ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

100均手ぬぐいが可愛い! 活用&リメイク術を知って使いこなそう

目次

新柄が続々と登場している100均の手ぬぐい。そのデザインのおしゃれさや可愛さに、じわじわ注目が集まっています。今回は、実はとっても便利で機能的な、手ぬぐいの特徴や使い方、リメイク術についてご紹介します。

こんにちは♪キャラ弁・フラワーケーキ講師のよんぴよままです。

最近よくチェックをしている100均商品、それは「手ぬぐい」です。店舗によって力を入れているお店もあれば、探さないと見つけられないところもありますが、次々と新しい柄が登場するので、気になっているもののひとつ。手ぬぐいの柄がバリエーション豊かでおしゃれで可愛いんです!

100均のお店に行くたびに気になっていたのですが、なかなか手を出せずにいました。それは、どんな活用法があるかあまりイメージできなかったから。しかし試しに使ってみると、思っていた以上に活用・リメイク術がたくさんあって、もっと早く使ってみればよかったと思ったくらいです。

そんな私のように、手ぬぐいってどんな使い方ができるの?リメイクはできる?と思っている方に、今回はかわいくてお手頃価格な100均の手ぬぐいをもっと使いこなせる、手ぬぐいの活用&リメイク術をご紹介します。

100均手ぬぐい

Img 1560

我が家の近くにある100円ショップは、セリアとダイソー。そこで今回は、その2つの100円ショップで入手した手ぬぐいを使ってご紹介していきます。

セリアでもダイソーでも、店舗によって陳列場所は違いますが、たくさんの種類の手ぬぐいが販売されています。魅力的なものがたくさんあるので選ぶのが大変!「100円」と思うとつい、大人買いしたくなってしまうんですよね。

手ぬぐいの特徴

Img 1602

手ぬぐいは綿(木綿)の平織りの布で、顔や手を拭くためのもの。昔は綿は高価な物だったので、庶民に普及したのは江戸時代のようです。今では、綿はとても身近な天然の植物繊維ですよね。

100均の手ぬぐいも材質は綿100%。粗目の織り方なので通気性が良いのが特徴。吸水性や乾きが良い反面、生地は頑丈とは言えません。目が粗いため、よれたり引っかけると穴が開きやすいという特徴もあります。使い始めはのりが効いているのでハリがある分、吸水性は落ちますが、使うたび、洗うたびに柔らかく手に馴染んできます。この感触の良さが手ぬぐいの魅力でもあります。

柄のバリエーションがすごい!

61247752 2395520420684628 8273658465952464896 n

100均の手ぬぐいはバリエーション豊か。いろいろなジャンルの柄があります。

■生き物柄:動物、カエル、海の生き物、鳥など。このはりねずみ柄はダイソー商品。

■花柄:定番中の柄ですが、人気の北欧柄から小花まで。写真の北欧柄の花プリントはセリア、紫の小花はダイソー商品です。

■幾何学模様柄:テキスタイルデザインとして人気の高い幾何学模様。いろいろなパターンのものがあります。写真のものはセリア商品です。

■キッチンツール柄:カフェ風なデザインのものも人気です。

■食べ物柄:レモンやスイカなどのフルーツや、スイーツなども多数あります。

■夏モチーフ柄:夏をイメージする花火や海をモチーフにした柄も多く揃っています。

■古典柄:日本らしい和を感じさせる古典柄もステキ。

数え上げたらきりがないほどの多種多様なデザインのプリントがあり、自分好みのものを探し出すのも楽しみのひとつです。

セリアとダイソーの手ぬぐいの違い

Img 1575

生地自体は似たような感触ですが、セリアとダイソーの手ぬぐいはサイズが違います。

【セリアの手ぬぐい】 ・サイズ約33cm×90cm

【ダイソーの手ぬぐい】 ・サイズ約35cm×87cm

こうしてみると微々たる差のようですが、重ねてみるとやはり違います。もしかすると、販売時期や商品によってサイズが異なるかもしれません。もしリメイクするのに活用する場合は、サイズを確認して購入してくださいね。

