アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

面長40代女性の【オバ顔】が加速する…絶対NGなメイクの3原則

目次

面長フェイスは、ややもすると「疲れ顔」や「老け顔」に見えやすいのも現実。

かくいう私も“面長”で、ストレスフルだったり忙しい日が続いたりすると、顔から痩せて“やつれ顔”になってしまいます。

「面長は、痩せて見えるから羨ましい!」なんて言われることもあるけれど、当人は「いやいや、もっと健康的に見せたいし、老けて見える感じもするし……」なんて思っているのも、意外と“あるある”ではないでしょうか。

時短美容家である私、並木まきが、面長な40代女性の「オバ顔」を加速させる絶対NGなメイクの3原則をお話します。

 

痩せて見えるどころか「オバ顔」注意報…面長女性の絶対NGメイク1:極端なカラーレス

 

透明感のある浄化されたようなメイクに憧れると、ついカラーレス路線に走りたくなるのも、女心。

しかし面長40代がカラーレスを極めてしまうと、不健康な様相が加速し、なんとも言えない「疲れ顔」や「病的な顔」に見えやすいのも、悲しいけれど真実です。

アイシャドウ、チーク、口紅など、本来“色”が入っていることの多いパーツに色を加えないメイクは、モードな雰囲気にはなるけれど、健康的とは言いがたい表情にもなりがち。

40代という年代もあいまって、不健康な雰囲気が際立ちやすく、デンジャラスなのです。

 

 

痩せて見えるどころか「オバ顔」注意報…面長女性の絶対NGメイク2:頬のシェーディング

 

シェーディングのテクニックは、小顔見せや骨格矯正メイクでも役立つけれど、面長フェイスに適当にシェーディングをしてしまうと、やつれた雰囲気を加速させてしまい、不本意な「オバ見え」を招きやすい傾向も。

特に、輪郭近くの頬より外側にダークなシェーディングを入れてしまうと、影のせいで頬がこけて見えやすく、デンジャラス指数も高めです。

また、シェーディングをしているつもりはなくとも、オレンジ系やブラウン系のチークをこの位置に入れるのも、同様にリスキー。

面長40代が“こけた頬”を避けるには、頬付近のシェーディングが潔く諦め、ふわっとしたチークを頬の高い位置、正面寄りに加えるほうが安全です。

 

 

痩せて見えるどころか「オバ顔」注意報…面長女性の絶対NGメイク3:重心が下にあるメイク

 

健康的かつオバ見えしないメイクに仕上げるには、全体のバランスも重要。

面長40代が老け見えしやすいバランスのひとつには、“重心が下寄り”のメイクも挙げられます。

具体的には、細眉、インパクトのない目もとに対し、口もとだけボリュームがあるような、顔の下部に視線がいきがちなメイクがデンジャラス。

こういったバランスのメイクは、ただでさえ“縦長”な印象が強い面長フェイスを、さらに長く見せてしまううえに、下に重心があるので、全体的に「下がっている」印象になりやすいのです。

また、口もとにだけ極端にインパクトがあると、頬がたるんでいるイメージも連想しやすく、いろんな意味で避けるべきメイクと言えます。

 

面長顔は、太っている印象を与えにくいメリットもあるものの、加齢に伴い、“やつれ顔”や“疲れ顔”に見られやすいデメリットも。

本当は疲れてなんていないのに、メイクのせいで「なんだか老けてる」を招くのは残念。

面長40代女性のみなさま、こんなメイクにはくれぐれもご用心を!


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録