アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

2歳からの読み聞かせ絵本、おすすめ10選

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

2歳児の赤ちゃんの特徴をふまえて、喜ばれる絵本や人気の絵本を紹介していきます。

2歳児の発育特徴や興味絵本の進め方

114317014

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

より手先が器用になり、スプーンやコップも使いこなせて、クレヨンでお絵かきなども出来るようになります。運動面では歩いたり、走ったり、階段の上り下りなども出来るようになるので、行動範囲が広くなっていきます。好奇心が芽生えてわからない事などを質問したり、自立性も強まる時期です。文字にも興味をもち始め、色々なことを自分で出来るようになり同年代のお友達と遊びたくなります。言葉もたくさん覚えて大人との会話も出来るようになります。

この頃のおすすめの絵本は本人の興味のあることや好むもの、現実に実在している題材の絵本を選んであげると良いでしょう。例えば乗り物の絵本を選んで、お散歩している時に見かけたら、それだけで絵本に出てきた乗り物を思いだします。動物園へ行ったら、絵本に出てた動物がいることを思い出します。この「思い出す」の繰り返しの訓練が子供の創造力を育みます。ストーリーがなくても大丈夫! 子どもの好きな絵本を読んであげてください。

2歳児おすすめの絵本①「しろくまちゃんのほっとけーき」

作:わかやま けん 出版社: こぐま社 発行日: 1972年10月

「わかやま けんさんその他の絵本」 さっちゃんとクッキー/たっちゃん むしばだね/たっちゃんのながぐつ/さっちゃんとあかちゃん/てんじつき さわるえほん こぐまちゃんとどうぶつえん/てんじつき さわるえほん しろくまちゃんのほっとけーき

「しろくまちゃんのほっとけーき」のおはなしとみどころ

登場人物のしろくまちゃんが、ほっとけーきをつくります。道具や、材料なども準備することから始まり、途中でたまごを落っことしてしまうハプニングも。ホットケーキが出来るまでの一部始終を絵本を通して紹介してくれます。

見どころなのは、ほっとけーきが完成するまでの様子。焼き上がりの音が擬音語で細かく表現されていて、創造力が膨らみます。この絵本を読んだ後には、ほっとけーきを作ってしまいたくなります。

2歳児おすすめの絵本②「おおきなかぶ」

作: A・トルストイ 絵: 佐藤 忠良 訳: 内田 莉莎子 出版社: 福音館書店 発行日: 1966年06月

「A・トルストイさんその他の絵本」 おおきなおおきなおおきなかぶ/ちいさなお城

「おおきなかぶ」のおはなしとみどころ

おじいさんが、大きなかぶを植えて育てていると、とっても大きなかぶにできあがりました。さて、その大きなかぶをおじいさんは「うんとこしょどっこいしょ」と言って、ぬこうとしますが、ぬけません、おばあさんを呼んで、大きなかぶをぬこうとしますが、やはり大きなかぶはぬけません。まご娘、いぬ、ねこ、ねずみまで巻き込んで、大きなかぶをぬこうとしますが・・・?

繰り返しのストーリーですが、みんなで力を合わせて「うんとこしょ!」「どっこいしょ!」と抜く姿に、ほのぼのさせられてしまいますね。

2歳児おすすめの絵本③「ぐりとぐら」

作: 中川 李枝子 絵: 大村 百合子 出版社: 福音館書店 発行日: 1967年01月

「中川 李枝子さんその他の絵本」 ママ、もっと自信をもって/みかん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 9>/いちくん にいくん さんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 1>/うさぎのにんじん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 5>/子どもはみんな問題児。/てんじつきさわるえほん ぐりとぐら

「ぐりとぐら」のおはなしとみどころ

1963年に発表されて以来、日本以外にも世界各国で愛され続けるふたごの野ネズミのお話。かわいいイラストに癒されるでしょう。

野ネズミのぐりとぐらは、おりょうりすることと、たべることが大好き。森へでかけたぐりとぐらは、大きなたまごをみつけたことから、おおきなカステラを焼くことを思いつきます。材料と道具を持ってきて、おおきなかすてらを焼く準備を始めます。カステラを焼いていると、甘いにおいにつられた森の動物たちが次々と集まってきてしまって…?

みんなでおおきいカステラをいただくページはとても印象に残り、ぐりとぐらのやさしい気持ちが表れてる、ほっこりした絵本です。

2歳児おすすめの絵本④「ねないこ だれだ」

作・絵:せな けいこ 出版社: 福音館書店 発行日: 1969年11月

「せな けいこさんその他の絵本」 は・は・は/ねないこはわたし/てるてるぼうずとふりふりぼうず/おつきみおばけ/およげないさかな/せなけいこ音のでるどうようえ・ほ・ん

「ねないこ だれだ」のおはなしとみどころ

インパクト大のオバケの表紙が目印です。夜九時を過ぎると、寝ない子は誰かと探ってきます。ふくろうにみみずく?ねずみ?どろぼう…?

