アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師取材】胎児にも起こりうる? 胸水が起こる原因とその治療法

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

「胸水」と聞くと、一見聞きなれない言葉で「何のことだろう?」とピンと来る人はあまりいないかと思います。実はこの「胸水」という症状は大人だけではなく胎児も起こり得る可能性があるもの。胸水とは一体どういう状態のことなのでしょうか。

この記事の監修ドクター

吉武姿子先生 女医+(じょいぷらす)所属。呼吸器内科医として大学病院に勤務した後、高齢者医療や在宅訪問診療の分野へ。コーチングスキルを通じて、患者さんやご家族とのコミュニケーションを大切にした医療を心がけています。プライベートでは二児の母。「生き生き働き、しっかり育児」を目指し、働き方改革に関心が高いです。

胸水とは?どのような症状が起こる?

645455526

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

胸水とは何か?

肺の表面は胸膜(きょうまく)という薄い膜で覆われており、肋骨・横隔膜などを含む肺より外側の部分全体の胸壁側を覆う壁側胸膜(へきそくきょうまく)と肺側を覆う臓側胸膜(ぞうそくきょうまく)の2枚構造になっています。この2枚の膜に囲まれた胸腔(きょうくう)には、生理的にも10mlほどの胸水が存在し、呼吸運動に際してこの胸水が潤滑油の働きをしています。通常、胸水は壁側胸膜で産生されてから臓側胸膜で吸収され、通常は産生と吸収のバランスが保たれています。しかし何らかの原因でこのバランスが崩れると、胸腔内に胸水貯留を起こしてしまうのです。

胸水貯留により起こる症状は?

胸水が貯留した場合、その症状は胸水貯蓄の原因となった疾患により異なりますが、一般的には、呼吸困難や胸痛、咳などが多いです。他にも、急性炎症による病態が原因となる胸水の場合には、発熱や胸痛などの症状を起こす場合もあります。また、貯留した胸水の量によっても症状は変わり、少量の胸水であれば、無症状で気づくこともなく、健診などの胸部レントゲン写真で偶然発見されることも少なくありません。しかし、貯留量が多くなると呼吸困難を訴えるようになります。

胸水の原因は何か?

この胸水貯蓄は何が原因で起こってしまうのでしょうか? それにはいくつかの原因があるようです。悪化する症状とともに解説します。

641638010

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

滲出性(しんしゅつせい)胸水の原因

滲出性胸水は、胸膜に異常がある時に起こりえます。代表的な原因は悪性腫瘍や炎症など。肺内に発生した炎症や悪性腫瘍が胸膜へ波及することにより、毛細血管から血しょう成分が漏れやすくなったり、胸膜リンパ管系の通過障害が起こることが原因です。肺炎随伴性胸膜炎、結核性胸膜炎、膿胸、膠原病に伴う胸膜炎、がん性胸膜炎が代表として挙げられます。

非炎症性の漏出性(ろうしゅつせい)胸水の原因

漏出性胸水は、血管内圧が上昇するか、血液の浸透圧が下がるか、いずれかにより起こる胸水です。血管内圧が上がる方は、心臓のポンプ機能の低下により毛細血管内圧が上昇し、血管外に血しょう成分が漏れ出すことが原因。一方、血液の浸透圧が下がる方は、低タンパク血症が原因となります。肝臓病の一つである肝硬変(かんこうへん)によるタンパク合成能の低下や、ネフローゼ症候群(腎機能の障害の一種)により過剰なタンパクが尿中に漏れ出すことなどが原因の代表疾患として挙げられます。

胎児胸水の原因

以上2つは大人にも当てはまる症状でしたが、次は胎児に起こり得る症状について解説します。胎児胸水とはその名の通り、胎児に生じる胸水のことで、原発性と続発性に分けられます。原発性胎児胸水は、胸水以外に異常が見つからない場合を言います。胸水の成分が主にリンパ液なので「先天性乳び胸」とも呼ばれ、胎児期に胸腔内(肺の外側)にリンパ液が漏れだしてしまう病気です。これは、先天的なリンパ管低形成が原因と考えられています。一方で、続発性胎児胸水は、他の病気が原因となって起こる胎児胸水です。心臓の奇形、不整脈、胎児と母親の血液型不適合、パルボウイルスB19やサイトメガロウイルスなどの感染症、染色体異常などが原因となります。

胸水の診断と治療

胸水はどうやって症状を判断すればいいか、気になりますよね。胸痛や咳などがひどくなったら疑いをもてばいいのでしょうか?

544666036

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

レントゲンやMRIによる診断方法

実は、一般的な胸部の症状だけで胸水と確定することは困難なんです。参考としてですが、呼吸困難が症状としてあれば貯留量が多いことが推測されますし、発熱や胸痛があれば炎症が考えられますが、まずは一般的な胸部の症状から疑いを持ち、画像検査で胸水の存在を確認します。画像検査として簡易的に行えるのは胸部レントゲン写真、少量の胸水でも検出可能なのは胸部エコー、胸水の局在やその他の病変の検出もできるのが胸部CTです。 さらに、原因の診断は、胸腔を針で刺して、胸水を採取して細菌検査や癌細胞の有無を調べたり、それでも特定できなければ胸腔鏡検査が検討されます。また、胎児胸水の場合は、妊婦健診のエコー検査で検出し、診断と治療を兼ねて胎児の胸腔穿刺をします。

胸水の治療方法

治療の基本は、胸水の原因となった病気の治療なので、それにかかる期間は原因によって異なるため、一概には言えません。呼吸困難や胸痛などの症状が強い場合では、直ちに胸腔穿刺や、胸腔内に管を留置して持続的に胸水を体外に排出する胸腔ドレナージという治療を行います。悪性腫瘍に伴う胸水など、胸腔ドレナージを行っても繰り返し胸水が貯留する場合は、胸腔内に薬剤を注入して2枚の胸膜を癒着させ、胸水が溜まるスペースを閉じる胸膜癒着術を行うこともあります。胎児胸水では、胸腔穿刺をしても胸水が再貯留する場合、胎児胸腔と羊水腔を繋ぐようにチューブを留めておく胸腔・羊水腔シャント術の適応となります。

まとめ

聞きなれない言葉からか、「胸水」と聞くと不安になってしまうかもしれませんが、適切なタイミングで正確な治療を行えば、症状の改善は期待できます。まずは気になる症状が出たら、病院を訪れて医師に相談するようにしましょう。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年8月4日


9

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録