ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

上籾棚田の魅力を満喫!復元した棚田のあぜ道でヨガ体験

岡山県で、復元した棚田のあぜ道を活用したヨガイベント「TANADA YOGA in 岡山県上籾棚田」が6月9日(日)に開催される。

このイベントは、「日本の棚田百選」にも選ばれた岡山県久米南町の上籾(かみもみ)棚田の再生に向けて行われるもの。

久米南町は、岡山県内1位の高齢化率44.3%を記録し、高齢化や人口減少が大きな課題。また近年は上籾地区の棚田で耕作放棄地が目立つなど、地域の共有資産である里山の維持が困難になりつつあるという。

そこで今回、悠久の歴史が育ててきた上籾棚田の魅力の発信と地域の交流人口の拡大を目指して、ヨガイベントの開催が決定した。

イベントでは、整備した上籾棚田のあぜ道を活用。美しい棚田の風景をバックに里山の自然を感じながら瞑想・ヨガプログラムが体験できる。講師はYOGART代表のオリヴィエ・チャールズ氏。

昼食終了後の第2部は、兵庫県淡路島を拠点に活動する太鼓集団「鼓淡」の演奏をはじめ、太鼓体験会、米粒アート作家・岡部玲可氏による「米粒アート体験」や、復元棚田米のポン菓子などを販売する「上籾マルシェ」が楽しめる。

また復元棚田米や甘酒のほか、道の駅くめなんの商品や食事券が当たる「大抽選会」も実施!

開催時間は9:00~15:00で、雨天中止。参加費は2000円(税込)で、定員200名となっているので、気になる人は早めのチェックがおススメだ。


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録