ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

かさばるキャベツは冷凍しちゃおう! キャベツを美味しく冷凍する方法とは?

目次

かさばるキャベツは冷凍しちゃおう! キャベツを美味しく冷凍する方法とは?

冷蔵庫の中に常にキャベツをストックしている、という方は多いのではないでしょうか。キャベツはコスパが良く、野菜炒めやお好み焼きをはじめいろいろな料理に活用できる万能食材。しかし意外にかさばり冷蔵庫で邪魔になってしまったり、使い切る前に痛んでしまうことも。そんなときにはキャベツを冷凍してしまいましょう ! キャベツを冷凍することで得られるメリットや冷凍キャベツでできるおすすめメニューをご紹介します。

キャベツはどのように冷凍すれば良いの?

まずは生のキャベツを冷凍する方法をご紹介します。

キャベツを冷凍する方法は、1cmほどにざっくりカットし生のまま冷凍する方法と、使いやすい大きさにカットし熱湯でさっと茹でて冷凍する方法の2パターンです。

生のまま冷凍するとしんなりした口当たりになり、一度茹でてから冷凍するとキャベツのシャキシャキ食感を残すことができます。

順番にやり方を紹介します。

生のキャベツを冷水にさらして冷凍するパターン

生のキャベツを冷凍するときは、まず使いやすい大きさに切ります。切ったキャベツを1〜2分ほど冷水にさらしてから水気をよく切り冷凍しましょう。

空気に触れて劣化しないように、空気をよく抜いて密封してください。

一度茹でて冷凍するパターン

茹でたキャベツを冷凍するときは、沸騰したお湯に15秒ほど通して水気を切ります。

こちらの方法でも、水分をよく切ること、空気に触れ劣化することを防ぐためしっかり空気を抜いて密封することを忘れないようにしましょう。

キャベツを冷蔵庫に入れておくと、酸化し茶色く劣化してしまうことがありますよね。あらかじめ茹でて冷凍することで、茶色く変化しにくくなります。

上手に冷凍するコツ

冷凍にかかる時間を短くすると、より鮮度を保った状態で保存することができます。アルミトレーなどにのせると速く凍らせることができます。

上記のテクニックを使うことで、キャベツの中身がスカスカになったり、水っぽく不味くなったりということを防げます。

冷凍キャベツはメリットがいっぱい!

キャベツは、冷凍することでコンパクトに保存することができます。

また、あらかじめカットして冷凍するので、使いたいときに切り直すことなく使用でき時短にもなり便利です。冷凍する方が、長期間鮮度をキープできるので大きなキャベツであっても無駄なく最後まで使い切ることができるでしょう!

キャベツを冷凍する方法は忙しい主婦の味方であり、一石二鳥三鳥にもなる最高のアイディアですね♡

冷凍キャベツの使用期限は?

通常冷蔵庫にキャベツを入れ保存しておく場合、外葉から1枚1枚はがしながら使う方法や、包丁を使ってキャベツの芯をくり抜き水分を含ませたキッチンペーパーを詰める方法で長期間保存することが可能です。キャベツを冷蔵できる期間は2週間から1ヶ月ほどとなっています。

一方、先ほど紹介した冷凍キャベツなら、1ヶ月から2ヶ月ほど長期保存することができるのです。生のキャベツを冷凍したときは、茹でたキャベツよりも劣化しやすいので、2週間から1ヶ月ほどを目安に使い切るようにしてくださいね。

冷凍キャベツのおすすめメニュー

コールスローサラダ

材料
・冷凍キャベツ…200g
・人参…30g
・玉ねぎ…大さじ3

ドレッシング
・マヨネーズ…大さじ1
・レモンまたは酢…大さじ1/2
・砂糖…小さじ1/2
・塩胡椒…少々

作り方
1. 冷凍したキャベツを耐熱皿に移し、ふんわりとラップをして500Wで2〜3分加熱しましょう。少し冷たくても大丈夫です。
2. にんじんを千切りにして、玉ねぎもみじん切りにして塩を振り、2〜3分ほど放置します。
3. キャベツは軽く水気を絞り、にんじんと玉ねぎはぎゅっと水気を絞って、ドレッシングと混ぜ合わせたら完成です。

冷凍キャベツでできるコールスローサラダは、10分あれば完成しちゃいます! ハムやコーンを入れると、より子どもたち好みの味になりそうです。
キャベツは5mm幅の千切りがおすすめです。

味噌汁

材料
・冷凍キャベツ…300g
・油揚げ…1/3枚
・だし汁…320ml
・味噌…小さじ2
・万能ネギ…適量

作り方
1. 油揚げは2cmほどの細切りに、だし汁と油揚げを沸騰させ、冷凍キャベツを入れましょう。
2. 再度沸騰したら弱火にして味噌を溶かせば、完成です。
3. お好みでネギを散らしていただきましょう。

まとめ

キャベツは冷凍しておけばもちがよくなりますし、カットしているのですぐに調理が可能になります。キャベツの冷凍保存を是非試してみてくださいね。


/

この記事の著者

ママタス

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録