。なお、妊婦さんに推奨される最終的な体重増加量は「妊娠前のママの体型」によって変わります。以下、妊婦さんの推奨される体重増加量の目安です。

低体重(BMI18.5未満)のママ:9kg~12kg 普通体型(BMI18.5〜25.0未満)のママ:7kg~12kg 肥満(BMI25.0以上)のママ:医師による個別判断

なお、BMI = 体重(kg)× 身長(m)÷ 身長(m)で求められます。

(参考:「妊娠期の至適体重増加チャート」について」厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3a4.pdf)

まずは適正体重を知る

妊娠前に自らの「適正体重」を知っておきましょう。それを目安に、体重を増やす、または減らすということを検討しても良いかもしれません。体を壊さないように、できるだけかかりつけ医に相談するすることがおすすめです。なお、適正体重は以下の計算式で求めることができます。

身長(m)× 身長(m)× 22 = 適正体重

計算が難しいという方は、日本医師会のホームページ上で自動計算できます。(*)

(*「適正体重」日本医師会 https://www.med.or.jp/forest/health/eat/11.html)

妊娠中の体重の増加には気をつける

513372842

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

体重が増加しすぎることによる危険性

体重が増加しすぎるということは、不必要な体脂肪がついている可能性が考えられます。特に、過剰な脂肪の増加により産道が狭くなると難産になったり、帝王切開術を必要とする可能性も高まります。さらには、以下にご紹介する妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病の危険も出てきます。

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病は「妊娠中に起こる糖代謝の異常」を指します。ママのみならず、胎児も血糖値が高くなることで母子ともに様々な悪影響が懸念されます

まずママの高血糖は、腎症、難産、網膜症ほか、後にご紹介する「妊娠高血圧症候群」へとつながる危険があります。また、胎児の高血糖は、黄疸、多血症、低血糖ほか心臓が肥大したり、巨大児になったりと悪影響が考えられます。最悪のケースとしては、流産や赤ちゃんの死亡へとつながる危険もあるでしょう。

なお、妊娠前からすでに糖尿病であった場合は「妊娠糖尿病」とは呼ばれませんが、より細心の注意を払った血糖コントロールが必要となります。

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群は、母体や胎児にも悪影響となります。妊娠高血圧症候群の悪化は、赤ちゃんの発育不全(低体重出産)や死産、さらには常位胎盤早期剥離、子癇発作など母児ともに生命の危機にさらされる危険性があります。

妊娠中の目安体重はどのくらい?

486766305

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠初期の体重目安

妊娠初期は胎児がまだ大変小さい状態なので、目安となる平均的な体重の変化を考える事は難しいです。妊娠初期の体重管理については「妊婦それぞれ個別に対応する」という方針を厚生労働省の打ち出しています。(*)

(*「 「妊娠期の至適体重増加チャート」について 」厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3a4.pdf)

妊娠中期・後期の体重目安

厚生労働省は、妊娠中期〜後期のママの1週間当たりの体重増加量が「300g~500g」であることが望ましいとしています。ただし、この目安は、妊娠前のBMIが25.0未満(低体重〜普通体型)であったママに対してのものです。 妊娠前のBMIが25.0以上(肥満)だった場合は、それぞれのママに対して、医師によって「望ましい体重増加量」が検討されます。

(参考:「妊娠期の至適体重増加チャート」について」厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3a4.pdf)

妊娠中の体重増加を管理する

529416136

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

軽めの運動をする

妊娠中の体重管理に有効なのは「適度な運動」です。無理のない強度で、ほぼ毎日継続的に行える運動が良いでしょう。おすすめなのは「有酸素運動」です。有酸素運動とは、呼吸を意識してゆったりと行える運動を指します。具体的には、ウォーキング(散歩)、水中ウォーキング、マタニティーヨガ、などが最適と言えるでしょう。さらに、準備運動にストレッチを取り入れることで、血行促進と、首・肩などのコリ予防・改善にメリットが期待できます。なお、切迫流産のリスクがあるなど、妊婦さんの中には運動を控えるように指導されるケースもあります。ご自分で、運動を始めてしまう前に、かかりつけ医に相談するようにしましょう。

食生活を改善する

妊娠前の成人女性の1日の推定エネルギー必要量は2,000kcal前後であることが多いようです。しかし妊娠したら、妊娠の各段階に合わせて、エネルギー摂取量を増やしていく必要があります。具体的には、妊娠初期で「非妊娠時+50kcal」、妊娠中期で「非妊娠時+250kcal」、妊娠後期で「非妊娠時+450kcal」が目安となります。(*)

カロリーの摂りすぎを防止するためには、メインを「和食」にすると良いでしょう。さらに、寒天、海藻、こんにゃく、キノコといったローカロリーの食材を積極的に使うことで、満腹感と太り過ぎ防止両立することが期待できます。ただし、自己判断でこのような食事法をスタートしてしまわず、かかりつけ医に了承とってから実施するようにしてください。

(*厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」 http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf)

ストレスを溜めない

妊娠中のストレスは、体にとっても健康面でもあまりよくないですよね。特に、慢性的・過度のストレスは危険です。適度な運動で爽やかな汗をかく、マッサージに行く、温かなお風呂につかる、充分な睡眠を取る…など、自分なりにうまくコントロールできるといいですね。ぜひ実践してみてください。

まとめ

ママが元気で、健康的な赤ちゃんに出会うために。妊娠中の体重管理を適切におこなっていきましょう。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年7月15日


0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録