ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

どっちの収納が便利?使う人それぞれの使いやすさや感じ方の違い

目次

おうちの施設や場所、使う人によって収納方法を変えていくことで、ストレスのないものの使い方をすることが出来ます。

どの方法がいいか?どの方法が好みか?を考えてみませんか。

 

化粧品


鏡裏収納の棚にポンポンと置いただけの収納。見てすぐ、欲しいものが見つかるので、取り出しやすく戻しやすい収納です。


持ち出すことが出来る収納ボックスを使って、ミニマムな量のお化粧品を収納しています。鏡裏に収納していますが、鏡を見てお化粧をするので、一括して取り出してお化粧を終えたら、そのまま鏡裏収納へ戻す。そんなスムーズに動くことが出来ます。

 

歯ブラシ


我が家は、歯ブラシ用のスタンドを鏡裏収納の扉に貼り付けて使っています。収納場所は限られているので隙間を利用しての収納です。お客様がいらしても、生活感を隠すことが出来て便利に感じています。


コップでの収納は使いたい時にさっと取ることが出来て、使い終わったらポンと入れるだけの簡単収納です。使ったり、戻したりは楽にできますが、お掃除の際は、持ち上げてのお掃除が必要になります。見た目重視か、実用性重視か、の選択です。

 

衣類


ショップのように棚に数枚ずつ重ねて衣類を並べて置けば、さっと選ぶことが出来ます。たくさん重ねないことで、取り出しもしやすくなるので、重ねる量に気を付ける必要はあります。


収納用品に入れて衣類をしまっておくと、一度引き出してからほしい衣類を取り出すことになります。しかし、引き出したボックス内を同じカテゴリーのモノにまとめて置けば、一緒に入っているものの中から欲しいものを簡単に選ぶことが出来ます。見た目もすっきりして、インテリアの邪魔もしません。

収納には、正解はありません。

取り出しが面倒な収納でも、素敵に見える方がいいと感じる人もいます。
見た目よりも、使い勝手がいい方がいいと感じる人もいます。
その人それぞれの「○○やすさ」があります。

どれが自分にピッタリ合っているか?を選んで収納に取り入れて見て下さい。好みの収納はテンションも上がり、毎日が楽しくなるはずです。

 

MAKOさんのインテリアをもっと見たい方はこちら

 


関連記事


/

この記事の著者

BIGLOBE Beauty

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録