手ぬぐい活用&リメイク術

Img 1576

それでは実際に、どんな使い方ができるのかご紹介していきましょう♪手ぬぐいそのままを活用する方法と、リメイクして活用する方法とがありますが、どちらもそれぞれの魅力があります。100均商品ならばお試し感覚で入手できるので、いろいろと試してみてください。

手ぬぐいをそのまま使う

Img 1646

■布巾、タオル

手ぬぐい本来の使い方。お手拭きや布巾として、タオルの代わりにも。乾くのが早いので、衛生的に使えるのもポイントです。

Img 1605

■水切り

コップやお茶碗の水切り時に手ぬぐいを敷いておけば、給水してくれます。ちょっとだけ洗った食器の水切りにさっと敷いてさっと置けるので便利。

Img 1672

■目隠し・ほこり除け

細々なものを入れているせいで、雑多な雰囲気になってしまっている場所ってありますよね。そんなときは、かわいい柄の布巾を被せるのがおすすめ。ほこりが付くのも防いでくれます。

Img 1625

■お弁当包み

お弁当箱を包むのにもぴったり。お弁当箱以外にも、手ぬぐいは包むアイテムとして活用できます。ラッピング資材として彩りを添えてくれます。

Img 1628

お弁当箱を包んだときは、そのまま敷物としても使えるので一石二鳥。

Img 1643

■タペストリー

カフェ風デザインなら、そのままタペストリーとして飾るだけでもおしゃれ。幾何学模様や季節モチーフのデザインも、掛け軸風にしたり、額に入れたり、ボードに貼ったりするとインテリアとして活用できます。

Img 1586

■ティッシュBoxカバー

こちらはダイソー商品に載っていた方法です。手ぬぐいをカットしたり塗ったりする必要がなく、ほどけば戻るので取り換えも簡単にできます。

60987908 2395533047350032 4351678417838538752 n

①手ぬぐいを2つに折り、真ん中にティッシュボックスを置く。 ②ボックスに添って左右を折り曲げる。 ③ボックスに添って手前を折り上げる。 ④両端を結んででき上がり♪

Img 1662

■カーテン

カーテンクリップと突っ張り棒があれば、カーテンやのれんにもなります。

Img 1661

カフェカーテンやカラーボックスの目隠しカーテンにも。

手ぬぐいに手を加える

Img 1669

今度は手ぬぐいをそのままではなく、加工して活用するリメイク術をご紹介します。手ぬぐいは端が縫ってあるので、そのまま使うと端の処理が不要になり、手間も省けます。また100均には、「ハギレ」も販売していますが、手ぬぐいの方が個性豊かでバリエーション豊富です。

Img 1659

■子ども服

100均手ぬぐいを使った子ども服を作る人も増えてます。こちらは1番簡単なゴムウエストのスカート。2~3歳頃のサイズですが、ひもを付けてチュニックにしたりとアレンジ可能。もう少し頑張ってかぼちゃパンツや甚平を作る人もいます。

60671045 2395536930682977 1567839908318412800 n

①中表にして端を合わせて縫う。 ②片端をゴムが入る幅に折り、ミシンで縫う(ゴム入り口を空けておく)。 ③ゴムを入れて完成。

サイズが合わないときや裾をきれいに仕上げたい場合は裾側も折って縫ってください。

Img 1600

■あずま袋

こちらもダイソー商品の説明書きのところに載っていた方法です。切らずにそのまま2か所直線縫いをするだけで完成します。風呂敷包みのような雰囲気なので、デザインによってはレトロモダンな袋になります。

60893492 2395538950682775 2819211787155537920 n

①手ぬぐいの柄面を上にして、1/3の位置で右側を内側に折り、上を重ねて縫う。 ②同様に、今度は左側を1/3の位置で内側に折り、下を重ねて縫う。 ③ひっくり返し、持ち手部分を結んで完成。