この絵本は、寝つきの悪い子にも夜は寝るものだと教えてくれます。生活習慣を整えられそうですね。

2歳児おすすめの絵本⑤「おたすけこびと」

文: なかがわ ちひろ 絵: コヨセ・ジュンジ 出版社: 徳間書店 発行日: 2007年02月

「なかがわ ちひろさんその他の絵本」 きょうりゅうたちがけんかした/がっこうだって どきどきしてる/きょうりゅうたちのいただきます/にぎやかな えのぐばこ カンディンスキーのうたう色たち/ぶきみなよるのけものたち/ソーニャのめんどり

「おたすけこびと」のおはなしとみどころ

おかあさんとおとうさん、男の子がおでかけしているあいだに、キッチンにこびとがやってきます。 小人とはたらく車が大集合して、何やら男の子の為につくっているようです。ショベルカー、クレーン車、ブルドーザーにミキサー、それぞれ役割があって・・・?

車が大好きな男の子にぴったりの作品! 思いがけないものが出来上がり、最後まで楽しめます。

2歳児おすすめの絵本⑥「きんぎょがにげた」

作: 五味 太郎 出版社: 福音館書店 発行日: 1982年08月

「五味 太郎さんその他の絵本」 そらとぶガムガム/なんでもできる!?/いそいでおでかけ/げんきにおでかけ/ゆっくりおでかけ/勉強しなければだいじょうぶ

「きんぎょがにげた」のおはなしやみどころ

きんぎょが逃げたところから、お話はスタート。どこににげたのかな?ページを見ながら、きょろきょろと探し、見つけたと思ったらまた逃げて、と繰り返し楽しめる本になっています。

全体的に色使いがポップ、きんぎょのイラストもかわいく、ステキな世界観に仕上がっています。親子で盛り上がることができそう。

2歳児おすすめの絵本⑦「だるまさんが」

作:かがくい ひろし 出版社: ブロンズ新社 発行日: 2008年01月

「かがくい ひろしあかちゃん向けの本」 うめじいのたんじょうび/かがくいひろしの大型絵本3 だるまさんと/かがくいひろしの大型絵本2 だるまさんの/かがくいひろしの大型絵本1 だるまさんが/まくらのせんにん そこのあなたの巻/おふとんかけたら

「だるまさんが」のおはなしとみどころ

ころころしてる、だるまさんが主人公。ページをめくるたびに、だるまさんが、「ぷしゅー」と しぼんだり、「びろーん」と伸びたりと、愉快なだるまさんが、爽快に笑いを届けてくれます。

だるまさんが・・・・の後に、ころんだ!!ではなく、予想外の連続で、ユーモアたっぷりの一冊になっています。

2歳児 おすすめの絵本⑧「ノンタンあそびましよ」

作・絵: キヨノ サチコ 出版社: 偕成社 発行日: 1988年03月

「ノンタンあそびましよ」のおはなしとみどころ

人気の「ノンタン」シリーズのあそびをテーマにした絵本です。のりものが大好きだったり、ボール遊びをしたり、ぐるぐるとお絵かきをしたりと、2歳頃の年齢に合った内容になっています。

ノンタンが楽しそうに遊んでいる様子に、子どもも一緒になってドキドキ・ワクワクできる絵本です。擬音も含まれているので、子どもと一緒に声に出して読みたい一冊です。

2歳児おすすめの絵本⑨「よるくま」

作・絵:酒井 駒子 出版社: 偕成社 発行日: 1999年11月

「酒井 駒子さんその他の絵本」 犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと/マルの背中/子どもの自分に会う魔法 大人になってから読む児童文学/なきむしこぞう/ヨクネルとひな/まばたき

「よるくま」のおはなしとみどころ

男の子が「きのうのよるね、かわいいこがきたんだよ」といってお話は始まります。かわいい子は「よるくま」といってくまの子です。よるくまは、自分のお母さんを探して男の子のところまで訪ねてきたのです。男の子は一緒によるくまのお母さんを探してあげることにし、夜の街をさまよいますが…?

男の子がよるくまの不安な気持ちに寄り添い、一緒になってお母さんを探すところに、思わず胸が熱くなります。男の子、お母さん、よるくま、よるくまのおかあさん、みんな優しさにあふれた言葉で感動してしまいます。

2歳児おすすめの絵本⑩「ねずみくんのプレゼント」

作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子 出版社: ポプラ社 発行日: 2004年07月

「ねずみくんのプレゼント」のおはなしとみどころ

おおきなふうせんをもっているねずみくん。ねずみちゃんに、おおきなふうせんを使って、思いをよせます。ところがだんだん、ふうせんがしぼんでしまって…?

イラストのかわいらしさに、男女問わず楽しめる世界観になっています。ねずみくんのピュアでロマンチストなストーリに、キュンとしてしまうこと間違いなしです。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年7月30日


0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録