アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【脱オバ見え】なりたいイメージ×「骨格診断」で垢抜ける!

目次

大人の女性がスタイルアップ、センスアップするためには、骨格バランスを考慮して服を選び、重心バランスを考えて組み合わせる必要があります。でもテイストやイメージまでしばられる必要はなし!各骨格タイプごとに、なりたいイメージになれるコーディネート法をご紹介します。

まずは自分の骨格をチェック→コチラ

ストレートは「地味見え」しないよう注意

 

上半身に重心があるりんご体型の「ストレート」。一般的にカッチリとしたアイテムが似合うとされており、引き算のおしゃれが似合う人です。

 

でも、オトナの女性が「カッチリ」や「引き算」を意識しすぎると、地味でお堅い印象になり、女性らしい華やかさに欠けてしまいます。

 

素材は、体の質感にあった張りのあるしっかりした素材を選ぶ(やわらかな素材ならヘビーシルクなど、肉厚の物を選ぶ)。「重心バランス」はネックラインを下げるウエストはジャストあるいは下げる足元は重めにする。以上2点を守れば、好きな服をあきらめる必要はありません。

 

 

ストレートがシャープに見せたいなら

・大ぶりのロングネックレスで縦ラインを強調

・セオリーどおりの形のバッグは、で遊ぶ

・パンプスをショートブーツに変えてカジュアルダウン

 

ストレートがカジュアルに見せたいなら

腰位置からフレアになっているスカートを選ぶ

ヒップのボリューム感がカバーできる

・重心も上がらないので上半身もすっきり見える

 

ストレートがエレガントに見せたいなら

・ある程度厚みがあり、落ち感のあるトップスで女性らしさを演出

・生地に厚みがあるので、二の腕や肩周りがカバーできる

・ペンダントで重心を下げる

 

ラブリー派のウェーブが「クール」に決めるなら?次ページ

ウェーブは上半身の間延びに注意

 

下半身二重身がある洋なし体型の「ウェーブ」。柔らかな素材やデザインなど「繊細」なアイテムが得意。

 

おしゃれで外せないポイントは、デコルテ部分の薄さからくる間延び感対策。どんなテイストに仕上げる場合も、デコルテには足し算をして重心を上げることたとえばフリルやボウタイ、ギャザーなどは手軽に重心を挙げられる便利アイテムです。「若いころ着たけれど似合わなかった」という人も、今ならきっとステキに見えるのでぜひ試してみて。

 

ボトムスは、タックやギャザーが入ったものがおすすめ。横に張った太ももやヒップのラインを拾わないので、すっきりと着られます。

 

ウェーブがエレガントに見せたいなら

・得意な柔らか素材に「柄」を加える

・トップスだけでなく、ボトムスも柔らか素材を選ぶ

 

ウェーブがクールに見せたいなら

 

ウエストマークで上半身を間延びさせない

・3連ネックレスでデコルテに華やかさをプラス

ボトムをパンツにしてクールな印象に

 

ウェーブがカジュアルに見せたいなら

・柄のカーディガンで薄い肩周りと背中をカバー

・カーディガンの効果で上半身の間延び感もカバー

 

ごつく見えがちなナチュラル。女らしい着こなしをするには?次ページ

ナチュラルは女らしさを盛り盛りと足し算して

上半身にも下半身にも重心を感じさせないバナナ体型のナチュラル。骨や関節が目立つ質感で、年齢が上がるとともにやせてくる人が多いようです。

 

一般的にはデニムなどのゴワゴワした素材や、麻などガサゴソしたものが合いますが、大人世代になるとツイードやレースなど、やわらかな素材もしっくりくるようになります。

 

ただし、透け感はあまり得意ではないので、フラットな素材を選ぶ時はある程度肉厚なものを選びましょう。重心バランスは下げるのがおすすめです。

 

また、意識しないと中性化しやすいので、コーディネートを組み立てる際には女性らしいやわらかさを足すように心がけましょう。

 

ナチュラルがシンプルに見せたいなら

・ボウタイでデコルテに立体感を出す

・ふくらんだ袖口で重心を下へ引っ張る

存在感のあるアクセサリーで女性らしさを足し算

 

ナチュラルがモードに見せたいなら

・スカートにパンツを合わせて、重心を下げる

・足元も重めの靴を選ぶ

 

ナチュラルがカジュアルに見せたいなら

・ロング丈のスカート&羽織もの、重い靴で重心を下へ

・柔らかな素材のインは、着こなしで立体感を出す

デコルテをアクセサリーで埋めて、重心バランスを取る

 

もっと知りたい方はコチラ


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録