※①と②はそれぞれ2枚重ねで縫います。②の時には少し縫いづらいですが、右側1/3の部分をめくって縫うようにしてください。

Img 1656

■がまぐちポーチ

我が家の娘はがまぐちが大好き。既製品だけでなく自分でも作ったりします。しかも、はりねずみ好きなので、この柄を見たらがまぐちポーチにしたくなりました。作り慣れている人はサイズやデザインを工夫して、さまざまながまぐちポーチにできると思いますが、今回は初めてでも試しやすいセリアのがま口金を使って、型紙や作り方も付属されている作り方に添って作ってみました。ポーチの高さだけは型紙よりも少し短くしています。

60554378 2395542070682463 8691587547249246208 n

①型紙を使って生地を裁断する(表地2枚、裏地2枚、ともに同じ型紙)。 ②作り方にそって縫い合わせる。 ③口金に生地を詰め、仕上げる。

かなり簡単に説明しましたが、口金に作り方はイラスト付きで載っています。が、本当に初めて作るときはそれだけ見てもちょっと難しいかも。私が初めてがまぐちポーチを作った時は、図書館で本を借りてきました。

こちらの手のひらサイズだと、表地のみだと手ぬぐい1/4~1/3枚程度でできちゃいます。裏地は家にあったはぎれを使用しましたが、違う色や模様にすると可愛いです。

Img 1667

■マグネット

ポーチを作った時に出た中途半端なはぎれを使って、マグネットにデコパージュしました。少ない生地で作れるので、捨ててしまおうかな~という小さいはぎれが残った時には試してみて。

60870835 2395544477348889 4701335991783260160 n

①マグネットの大きさの一回り大きくカット。 ②コルクにデコパージュする。 ③マグネットにコルクを貼る。 ④仕上げにデコパージュ液を再度塗って乾かす。

マグネットとコルクはダイソー商品です。どちらもシールになっていて接着できます。デコパージュ液はセリア商品ですが、ダイソーでも取り扱っています。生地を貼るときには一回り大きくカットしているので、貼ってから余分な部分をカットするか、そのまま側面に折り、デコパージュして貼っていくかはお好みで。くるみボタンを作っても可愛いですね♪

Img 1653

■ばねぐちポーチ

北欧花柄の手ぬぐいは、ばねぐちポーチにしてみました。ばねぐちは使いやすいのでいくつも作って持っていますが、ちょっとしたはぎれで作れるのでおすすめです。こちらも裏地は家にあったはぎれを使用して、表地のみ手ぬぐいを使っています。手ぬぐい1/3枚程使用しました。ばねぐちの口金は12cmのものを使用していますが、セリアで2本入りで販売しています。

がまぐちポーチの作り方は下記のブログを参考にしています。使いやすく、かわいいシルエットでおすすめです。私はこのレシピでプレゼントしたものも含めると、もう10個以上作ってます(笑)。写真付きで細かい部分まで載っているので、初めて作られる方にもわかりやすいですよ♪

60510738 2395547340681936 8002432642714697728 n

がまぐちポーチに使う分をカットした後に、中途半端に残った細長いはぎれ。他のはぎれと合わせてコースターにしたらちょうど2枚分になりました。コースターは同じ大きさにカットした別布と中表に重ねて左右端を合わせて縫い、筒状に。それをずらして生地が2種類両面に出るようにして折り、片辺を塗ってから表に返し、まだ縫っていない辺を中に折り返して、端を1周押さえミシンしています。

まとめ

100均の手ぬぐいは次々と新しい柄が登場し、バリエーション豊かでおしゃれなものや可愛いものがたくさんあります。通気性が良く乾きも良いので、衛生的。使うごとに柔らかな感触で手に馴染みます。手ぬぐいとして使うだけでなく、いろいろな活用方法があり、リメイク素材としても優秀です。今回ご紹介した活用・リメイク術だけでなく、さまざまな方法で活用されているので、お気に入りの柄を見つけて、活用してみてくださいね。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録