アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

40代ミディアムのすっきり簡単まとめ髪 広がる・うねる髪のヘアアレンジ3選

目次

ボリュームが減ってくる年代なのに、この時期は髪が広がり扱いにくさが倍増。朝、きれいにまとめたつもりでも昼頃にはうねうね、ちりちり……ってこと、ありますよね。

梅雨の時期はダウンスタイルをあきらめて、まとめ髪にするのが一番! 朝、手をかける時間がないという人でも(わりと)簡単にできるアレンジを集めてみました。

 

ラフなシニョンなら広がりもうねりも即解決

40代の定番アレンジのひとつ、低めシニョンは梅雨の時期も大活躍。うねりをいかせば、ゆるっとしたルーズな動きも簡単につくれます。

【プロセス】

1.ワックスをもみこみ手ぐしで髪をまとめる

ふんわり感を残したいので、手ぐしでOK。耳上部に髪がかかるようにするとおしゃれに見える。

 

2.トップを引き出しふっくら感を出す

結ぶ前にトップから後頭部の髪を引き出しボリュームを出す。このひと手間でオバ髪から脱出できる。

3.最後は毛先を抜き切らずに結ぶ

ゴムで結び、最後は毛先を抜き切らずに毛束の輪をつくる。

 

4.毛先を巻きつけてピンで留めれば完成

毛先をねじりながらゴムを隠すように巻きつけて、ピンで固定。輪になった部分も毛束を広げて形をつくり、ピンで留めて。

後ろ姿はこんな感じです。

ルーズすぎず、きちんと感もあるのでお仕事の日にもマッチするまとめ髪に。

担当:佐野みづほさん/ZACC raffine

 

帽子の日もおしゃれに決まるひとつ結び

帽子を脱いだときはこんな感じです。長め前髪を多めに残しておろすのがポイント。

紫外線対策で帽子をかぶる日も多くなるこれからの季節。帽子にあわせたアレンジもマスターしておきたいもの。帽子をかぶっても脱いでもサマになるひとつ結びをご紹介します。

【プロセス】

1.前髪をかき上げて、分け目をいつもよりオーバーに

いつもの分け目より1~2㎝ずらして分け目をつける。手ぐしで前髪をかき上げて立ち上げて。できればアイロンでゆるく巻いておくとおしゃれに決まる。

 

2.低い位置でひとつに結ぶ

帽子にぶつからないよう、ひとつにまとめて結ぶ。毛束を少量とり、ゴムに巻きつけると手がこんだように見えるのでおすすめです。

髪を巻くのが面倒という人は前髪だけでも巻いておくと、オバ髪になりません。

 

担当:佐野みづほさん/ZACC raffine

 

短めヘアはくるりんぱハーフアップですっきりと

ひとつに結べない長さはハーフアップでふくらみをおさえて。「くるりんぱ」なら、見た目もおしゃれに決まります。今回はねじりもプラスして、立体感のあるハーフアップにしました。

 

【プロセス】

1.つむじまわりをねじってピンで留める

つむじの割れが気になる部分をまとめてねじり、ピンで留める。ペタンとしがちな後頭部もふっくらと見える。

 

2.ねじった髪の横から毛束をとり後ろで結ぶ

ねじった髪の両脇から毛束をとり、ピンが隠れる位置で結ぶ。ふくらみやすいハチ上の髪をまとめるようにしましょう。

 

3.くるりんぱをして完成

結び目の上から毛束を通して「くるりんぱ」。ところどころ毛束をつまんでラフに仕上げる。簡単に毛束がねじれて見た目もおしゃれに。

 

おろした髪は毛先をアイロンやブローで内巻きにするとよりきれいなシルエットにまとまります。

 

担当:新谷千絢さん/Ramie GINZA

 

どれも面倒!な人はひとつ結びに。でもおしゃれにするには…

あれこれやるのは面倒という人は、ひとつ結びにしますよね。私もそうです。

ただ結ぶだけでは広がりはおさえられるけれど、ひっつめオバサンになりがちです。

これ、私のひとつ結びです。なにもせずひとつで結んだ状態。ストレートパーマをかけたばかりなので、つるんとはしていますが、ひっつめオバサンになっています。

美容師さんからの教えをもとに、

①髪の表面だけアイロンで適当に巻いてみる

②バームを髪の内側からなじませ、ぐしゃぐしゃっともみ込む

③手ぐしでまとめ、結んでから後頭部の髪を引き出す。表面だけでなく内側からも出すこと

これだけを守り、自分なりにひとつ結びをしたのがこちらです。

 

写真が暗くわかりにくいのですが、立体感が出ていい感じになったのではないでしょうか。自画自賛です。

髪表面をアイロンで巻くときは一定方向で大丈夫。私はリバース巻きがやりやすかったので、全部リバースで巻きました。なるべく根元から巻くのがコツです。

全体の毛先を内巻きにしておくと、結んだ毛束もきれいに見えます。

 

バームをもみ込むときは頭を下げて、髪の根元が立ち上がるようにしてみました。内側にバームがしっかりとつき、ほどよいボリュームも出るのでおすすめです。

髪はぐしゃぐしゃっとまとめるくらいがちょうどいい気がします。

ただ結ぶよりは5~7分かかりますが、ダウンスタイルできれいにブローをしようとすれば同じくらい時間はかかるのではないでしょうか。

日中の広がりを気にするのであれば、まとめるのが賢い選択。アイロンの手間も気にならなくなるはずです。

梅雨を乗り切るためのアレンジ、ぜひお試しください。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録